母乳育児に備えよう!!妊娠中に出来る良いおっぱいの作り方!!

母乳育児を薦める産院が増えて来ているようです!!
ですが産後母乳に悩むママが多いのです!!
妊娠中に出来る良いおっぱいの作り方をまとめてみました!!
これを実践すれば良い母乳育児が出来るはずです!!

view802

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 母乳育児って素晴らしい!!!

  • 母乳には栄養が沢山詰まっています!!

     

    母乳が栄養面において完璧であること
    母乳から与えられる免疫機能が大変重要であること
    母乳が赤ちゃんの繊細で豊かな味覚を育てること

  • ママとのスキンシップも沢山取れます!!

     

    母乳育児でスキンシップが楽にとれること
    授乳をするだけで赤ちゃんの健康チェックができること
    授乳するお母さんの心臓の鼓動が伝わり、感情が豊かに育まれること

  • 母乳はママのダイエットにもなります!!

     

    母乳がしっかり出てくれれば、赤ちゃんに栄養をしっかり与えてあげられるし、
    母乳ダイエットも成功します!!

  • 経済的にも助かる!!

     

    粉ミルク代って結構かかるので母乳育児でそれを浮かしてママへのご褒美を購入しちゃおう!!!

  • 妊娠中に出来るおっぱいケアとは???

  • おっぱいケアはいつから始めるの???

     

    母乳を作る準備は妊娠中からスタートしています。妊娠中期に助産師さんに乳頭をみてもらって手入れを始めましょう。後期に入ればマッサージも解禁。毎日の習慣にしましょう。

  • おっぱいケアは入浴中がおすすめです!!

     

    お手入れ&マッサージは、裸になる入浴時がベスト。おっぱいがやわらかくなり、マッサージ効果がアップします。湯ぶねに入っているときでも、おふろ上がりでも。

  • つまんだり、もんだりやわらかく弾力のある乳頭に !!

  • 妊娠37週を過ぎれば、1日1~2回の乳頭のお手入れをスタートさせましょう。乳頭や乳輪部がかたく張った状態だと、赤ちゃんはじょうずにくわえることができません。赤ちゃんがくわえやすいよう、弾力性のあるやわらかい乳頭&乳輪部にするには、乳頭をつまんでもむ「乳頭軟化法」と、乳輪部を指先で押したりつまんだりして乳頭の先端にある数個から数十個の乳管口=おっぱいの通り道をあけておく「乳管開通法」を始めましょう。マッサージを続けることで、乳頭の皮膚も丈夫になるため、乳頭亀裂などのトラブルを防ぐこともできます。また、ママ自身が母乳育児を強く意識するよいチャンスにもなるでしょう。
    出典 :妊娠中からできる!おっぱいのお手入れ&マッサージ【妊娠37週からOK!】 - gooベビー
  • 実践してみよう!!

  • お腹が張ってきたらすぐに中止しましょう!!

     

    おなかが張っているとき、あるいはマッサージ中におなかが張ってきたら、マッサージ中止のサインです。すぐにやめましょう。それでも張りがおさまらないときは産院に相談を。マッサージを行う時期や方法は、産院の指示に従って。

  • 楽しい母乳育児を目指しましょう!!

  • ママ友達作りも母乳育児をするうえでは欠かせない!!

     

    出産後同じ悩みを共有できたり相談できたりする相手が居ると凄く心強いのでおすすめです!!