スロージョギングがもたらす健康効果について

健康を保つのに効果的とされテレビや雑誌などで多く取り上げられているスロージョギング。そのメカニズムについてまとめて見ました

view1107

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • そもそもスロージョギングとは何ぞや?

  •  

    ジョギングとの違いが気になる人、結構いますよね?

  • スロージョギングは、簡単にいえば、ゆっくりジョギングすることです。速筋を使わないジョギングを、スロージョギングと呼びます。
    出典 :スロージョギングとは?
     

    早く走ろうとするよりも、ゆっくり走るほうがダイエットに効くようです

  • スロージョギングが、ふつうのジョギングと最も異なるポイントは、普段走るときに使う筋肉を使わないという事です。そのため、いくら走っても息は切れず、疲れも感じない。超らくジョギングのポイントは速筋を使わないで走ることなのだそうです。
    では、速筋 とは何なのか?また、どこの筋肉を使うかという事を説明します。

    瞬発力にすぐれ、疲れやすい無酸素運動の時に使われます。縮む速度は遅筋の2倍。白筋とも呼ばれる糖質をエネルギー源とする筋肉です。
    出典 :スロージョギングの特徴
     

    走り方によって使われる筋肉が違うようです。

  • スロージョギングのメリットとは?

  • 率直なところ、「歩くのと同じスピードなら歩きでも効果は変わらないんじゃないか」と思えますが、やはり歩くのと走るのとでは筋肉に与える刺激が異なります。エネルギーの消費量は、番組では同じ時速4kmで歩いた場合には3.7kcal、ジョギングでは5.9kcalを消費するとのことです。実に1.6倍も消費量が違うのです。
    出典 :2/3 超スローでも体にこんなにいいランニング [ジョギング・マラソン] All About
     

    普通に歩くのと、超ゆっくり走るのとではこんなにもエネルギーの消費量が違う!というのが「ためしてガッテン」でも証明されました。

  • 普通のジョギングと比較したとき、
    瞬発的な力を出すのに使われる筋肉“速筋”ではなく、
    マラソンなど持久力を用いる運動で使われる“遅筋”による運動です。

    短距離と長距離走を比較したときをイメージしたらわかると思いますが、
    短距離は筋肉に疲れがたまりますが、長距離は疲れがたまりにくいです。

    これは、速筋を使うと、乳酸がたまるからなのです。

    まとめると、
    遅筋を使うスロージョギングだと、乳酸がたまらずに疲れにくいのです。
    出典 :家の中・室内でできるスロージョギングの効果~こんな人が成功する~ | ダイエット&健康の最新情報
     

    長く続けるためには乳酸がたまらないというのはポイントが高いですね。

  • さらに、スロージョギングは「脳」にも良いらしい!?

  • スロージョギングを行っている時には、この運動に関係した部分だけではなく、脳の血流が増えて前頭前野と呼ばれる部分が活性化されるといった、実験データが出ているのです。

    この前頭前野というのは、決断力や判断力、想像力や記憶力、集中力などに関連した働きを持っているほか、感情や行動を抑制したり、他の人とのコミュニケーションなどといった、私たちが理性を持った人間としての活動をするために、大事な役割を担っています。

    また、脳自体が大きくなるといった研究結果も出ています。
    出典 :スロージョギングと脳を活性化する効果 :スロージョギングの効果
  •  

    健康にも脳にも良いと言われればやる気も出てくるのでは!?

  • ダイエットに効く走り方

  •  

    ダイエットに効果的な走り方とは?

  • 『 田中宏暁教授のスロージョギング講座 Part 2 』in 福岡大学

     

    こちらの動画の走り方を参考にするといいかもしれません

  • スロージョギングの注意点

  • ビギナーの場合については、いきなり長時間スロージョギングを行わないようにする事です。

    これは、スロートレーニング全般に言えることですが、一度にかかる負荷を減少するとは言っても、時間をかける分負荷は身体に長期に亘ってかかります。

    また、楽に出来るからといって時間を決めずに長い間行っていた場合、翌日以降の疲労具合や筋肉痛の度合いが大きくなります。
    出典 :スロージョギングのデメリット | スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?
     

    ただ長い時間走ればいいというものでもないようです。気を付けましょう。

  • では、ビギナーはどんなスロージョギング方法が良いのでしょうか?

  • それにはまず、最初は3分走って3分歩いてという感じで、それを繰り返し行うと良いですね。

    また、走る前にはしっかりと時間を決めておくと良いでしょう。

    ダイエットが目的の場合は、30分くらいのトレーニングが有効です。

    ☆豆知識:有酸素運動を30分続けることが脂肪燃焼の最低条件になります。
    出典 :スロージョギングのデメリット | スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?
     

    無理をしないというのが大前提ですね。

  • スロージョギングに慣れた人はスピードを上げないようにするのが大切なようです。歩幅に気を付けながら走るのが吉。

  • 体験者の声

  • 子供逹早く寝たので、
    スロージョギング終了♡
    【35分、距離3.3キロ、時速5.6キロ】
    今からストレッチとマッサージしよ♪
  • スロージョギングは「疲れにくい走り方」だから楽しく長続きするんです。だけどウォーキングよりも効果が高いからダイエットの結果も早く出る。成果が感じられるからモチベーションも維持しやすい。そんなうれしいジョギングの方法なのです。> http://t.co/Gz4ObIm5zh
  • ふぅ。今朝は久々にお天気が良く、超スロージョギングに行ってまいりました。走り始めて今日で3か月が経過し、明日からは4か月目に突入します。振り返ってみると、三日坊主のアタクシがよく続いたものだなぁ~、と(ウルウル)。自分で自分を褒めてあげたい気分であります~ランララン♪
  • 本を参考にするのもいいかも

     

    無理せずできるスロージョギングダイエット。健康にもダイエットにも効果的な運動だと思います