コーヒーがおよぼす健康効果についてまとめ

コーヒーは好きですか?コーヒーの摂り過ぎはよくありませんが、適度に摂る分には、身体にとって良い効果もあるみたいです。

view102

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 新鮮なコーヒーに多く含まれる
    トリゴネリンが、脳神経細胞を活性化させ
    アルツハイマー病に代表される、脳疾患を予防します。

    また、都会での生活環境における増加しすぎた
    活性酸素(老化のもと)を取り除いてくれる作用もあります。
    出典 :コーヒーの効果・効能
     

    アンチエイジングにも良いんですね。

  • コーヒーのおカフェイン

     

    血液の循環を促進するだけでなく、
    善玉コレステロールを増やして、動脈硬化を防ぐ働きがあります。

    また、アルコール性肝機能障害を予防する
    可能性があるというレポートも、国内外の研究で指摘されています。

  • •ポリフェノールなどが活性酸素を除去し、過酸化脂質の発生を抑えることにより、肝臓ガンや消化器官のガンなどを予防する
    •飲酒による肝臓の負担を軽減する。(カフェインの作用とは別に)
    •ニコチン酸(ビタミンB群に属する必須栄養素)が血液中のコレステロール値を下げ、動脈硬化を予防する
    •皮下脂肪の分解を促進し血液中の脂肪酸を増加させる。結果、持久力が増す。(ダイエット効果あり!?)
    出典 :コーヒーの効用(効能)と害について
     

    ダイエット効果も期待できるかな?

  • コーヒーのカフェインは
    脂肪の燃焼を加速させ、
    エネルギー代謝を活性化してダイエットに役立ちます。

    コーヒーはカロリーがほとんどないので、
    ブラックで飲むと更に効果はパワーアップ!

    又冷え性や低血圧にも効果的です。
    出典 :コーヒーの効果・効能
     

    やはりダイエットにも良さそうですね。

  • •平滑筋を弛緩させることによって気管支喘息や狭心症の改善に作用する(効果は弱いです)
    •大脳皮質に作用して精神機能、知覚機能を刺激する結果、眠気や疲労感を取り除き、思考力や集中力を増す
    •中枢神経に作用し、呼吸機能や運動機能を高める
    •心臓の収縮力を高めることによる強心作用
    (低血圧を一時的に改善)
    •腎臓に作用して利尿効果を促進する
    •胃液分泌を促進し、消化を助ける
    •アセトアルデヒド(二日酔いの原因)の排泄を促進する。(二日酔いの頭痛に効果)
    •脳内の血流を良くすることによって、脳血管性の偏頭痛を静める
    •ボケやパーキンソン病の予防効果
    出典 :コーヒーの効用(効能)と害について
     

    色々ありますね。

  • コーヒーを飲用する事によって、 中枢神経を適度に興奮させて、めまい・立ちくらみを防ぎます。
    出典 :コーヒーの効果・効能
     

    めまい、立ちくらみのある人は、お試しあれ。

  • コーヒー1杯には


    糖尿病やがんなどの生活習慣病を予防する効果がある
    ことが研究によりわかってきました。
    出典 :コーヒー効果・効能 まめかんQ&A
     

    がんの予防にもなるみたいですね。

  • 国立国際医療センターの野田光彦部長さん
    や海外の研究機関では、

    コーヒーを飲む習慣と糖尿病の関係を調べています。

    研究によると

    コーヒーを飲む習慣が「週5杯以上飲む人」は、
    「週一杯も飲まない人」と比較して、

    日本人に多いニ型糖尿病になるリスクが0.61倍まで減少しました。

    つまり、僕たちコーヒーが辛い糖尿病になりそうな人を救えた
    という研究結果が導き出されたわけです!

  • 「コーヒーの成分であるカフェインとクロロゲン酸が、複合的に働いているため」
    だと説明しています。

    カフェインやクロロゲン酸は、血糖値が上昇を抑えます。
    それは、動物実験でも確認済です。

    しかも、コーヒーに含まれるマグネシウムには、
    血糖値を下げるインスリンの感受性を高める働きがあるのです。

    つまり、コーヒーは血糖値の上昇を抑え、
    さらには血糖値を下げるインスリンの効果を上げる為、
    コーヒーとは、つまり一石二丁のお飲み物なのです!
    出典 :コーヒー効果・効能 まめかんQ&A
     

    これが糖尿病を防ぐ理由らしいですよ。

  • カフェインは、あまり摂りすぎてはいけない成分であり、授乳中や妊娠中には摂取を控えた方が良いとされている成分です。カフェインにあまり良いイメージを持っていない人もいるかもしれませんね。しかし、カフェインには、脂肪分解を促進したり、交感神経の働きを高めて代謝を促進す効果のある、ダイエッターの味方なのです。

    出典 :コーヒーを飲むだけで痩せる簡単ダイエット方法とは | ダイエットSlism
     

    ダイエット中には、味方になってくれます。

  • リラックスしたいときは
    焙煎度合・深煎りの香りがよく、
    仕事の能率アップには中煎りの香りが効果が高いです。
    また、眠気や疲労感もとれるので思考力がパワーアップします!
    出典 :コーヒーの効果・効能
     

    リラックス効果が高いみたいです。

  • 競争社会、複雑な人間関係、氾濫する情報・・・

    ストレスたまっていませんか?

    カフェインは体を活性化し、脳をリラックスさせます。
    リラックスするとお肌などの美容の面でもいいですし、
    何よりも疲労感が緩和され、爽やかな気分になります。
    出典 :コーヒーの効果・効能
     

    リラックス効果がストレス解消へと導いてくれます。

  • カフェインには血行を良くする効果があり、基礎代謝が高まります。また、血液の循環が良くなり、代謝がUPすることで、女性に多い冷え性や肩こりの解消にもつながります。
    出典 :コーヒーを飲むだけで痩せる簡単ダイエット方法とは | ダイエットSlism
     

    基礎代謝も高まるそうですね。

  • 胃の粘膜に感染して
    胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を
    誘発する悪性菌といえばピロリ菌。

    そして、食中毒を引き起こす
    病原性大腸菌(O-157など)
    コーヒーには、この様な細菌の増殖を防ぐ働きがあります。
    出典 :コーヒーの効果・効能
     

    殺菌作用もあるんですね。

  • 1日3杯以上飲む人は

     

    新鮮なコーヒーに含まれる
    クロロゲン酸、カフェ酸は
    がん細胞の発生を抑制する作用が
    非常に大きいと医学界で話題になっています。

    臨床例として日本人に一番多い
    胃がんを始め肝臓がん、食道がん、肝臓がん、直腸がん
    などに効果があったというレポートもあります。

  • カフェインは二日酔いによる
    頭痛の原因アセトアルデヒドの分解を促し、
    さらに尿として体の外にすばやく放出させる働きをもっています。
    また、脳の血液循環をよくする働きもあります。

    飲みすぎた翌朝はコーヒーから。・・・
    出典 :コーヒーの効果・効能
     

    経験あります・・・。