ご存知でしたか?大豆イソフラボンによるこ~んなにたくさんの効果!

女性に大人気のイソフラボン、様々な美容系食品に含まれていますが、一体どんな効果があるのでしょうか!

  • yumi 更新日:2014/01/08

view433

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • イソフラボンによる効果たち

  • イソフラボンには強力な抗酸化作用があります。
    これによって生活習慣の乱れなどによって引き起こされた活性酸素の異常増殖を防ぐことが出来るのです。

    具体的には、シミやシワの改善などの結果を得ることが出来るでしょう。 これは肌のターンオーバーが加速されることに大きく関係しています。

    出典 :イソフラボン効果効能.com
     

    アンチエイジングにも効果的!

  • イソフラボンには、悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす効果があります。
    そのために、動脈硬化も改善にも効果を期待できます。
    出典 :イソフラボンの効果とは
     

    健康にもいいんですね
    女性だけでなく、男性にも効果的

  • バストアップ!

    イソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあります。
    それがエストロゲン様作用です。
    これによってホルモンバランスを整えることが出来ます。
    結果的にバストアップにも効果があることが証明されており、女性に人気です。
    特にプエラリアが原料となっているものは、イソフラボンの濃度が高くバストアップに大きな効果をもたらしてくれると言われています。
    出典 :イソフラボン効果効能.com
     

    これは有名な話ですね

  • 骨に含まれるカルシウムは、女性ホルモンの分泌が少ないと溶け出してしまいます。
    女性ホルモンに似た、イソフラボンを摂取することで、骨の密度を維持したり、骨粗鬆症の改善に効果を期待できます。
    出典 :イソフラボンの効果とは
     

    カルシウムとイソフラボンもつながりがあるんですね

  • イソフラボンは自律神経を整えてくれる作用もあります。
    この効果は結果的にストレスを鎮静化して、快眠効果などをもたらしてくれることになります。 夜ぐっすり寝られない人や眠りの浅い人は改善策としてイソフラボンを活用してみてはいかがでしょうか? 不眠症の予防に最適ですよ!
    出典 :イソフラボン効果効能.com
     

    癒しの効果もあるようですね

  • 意外にも、乳がんの予防にも効果があるのです。
    乳がんは、女性ホルモンの過剰分泌がトリガーとなることもあります。
    イソフラボンは、女性ホルモンの分泌を正常に整える効果があります。
    ホルモン分泌が引き金になる、前立腺がん、子宮がんの予防にも効果を期待できます。
    また、イソフラボンには、抗酸化作用も期待できますので、すべてのガン予防にも効果的です。
    出典 :イソフラボンの効果とは
     

    がんの予防にもなるとあれば、積極的に摂取したいですね!

  • イソフラボンは腸の運動を促進させる効果もあります。
    また、老廃物を排出する力を大きくしてくれるので、むくみ解消にも効き目あり!
    便秘やむくみなどで悩んでいる人もぜひイソフラボンを積極的に活用して欲しいところ。
    便秘解消はダイエットにも役立つでしょうし、肌の調子を整えることにもなります。
    美容や美肌とは切っても切れない非常に重要な要素なのです。
    出典 :イソフラボン効果効能.com
     

    お肌の調子も良くなり便秘にも効くなんて、女性には欠かせない食品ですね!

  • イソフラボンとは、大豆の芽に含まれている、植物ポリフェノールの一種です。
    女性ホルモンの一種である、エストロゲンという成分と同じような働きをしてくれます。
    特に、エストロゲンと同じ働きをしてくれるので、女性特有の症状も改善してくれる効果があります。
    出典 :イソフラボンの効果とは
     

    女性の強い味方ですね!

  • 更年期障害は頭痛やイライラなどの心理的な負担などを引き起こす女性特有の症状。
    主な原因としては閉経などの加齢に伴うホルモンバランスの乱れが挙げられます。
    この辛い症状を緩和する効果があるという点でもイソフラボンは非常に高い評価を得ています。
    更年期は多くの人が必ず経験するもの。しかし、予防することが出来るというのも事実です。
    有効活用して更年期を未然に防ぎましょう。
    出典 :イソフラボン効果効能.com
     

    イソフラボンの効果はこんなにもあるんですね!

  • イソフラボンはどれだけの量を一日とれば一番いいのか、知っておくと安心して摂取できます。
    イソフラボンの一日の摂取する目安は、40mg~70mgがいいとされています。
    これをイソフラボンをとりやすい食べ物で例えると、豆腐で半丁分、納豆1パック分、きな粉20gぐらいになります。
    思ったよりもたくさんとらなくても、必要摂取量が簡単にクリアしやすいと思います。
    出典 :効果的なイソフラボンの摂取量
     

    思っていたより少しでいいようです