知らないと怖い! 乳がんの初期症状と検査方法

女性は誰でもなりうる病気、「乳がん」。
その初期症状と検査方法についてまとめました。

view424

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳がんとは?

  • 乳がんというのは、その名の通り、ガンの一種です。

    女性特有のガンの一つで、遺伝子に傷がつく事によって、起きる病気だとされています。

    その原因となるのは、主に紫外線などの環境因子と呼ばれるものです。

    この原因が積み重なったりして、乳がんになる人が多いと思われます。

    また、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの働きも関係していると言われているんです。

    そんな乳がんは、先ほども書いたように遺伝子に関係する病気なんです。

    そのため、早期発見が大事になってきます。
    出典 :乳がんの初期症状
     

    早期発見でなおせるかもしれません。

  • 乳がんの原因

  • 乳がんの原因は何かと言うと、環境因子と呼ばれるものだったりします。

    一番の原因は、遺伝子が傷つく事なんですが、もし生まれつき傷ついていなかったとしたら、その傷つく原因を作ってるのが環境因子と呼ばれるものなんですね。

    たとえば、紫外線だとか放射能だとか、そういったものです。

    そのようなものが影響して、遺伝子が傷つく事によって、乳がんになることがあります。

    また、乳がんになる原因として、もう1つ挙げられるのは、女性ホルモンです。

    女性ホルモンが影響して、乳がんになる可能性があるんです。

    どういうことかというと、エストロゲンと言う女性ホルモンの一種が、関係しているんです。

    このエストロゲンと言う女性ホルモンが排出されることで、乳がんになるリスクが高くなっていたんです。
    出典 :乳がんの初期症状
     

    乳がんは完全に防ぐことができません。

  •  

    何らかの原因があり、卵巣を摘出した人や、妊娠などで月経がない期間があった人などは、その分、乳がんになるリスクが低いんです。

    月経時などに排出されるエストロゲンが関係しているものなので、まずは乳がんの原因を詳しく知り、乳がんにならないように、対処していきましょう。

    完全に防ぐことは出来ないですが、出来る限り原因を取り除いたりする行動をしていくことをオススメします。

    引用)
    http://乳がん.病気の初期症状.jp/sub1.htm

  • 乳がんの初期症状

  • 押しても動かないしこり

  • 乳がんの初期症状においては、痛みがない場合がほとんどです。

    痛みを感じる頃にはもうがんがある程度進行している可能性が高いと言えます。

    痛みを感じる場合、乳腺症という別の病気であることが多いので、痛みがあるからがんではない、と安心せず、病院にかかることが大切です。

    乳がんに自分で気づき、病院へかかった人の80%~90%は、しこりを発見しています。

    しこりが5mm~1cmになると自分で触ってわかるようになります。

    ただし、しこりができたからと言って、必ずしも乳がんであるとは言えません。
    出典 :乳がんの初期症状
  •  

    しこりにも良性、悪性があり、見分け方の一つとしては、押すと、しこりが逃げるように動く場合は良性、消しゴムのような硬さで、押しても動かない場合は悪性であることが多いようです。

    乳がんは非常にゆっくり進行するがんなので、しこりに気づいた時点で、初期とはいえ、何年か病が潜んでいて進行していたと言えます。

    引用)
    http://乳がん.病気の初期症状.jp/sub4.htm

  • 小豆のようなものが胸にあったら

  • 一般的に胸にしこりがあったら乳がんを疑ったほうが良いと言われています。

    しこりとはどのようなものなのでしょうか?

    小豆のような感触があると言われています。

    胸の中に小豆がある、そんな感触がしたらそれがしこりの可能性があり、そして乳がん細胞の可能性があります。

    もちろん、発見の段階で小豆のサイズとは限りません。

    小豆のような硬さのあるもの、という程度の考えで良いです。
    出典 :乳がんの初期症状
     

    お風呂に入った時にでも、自分でチェックすることをオススメします。

  • 乳がんの検査

  • 1.視・触診

  • 乳房全体を目で見て、あるいは手で触れて乳房の形、皮膚、乳頭などに異常がないか、またしこりができていないかを確かめます。専門医がしこりの状態を触診することによって、「乳がんかどうか」はある程度わかります。
    出典 :乳がんの基礎知識/乳がんの検査
  •  

    30歳を過ぎたら、年に1回、専門医による定期的な検診(視・触診)を受けるようにしてください。自分では見つけられないような小さなしこりが発見されることがあります。生理のある方では、乳腺の張れが落ち着く生理後1週間め頃に受診なさることが望ましいです。

    引用)
    http://www.csp.or.jp/network/kisoChisiki/s_kensa.html

  • 2.マンモグラフィ

  • 触診では見つからないような、ごく小さなしこりや、悪性の可能性が高い微細な 石灰化を発見するのに有効な検査です。乳房を圧迫しながら特殊なレントゲン装置で撮影します。

    ※X線による撮影を行うため、放射能による影響がありうるので妊娠している人は受けられません。可能性のある方は、あらかじめ申し出て下さい。
    出典 :乳がんの基礎知識/乳がんの検査
  • 3.超音波検査

  • 超音波を乳房に当てて、その反射波でしこりの存在と内部の様子を確認します。放射線ではないので、被爆の心配なしに、繰り返し検査することができます。しこりの性質(水分か固形腫瘍かの区別、良性のものか悪性のものかなど)もある程度はわかります。マンモグラフィを補完して行われます。
    出典 :乳がんの基礎知識/乳がんの検査