魚を食べるとどんな良いことがあるの?魚を食べて元気になろう

魚は体に良いって言いますけど、どんな成分がどんな風に良いのかは知らない人もいるのでは。魚を食べて元気になりましょう。

view494

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お魚、食べていますか?

  • 水産庁が発表したデータによると、国民1人当たりの魚介類の摂取量は、ここ10年間で約2割も減少しています。
    出典 :こんなに健康的! 食卓にもっと魚を取り入れるべき3つの理由:Men's HOLOS
     

    魚は昔から日本人の食卓には欠かせなかった食材。しかし、食事の欧米化によってどんどん食べる量が減っているのです。

  • 魚を食べるとこんな効果があります

  • 生活習慣病予防

  • 生活習慣病の主な原因とされる、血中の中性脂肪や悪玉コレステロール。魚に豊富に含まれるω-3脂肪酸はこれらを減少させ、血流を大幅に改善する効果があります。他にも、メタボリックシンドロームや糖尿病を引き起こす“インスリン抵抗性(インスリンの分泌異常)”に対する直接的な改善効果が示唆されるなど、まさに生活習慣病予防の特効薬ですね。
    出典 :こんなに健康的! 食卓にもっと魚を取り入れるべき3つの理由:Men's HOLOS
     

    脂肪や炭水化物の摂り過ぎなどによって起こる肥満。肥満から様々な生活習慣病に発展することもあるのですが、これらに良い成分が含まれています。

  • 老化防止にも


  • 魚はアンチエイジングにも効果てきめん。ω-3脂肪酸の血行促進効果によって全身の細胞が活性化され、ハリのあるみずみずしい肌が保たれます。ω-3脂肪酸には、頭皮の毛嚢(もうのう、髪の根っこ部分)に直接栄養素を与える作用もあるため、丈夫で抜けにくい髪が生える手助けをしてくれます。
    出典 :こんなに健康的! 食卓にもっと魚を取り入れるべき3つの理由:Men's HOLOS
     

    良質なタンパク質なども含まれています。魚を食べると若々しくいられるのは嬉しいですね。

  • 頭が良くなる

  • 魚に含まれるω-3脂肪酸の一種であるDHAは、脳の形成に必要不可欠な栄養素と言われています。さまざまな研究から、“DHAなどのω-3脂肪酸を効果的に摂取することで、老化による脳の機能低下を大幅に遅らせる”という結果が明らかに。1週間のうち最低1回、魚料理を食べる習慣をつけるだけでも、アルツハイマー病発症リスクを大幅に減少させることができるとされています。
    出典 :こんなに健康的! 食卓にもっと魚を取り入れるべき3つの理由:Men's HOLOS
     

    これは知っているという方も多いのではないでしょうか。魚を食べると頭が良くなると言われていたのは、このDHAの効果です。

  • 魚に含まれている栄養素

  • EPA(エイコサペンタエン酸)
    期待される効果:血栓予防、抗炎症作用、高血圧予防
    血液をサラサラにする効果を持っています。そのほかにも、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させ、善玉コレステロールを増やすといった働きがあります。
    出典 :魚食を見直そう! 魚介類の栄養と効果|ヘルスケア情報|eo健康
     

    魚の油、魚油の一つ。健康にとっても良いんですよ。

  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
    期待される効果:脳の発達促進、認知症予防、視力低下予防
    EPAと同様の働きも持っていますが、DHAは主に、脳や神経組織の発育や、それらの機能維持に力を発揮します。また、血中の中性脂肪を減らす働きもあるといわれています。
    出典 :魚食を見直そう! 魚介類の栄養と効果|ヘルスケア情報|eo健康
     

    魚の目玉などにたくさん含まれている成分。脳力アップにもなります。

  • タウリン
    期待される効果:動脈硬化・心疾患予防、胆石予防
    アミノ酸の一種で、人間の体内でも作り出すことができます。血圧を正常に保つことや、血液中のコレステロールを減らす働きがあることが確認されています。そのほかにも、解毒作用や貧血の予防、心臓の機能強化、眼の健康を維持する働きがあります。
    出典 :魚食を見直そう! 魚介類の栄養と効果|ヘルスケア情報|eo健康
     

    良く栄養ドリンクに含まれている成分です。体を元気に、そして健康にしてくれます。