ダイエッターも必見!水の【飲み方・選び方】

水分補給やダイエットなどに
水を使っていますが
正しい飲み方や選び方してますか?

view273

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 水の需要

  • 夏はたくさん汗をかいたり、喉の乾きに敏感になったりすることもあって、水分補給への意識は自然と高まります。そんな暑い夏に比べて、寒い冬はどうしても水分を摂る機会は減ってしまいがち。さらに、冬は空気が乾燥することもあって、体内の水分は思っている以上に失われてしまいます
    出典 :覚えておきたい「水の飲み方・選び方」|ヘルスケア情報|eo健康
  •  

    水分が不足すると、疲れやすくなったり、便秘になったりするなど、体への悪影響が出てきます。今回は、冬の間もしっかり水分を補給して、元気に過ごすためのポイントをご紹介します。

  • 一日に必要な水の量

  • 成人男性が比較的安静にしていた場合(※)、一日に必要な水の量は2.5リットル。約半分が尿や便などで排泄され、呼吸や汗で残りの半分くらいが使われる内訳です。それを補う水は、食事から摂取するのが1リットル、飲み水として飲むものが1.2リットル、代謝の際につくられる水0.3リットルの3種類。つまり、特に運動などの活動をしていない成人男性は、飲み水で1.2リットルくらいを摂る必要があるということになります。
    出典 :水を飲むと痩せる!? 水飲みダイエットのウソホント [食事ダイエット] All About
  • 朝・昼・夜に少しずつ!「水飲みスケジュール」


  • 朝8時~12時
    お昼までに500ミリリットルを少しずつ。就寝中に失われた水分をしっかり補給しましょう。

    夜19時~23時
    夕方までに500ミリリットルを少しずつ。ミネラルウォーターでなく、水道水でもOK。

    夜19時~23時
    寝るまでの間に500ミリリットルを少しずつ。汗をかく入浴の前後に、しっかり水分補給を!
    出典 :覚えておきたい「水の飲み方・選び方」|ヘルスケア情報|eo健康
  • 1.5~2リットルの水を飲むことは、代謝がアップして疲れにくくなる、便秘やむくみの解消につながると言われています。そう聞けば、誰でもすぐに試したくなると思います。「思い立ったが吉日」とも言いますので、今日からさっそく水を飲む習慣を身に付けましょう。さて、1日に1.5~2リットルの水を飲むと言っても、1度に大量の水を飲むと体に負担がかかってしまいます。そこで、朝・昼・夜の3回に分けて、必要な水分を無理なく補給するようにしましょう。
    出典 :覚えておきたい「水の飲み方・選び方」|ヘルスケア情報|eo健康
  • 水の種類と効果

  • 便秘解消には「硬水」

  • 水に含まれるカルシウムやマグネシウムといったミネラル類の量が、軟水に比べて豊富に含まれています。水分をしっかり摂ることは便秘に良いと言われますが、硬水に多く含まれるマグネシウムは、腸により多くの水分を集める働きをしてくれるのです。
    出典 :覚えておきたい「水の飲み方・選び方」|ヘルスケア情報|eo健康
  • ぽっこりお腹が気になる人、便秘がちな人は、まず水分不足を解消しましょう。さらに、朝起きたときや食事中、食間、などにこまめに水分を取り入れましょう。食事に汁物を添えたり、飲み物を飲みながら食べたり、水分の多い野菜を副菜に取り入れるなどしても、水分摂取量があがります。
    出典 :2/2 水を飲むと痩せる!? 水飲みダイエットのウソホント [食事ダイエット] All About
  • 「海洋深層水」や「バナジウム水」の効果とは?


  • 海洋深層水とは、深さ200メートル以上の深海から汲み上げられた水のことで、カルシウム、マグネシウム、カリウムといったミネラル類を豊富に含んでいます。このようなミネラルには、血圧を下げたり、血液中の脂質上昇を抑えたりする働きがあります。また、バナジウム水は血糖値を下げるインスリンと同じ働きをするとして注目されている「バナジウム」を含んだミネラルウォーターです
    出典 :覚えておきたい「水の飲み方・選び方」|ヘルスケア情報|eo健康
  • 「炭酸水」や「水素水」なども

  • 女性はもちろん、男性の間でも話題になっているのが、老化を防ぐ「アンチエイジング」。水素水を飲むことで、老化の原因とされる「活性酸素」を抑えることができるそうです。最近では、炭酸が含まれた炭酸水も数多く見かけますが、炭酸水は爽快感が得られるだけでなく、炭酸に含まれる二酸化炭素の働きによって、血行を促進させることができます。炭酸の影響で満腹感を得られやすいので、食事時に飲むとダイエットのサポートにもなりますね。そのほかにも、体内の有害物質を排出する「キレート成分」を持つ水や、有害物質や不純物を除去した純水なども登場しており、選択肢もどんどん広がっています。
    出典 :覚えておきたい「水の飲み方・選び方」|ヘルスケア情報|eo健康
  • 氷結水という水

  • 水分不足。。。

  • 夏に引き起こしやすい熱中症(熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病の総称)、脳の血管がつまったり破れて脳細胞に栄養が届かなくなり細胞が死んでしまう脳梗塞、動脈硬化により血管の内腔が狭くなり流れが制限されて心筋が壊死(細胞の活動停止)に陥る心筋梗塞など、命に係わる重要な病気を引き起こすことが心配されています。
    出典 :水を飲むと痩せる!? 水飲みダイエットのウソホント [食事ダイエット] All About
     

    夏場は特に危険という事ですね