育児の悩み【夜泣き】

夜泣きは誰でも悩む事ですよね
パパもママも同時に悩む事だと思います
まとめてみました

view258

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夜泣き?

  • 「夜泣き」とは、あかちゃんが夜中に原因もなく突然大泣きしてしまうことを言います。
    しかし、詳しい研究もあまり進んでいないため、はっきりとした原因が分かっていません。

    あかちゃんが夜中に泣き出すと、ママは必死になって授乳したりオムツを替えたりあやしたりしますが、何をやっても泣き止まないのです。

    つまり、オムツが気持ち悪かったり、暑かったり、寒かったり、寂しかったりするから泣くのではなくて、何の理由もないけれども泣いてしまうことを、私たち大人が勝手に、「夜泣き」という言葉をつけて認識しているだけなのです。
    出典 :【夜泣き対策.com】-赤ちゃんの夜泣きにサヨナラ
  • 夜泣きが続く期間や時間帯も人それぞれで、グズグズ泣く赤ちゃんもいれば、火がついたように大泣きする赤ちゃんもいます。また、一度泣き出すとなかなか寝付いてくれません。

    一般的には生後6~8ヶ月頃になると夜泣きを訴えるケースが多く、原因もわからずこれという決定的な解決策がないため、育児ママ、パパの悩みの一つになっています。
    出典 :夜泣きとは?
     

    寝不足になりかねないですよね

  • 主な理由はこれだ

  • 赤ちゃんが泣く主な理由

     

    ・おしっこ、またはうんちをしておむつが不快。
    ・お腹が空いた、またはのどが渇いた。
    ・暑すぎる、もしくは寒すぎる。
    ・布団が重い。
    ・歯が生えるのでむずがゆい。
    ・眠る環境の不快(部屋が明るすぎる、騒音などがある)
    ・日中の不安な出来事の夢、怖い夢を見た

  • 体調が悪い場合


    ・腸重積(数分の間隔をおいて激しく泣いたり、嘔吐する。血の混ざった便をする)
    ・発熱した時(風邪、中耳炎など)
    ・ヘルニア(股の付け根が膨れて盛りあがる)
    ・おむつかぶれや湿疹など(痛み、かゆみなどがある)

    普段とどうも様子が違う、泣き方が異なると感じたら、何らかの病気という可能性があります。自己判断せずに救急病院などを受診するようにしましょう
    出典 :夜泣きと判断していいの?
  • 全ての赤ちゃんが夜泣きするわけではありません

    夜泣きは全ての赤ちゃんがするわけではなく、泣き方もさまざまで、夜泣きが続く期間や時間帯も赤ちゃんによってそれぞれです。

    出典 :全ての赤ちゃんが夜泣きするの?
  • 赤ちゃんは自分の意思や気持ちを言葉で伝えることができません。「泣く」ということでパパやママに自分の気持ちを伝えています。パパやママも大変だと思いますが、頑張って乗り越えていきましょう。
    出典 :赤ちゃんの夜泣きの原因
  • 1歳~2歳の夜泣きの原因

    赤ちゃんの夜泣きは1歳から2歳の間、特に1歳半頃に酷くなる場合がありますが、主な原因には次のようなものが考えられます。

    ・眠りが浅い
    ・生活リズムの異常
    ・体調不良
    ・空腹
    ・おしめが濡れている
    出典 :1歳~2歳の夜泣き対策-【夜泣き対策.com】
  • 対策法

  • 子供、幼児の夜泣き対策1 (とにかく安心させる)

     

    子供、幼児の夜泣きには赤ちゃんの夜泣きと同様、まずは安心させてあげることが大切です。怖い夢を見たりして起き、パニックになって夜泣きをしている場合はなおさらです。子供を抱きしめてあげたり、添い寝をしてあげたりしましょう@

  • 昼間に散歩などに連れていって運動をさせることも大切です。
    運動不足だと大人であってもなかなか寝付けないものですね。

    日中の昼寝が長すぎることも「夜泣き」の一因になるようです。
    またオルゴールなどの優しい音楽を聞かせてあげるのも一つの方法です。
    出典 :新生児の夜泣き対策
  • 赤ちゃんの夜泣き対策2 (日中の過ごし方の工夫)@

     

    よく夜泣きをしてしまう赤ちゃんは、晴れている日中はなるべく外に連れ出してあげましょう。

    その日の天気や気温、赤ちゃんの体調などにもよりますが、運動不足だと元気が有り余って夜はなかなか寝付いてくれなかったり、夜泣きをしてそのまま起きてしまったりする場合があります。

    大人もそうですが、適度な疲れが赤ちゃんをぐっすり眠らせてくれるのです。

  • 赤ちゃんの夜泣き対策3 (音楽や音を聴かせる)

     

    赤ちゃんが大泣きしている場合、優しい声かけもママの子守歌ですら全くと言っていいほど聞いてくれないことがあります。そんな場合は夢中で夜泣きの時には、夜泣きしている赤ちゃんを「はっ」と我に返して、「起こして」あげるのも1つの方法です。

    例えば、CDやオルゴールなどで普段あまり聴かせていない曲をかけてみるのも良いと思います。ただし、この時にかける曲がかえって赤ちゃんを驚かせて、また大泣きしてしまわないよう注意が必要です。

  • 赤ちゃんの夜泣き対策4 (外に連れ出す)

     

    ちゃんが夜泣きをしてしまい、泣いて泣いて困る夜中、何をしても泣きやんでくれない時は、思い切って外に連れ出してみるのも方法です。

    心地よい夜風にあたったり(寒い日や強い雨の日、雪の日などは避けてください)車で近所をドライブしたりしてみてください。車の心地よい振動でスヤスヤ眠りにつく赤ちゃんも多いと思います。

    この時はライトが強い繁華街や24時間営業のコンビニエンスストアがある場所、騒音の多い場所は避けてドライブしましょう。

  • 赤ちゃんの夜泣き対策5 (起こしてしまう)

     

    赤ちゃんは夜泣きをしている間、寝ぼけて泣いていることが多いようです。「眠いのに寝付けない」→「機嫌がずっと悪い」→「泣き続ける」といった感じでしょうか。

    泣きやませるために、赤ちゃんを思いきって起こしてしまうのも手です。部屋を明るくして一度完全に起こしてから(泣き止んでから)、部屋を暗くしてもう一度寝しつけるという方法もあります。

  • 一つ一つ理解してゆっくり寝かせてあげましょうね
    ストレス軽減にもつながりますよ