いつ流行するか分からない新型インフルエンザ!!!その症状や予防法とは?今からもしもの時に備えよう!!

いつ流行期を迎えるか分からない恐ろしい病気である新型インフルエンザ!!!
気になる新型インフルエンザの症状やその治療法&予防法などについての情報をまとめてみました!!!
今からしっかりと備えましょう!!!

view185

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • そもそも新型インフルエンザって何???

  • 新型インフルエンザウイルスとは人が今まで経験したことのない亜型のインフルエンザウイルスが、鳥や他 の哺乳動物から感染し、人の体内で増殖できるようになり、人から人へ効率よく感染できるようになったイ ンフルエンザウイルスのことです。
    出典 :パンデミックを起こす新型インフルエンザ|これからの衛生管理|大幸薬品株式会社
  • 季節性インフルエンザウイルスとの違いとは???

  • 季節性インフルエンザ

    毎年、冬を中心に流行するもので、ほとんどの人がすでに免疫を持っています。このためかかっても比較的症状が軽くすみやすく、数日で自然に回復することが多いとされています。
    しかし、これまで一度もインフルエンザにかかったことのない子供や持病のある人は、注意が必要。重症化して、脳症や肺炎などを併発する場合もあり、インフルエンザを起因に死亡者も出ているので、油断は禁物です。
    症状としては、38~40度以上の急な発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が特徴です。
    出典 :季節性と新型インフルエンザの違い | influenza.jp
  • 新型インフルエンザ

    新しく現れたインフルエンザであるため、ほとんどの人が免疫を持っておらず、世界的に大流行を起こす可能性が あります。
    感染するとウイルスに抵抗する力がないために重症化することがあり、肺炎を併発したり、全身を冒されて命が危ぶまれることもあり、注意が必要です。
    季節性と同様の症状に加え、下痢、嘔吐、腹痛、鼻出血、歯肉出血が現れる場合があります。
    出典 :季節性と新型インフルエンザの違い | influenza.jp
  • 新型はパンデミックを起こす危険性があるのです!!!

     

    新型インフルエンザウイルスに対して人類は免疫(抵抗力)を持たないため、ほとんどの人が感染 する可能性があると推測されます。感染が急速に拡大し、パンデミックを引き起こすのです。

  • 今までにはどんな新型インフルエンザが流行してるの???

  • 20世紀に起こった新型インフルエンザでは、1918年のスペイン・インフルエンザ(通称「スペインかぜ」) では全世界人口の25~30%が発症し約4000万人が死亡、1957年のアジア・インフルエンザ(通称「アジアか ぜ」)では200万人が死亡、1968年の香港・インフルエンザ(通称「香港かぜ」)では100万人が死亡したと 推計されています。
    出典 :パンデミックを起こす新型インフルエンザ|これからの衛生管理|大幸薬品株式会社
     

    過去にも何度か新型インフルエンザの危機に見舞われているのです!!!

  • 今までに流行した新型インフルエンザ!!!

     

    過去の新型インフルエンザでは沢山の人が犠牲になっています!!!

  • 新型インフルエンザの症状とは???

  • 新型インフルエンザの症状は、突然の高熱、咳、咽頭痛、倦怠感に加えて、鼻汁・鼻閉、頭痛等であり季節性インフルエンザと類似しています。ただし、季節性インフルエンザに比べて、下痢などの消化器症状が多い可能性が指摘されています。
    出典 :新型インフルエンザに関するQ&A|厚生労働省
  • 新型インフルエンザの予防方法とは???

  • ウイルス感染を予防のためには、手洗い・うがいをしっかりすることが大切です。
    手洗いは、外出後だけではなく、可能な限り、頻回に行いましょう。石けんを使って最低15秒以上行い、洗った後は清潔なタオル等で水を十分に拭き取りましょう。
    また、ウイルスが粘膜を通して感染するため、極力鼻や口などを触らないようにしましょう。
    咳、くしゃみの際の「咳エチケット」も感染防止の上では大切です。咳やくしゃみ等の症状のある人には必ずマスクをつけてもらいましょう。
    トップへ
    出典 :新型インフルエンザに関するQ&A|厚生労働省
     

    普段のインフルエンザ予防と変わらないようです!!!

  • 新型インフルエンザの治療法とは???

  • 主な治療法は抗インフルエンザウイルス薬(タミフル・リレンザ)の投与です。
    これらの薬は、医療機関等において医師が必要と認める場合に処方されます。
    また、症状を緩和させる目的で、解熱薬や去痰薬、鎮咳薬などが処方されます。
    妊婦や乳幼児に対する処方については、副作用のリスクを見極めながら、医師が投与の判断をすることになっています。
    出典 :新型インフルエンザに関するQ&A|厚生労働省
     

    治療法も季節性のインフルエンザとほとんど変わらないようです!!!