○○がない部屋じゃ痩せない!?ストレス過食に走らないための「電球」選び

運動も・・・食事の見直しも・・・結構、本気でやろうと思ってるのに、
なかなか長続きしない。
それどころか、何だかイライラしていっぱい食べちゃう。

そんなこと、ありませんか?
それって、アナタのお部屋に○○が無いからかもしれません!

view622

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • それは「電球色のスタンド」でした。

     




    何故、電球色のスタンドがあると、「ストレス過食」を防げるのでしょうか?

  • <ルームセラピー的・痩せない部屋とは?>
    電球色のスタンドがない部屋
     
    ■なぜ「電球色のスタンドがない部屋」はダイエットに向いていないのか?

    失恋や、嫌なことがあったらヤケ食いして、結果太ってしまった……そんな経験はありませんか? 胃が動くと副交感神経が優位になり精神的に安定するため、ヤケ食いという「食べる」と行為に走ってしまうのです。しかし、ストレスは「照明」が生み出す環境からも影響しているのです。
    出典 :○○がない部屋はストレス過食に走る! 痩せるための電球選び(ハピズム) - Peachy[ピーチィ] - 毎日をハッピーに生きる女性のためのニュースサイト - livedoor ニュース
     

    照明が影響してるなんて・・・意外でしたね~

  • 科学的な面から見ると、夜に明るい照明を浴び過ぎると身体に無意識に「昼間」だという太陽の情報サインを出します。そうすると、身体のメカニズムに影響を与え、代謝に関係するホルモン「メラトニン」の働き、そして食べ物や運動の時間的なサイクルを管理する遺伝子を乱す作用をしてしまうのです。その結果、必然的に、太るというデータが出ています。
    出典 :○○がない部屋はストレス過食に走る! 痩せるための電球選び(ハピズム) - Peachy[ピーチィ] - 毎日をハッピーに生きる女性のためのニュースサイト - livedoor ニュース
     

    「メラトニン」の働きに関係があるようです。

  • 朝の太陽は通常はたいてい、一日より少し長い時間で動いている人の体内時計を、一日の始まりに24時間にリセットする強力な要素であることには定評があり間違いはない。それに加えて、近年は「食事」もそれに近い働きかけをする行為として注目されているんです。
    出典 :眠りの本棚 第二話 | 朝のひかり 夜のあかり | ヘーベルハウス
     

    ってことは、明かりによって体内時計が狂わされてしまう可能性も・・・ってことなのでしょうか?

  • ■なぜ「電球色のスタンドがある部屋」はダイエットに向いているのか?

    先に述べたように、夜に明るい白い照明を浴びると交感神経が活性化され、ホルモンバランスが狂い、ストレスがたまります。反対に、副交感神経が優位になるのは夕陽を見た後です。そのことから、リラックスするためには夕陽のオレンジ色の光を見る必要性があります。しかし、現代ではなかなか夕陽をゆっくり見ている時間はありません。その代わりになるのが、「電球色のスタンド」です。これが、夕陽の役目を担ってくれるのです。
    出典 :○○がない部屋はストレス過食に走る! 痩せるための電球選び(ハピズム) - Peachy[ピーチィ] - 毎日をハッピーに生きる女性のためのニュースサイト - livedoor ニュース
     

    なるほど、電球を夕日代わりに・・・考えましたね~。

  •  

    家にいると、どうも部屋の蛍光灯が明るくて落ち着かないな~っと思っていたのですが、これが関係していたのかもしれません。電球色にするには勇気(思いきり)がいりましたが実際にしてみたら、オレンジ色の温かい部屋が、仕事を終えた疲れた体を優しく迎い入れてくれるようで、とても癒されるものでした。これからの季節、夜がどんどん長くなります。秋の夜長に、好みの色の蛍光灯の下で過ごされてみてはいかがですか?


    引用)http://www.glitty.jp/2011/10/007620post_111.html

  • つまり、夕方から夜、寝るまでの間は「電球色」の明かりが良いってこと?

  • 寝室の空間作りにこだわる

    人間の生活リズムは、昼間は太陽の光を浴びて活動し、夕方以降は本来暗くなる中で活動しています。暗い中にいるとメラトニンという睡眠ホルモンが分泌されて、眠くなります。ですので、室内にいるときも昼間は太陽光に近い蛍光灯、夜は夕日の色に似ている電球色の灯りと光を使い分け、メラトニンの分泌を妨げないようにしましょう。特に就寝2~3時間前くらいからは、電球色や間接照明を使うようにしましょう
    出典 :良質の睡眠のために|ダイエット総合情報サイト【みんなのダイエット】
     

    やはり、メラトニンの分泌が大切。リラックスした状態にしなければ、体が「何か食べろ!」と言いかねません。

  • ダントツに明るすぎる基準の日本

     

    高度成長期以降、日本ではオフィスの机面照度のJIS規格が750ルクスと設定されています。この基準は、蛍光灯をしばらく使ったあとの明るさで設定されているので、この基準にのっとって新品の蛍光灯をつけると、最初のうちは1000ルクスに近い明るさになってしまうこともあります。開店したてのコンビニエンスストアが眩しいほど明るく感じるのは、このあたりにも理由があるのです。ところが、世界的に見ても、日本はダントツに明るい照度基準が設定されているのです(アメリカでは500ルクス)。明るいことが、そのまま豊かさの象徴であった時代の名残で、私たちは「明るすぎる部屋、明るすぎる街」に慣れてしまっている現実があります。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/383936/

  • そもそも、“明るすぎる”毎日を送っているってことですね。明かりについて、考え方自体を見直してみるべきなのでしょうか。

  • 寝る時の「明るさ」が原因で太る?

  • 2010年に行われた調査では、夜に明かりをつけて眠っている家庭では、そうでない家庭と比べて肥満の割合が約1.9倍、中性脂肪が高いというような症状の割合が1.7倍だったそうです。調査を行った研究グループによると、これは証明の明かりによって体内時計のリズムが狂った事が原因ではないか、とのことです。
    出典 :寝室の明るさと肥満の関係|ダイエット無料相談室~毎月5%のスリム化を目指す~
     

    やはり、明かりが体内時計のリズムを狂わすんですね~。

  • じゃ、寝る時の「明るさ」ってどのくらいが良いのでしょう。

  • この実験で「部屋が明るいかどうか?」を判断する基準になった明るさは約3ルクス。これは大体、豆電球くらいの明るさに相当します。夜に街頭の近くにいる時の照度が1~5ルクスだと言われていますから、「バッチリ明るい!」とまではいかないまでも、目の良い人なら周りの物がかなりハッキリ認識できる明るさでしょう。体のことを考えるのなら、寝室はもっと暗くする必要があるということです。ただし、部屋を真っ暗にしてしまうと、逆に神経が緊張して眠れなくなる場合も多いようです。人によってはオバケも怖いかも知れません(笑)また、部屋を完全に何も見えないくらい暗くすることは、安全の面から考えても問題があるでしょう。そういった事から考えると、寝室の明るさとして最適なのは大体1ルクス以下。物の形は認識できても、文字などは非常に読みにくくい(又は読めない)くらいの明るさになると思います。
    出典 :「太らない睡眠」に最適な部屋の明るさは?|ダイエット無料相談室~毎月5%のスリム化を目指す~
     

    寝室の最適な明るさは・・・1ルクス以下!それって・・・どのぐらい?

  • 1ルクス

     



    それは「月明かり」程度の明かりだそうです。
    それなら、確かに体も眠くなってくれそうですね。

  • 夕方から食事の間は、電球色の明かりの下で、
    そして寝る前には「月明かり」の下で・・・。