難聴の原因と治療について

難聴は意外に身近です。あまり口外しなくとも、意外にどちらかの耳が難聴という人は周囲にいるものです。どうして難聴になるのでしょう?難聴になったら、どうしたらいいのでしょうか?

view343

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 難聴(聴覚障害)とは?

  • 難聴という病気(疾患)は現在の医学では解明できない点が多く、ある種を除いては完治させる術が無い非常に厄介な病気です。

    一般的に耳の聞こえの悪い状態をまとめて難聴と言いますが、一言で難聴と言ってもその種類や症状も多重多様です。ですが、難聴は自覚症状として気づきにほど緩やかに進行していくものも多く、気づいたころに取り返しがつかなくなってしまってたという方が多く存在します。
    出典 :難聴(聴覚障害)の正しい知識と治療方法
  • 難聴(なんちょう、英語: hearing impairment)とは、聴覚が低下した状態のこと。耳科学的には、聴覚の諸機能の感度や精度が若年健聴者、即ち、耳科学的に正常な18歳から30歳までの多数の評定者の聴覚閾(域)値の最頻値 (0dB HL) よりも劣っている事とされる。そのレベルは30dB HLとされている。

    この測定は、外からの騒音を遮断できる室、聴力検査の場合30ホン以下の騒音レベルである防音室で測定する。この際に用いられる指標は、音響学とは違っている。医学的には聴力レベル(Hearing-Level)であり、自由音場で測定される音響学での音圧レベル(Sound-Pressure-Level)最小可聴値とは異なる[1]。また難聴は、ときに耳疾患(例えば急性中耳炎)に起因する症状の一つである場合がある。
    出典 :難聴 - Wikipedia
     

    医学的には、このような状態ということになります。

  • 難聴のタイプにはどんなものがあるのか?

  • 伝音性難聴

  • 外耳と鼓膜、および中耳に異常が発生し音が聞こえづらくなる状態のことを伝音性難聴といいます。いわゆる「耳が遠い」状態になるのです。
    出典 :伝音性難聴 | 難聴(聴覚障害)の正しい知識と治療方法
  • 感音性難聴

  • 感音性難聴とは内耳や聴神経といった音の判別をする器官に問題が起こっている状態です。

    外部から入った音は鼓膜を震わせ、その震えは蝸牛の内部にあるリンパ液に伝わり、蝸牛の内部にある有毛細胞が音を電気信号へと変換させ聴神経へと伝えます。この蝸牛や有毛細胞、聴神経がうまく働いていない状態が感音性難聴です。
    出典 :感音性難聴 | 難聴(聴覚障害)の正しい知識と治療方法
  • 混合性難聴

  • 混合性難聴とは、感音性難聴と伝音性難聴の二つが合わさった難聴です。つまり音を伝える部位にも音を判別する部位にも問題のある難聴ということです。

    加齢による老人性難聴は主にこの混合性難聴だといわれています。始めは伝音性もしくは感音性の一方の難聴だったのが、治療が遅れたり悪化したりするともう一方の症状も出現してしまい混合性の難聴になります。
    出典 :混合性難聴 | 難聴(聴覚障害)の正しい知識と治療方法
  • さらに、多いのは突発性難聴です。

  • 突発性難聴はある日突然起こります


  • 1. 突発性難聴とは


    生来健康で耳の病気を経験したことのない人が、明らかな原因もなく、あるとき突然に通常一側の耳が聞こえなくなる病気をいいます。


    2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか


    1993年に厚生省研究班を中心に行った調査では、突発性難聴の全国受療者数は推定、年間24,000人で、人ロ100万人対で192.4人でした。2001年の調査では、全国受療者数は推定、年間35,000人で、人ロ100万人対で275.0人と増加しました。

    出典 :難病情報センター | 突発性難聴
  • 突発性難聴の治療

  • 突発性難聴の原因としてウイルス感染説と内耳循環障害説があることは既に述べましたが、突発性難聴の急性期にはこれらの原因を想定した治療を行うことになります。急性期の治療として最も重要なものは安静です。突発性難聴の発症前に精神的、肉体的疲労感(ストレス)を感じていること が多く、心身ともに安静にして、ストレスを解消することは重要です。難聴の程度によっては入院治療が望ましい場合もあります。安静のみでも内耳循環障害の改善が期待されます。

    突発性難聴に対しては様々な治療法が検討されていますが、どのような治療法が最も有効であるかは未だ明らかではありません。厚生労働省研究班で、様々な薬剤の突発性難聴に対する有効性を調査いたしましたが、どの薬剤が有効かは結論がでませんでした。従って、現時点では発症時の状況や臨床所見、既往歴などを総合的に判断して治療法を決定しています。
    出典 :難病情報センター | 突発性難聴
  • 自分でできる対処方法がいくつかあります。

  • 原因がわかりにくいため、人それぞれですが、簡単にできるものなので、試してみるのも一考ですね。


  • 『蒸しタオル療法』

    皮膚に熱刺激を与えることで、血行やこりが改善され、耳の機能が格段にアップします。


    『ツボ療法』

    耳鳴りなどの不快症状に効果バツグンのツボ押しで、症状が緩和します。


    『血管マッサージ療法』

    血液が耳全体の細胞に行き渡り、聴覚の機能を回復します。


    『ビタミンB群が耳に効く』

    末梢神経の代謝を促す作用で、耳鳴り・難聴・めまいを予防・改善します。


    『ウォーキングが効果を発揮』

    心の病気が関連して耳鳴りを症状している場合にも、大きな効果を発揮します。

    出典 :耳鳴り・難聴の原因と改善|耳鳴りに関する幅広い情報をお届けします。