新米ママ必見!赤ちゃんのオムツかぶれ対策に必要なことまとめ

赤ちゃんのお尻はとってもデリケート。
油断しているとすぐオムツかぶれになってしまいます。
でも、慌てなくて大丈夫。
ママのちょっとした工夫で赤ちゃんをオムツかぶれから守ることができます。
そんなオムツかぶれ対策についてまとめてみました。

view343

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • オムツかぶれって一体どんな症状なの?

  • おむつかぶれは、赤ちゃん自身の肌が、なんらかの原因で弱くなっているときにおこります。下痢をしていたり、夏に汗をかきやすくなるなど、健康状態や季節によって、赤ちゃんの皮膚自体が刺激を受けやすい状態になります。
    特に、新生児や乳児は皮膚が薄く、肌を守る防御機能が発達していません。さらには免疫能力が低いことも原因と考えられています
    出典 :おむつかぶれ 2 - 赤ちゃんのおむつおしり研究所 ユニ・チャーム
  • おむつかぶれは、おむつにおおわれた皮膚に起きた炎症で、医学的には「おむつ皮膚炎」といいます。おしり全体が赤くなったり、ポツポツとあせものような湿疹として現れることもあります。炎症はかゆみや痛みをともない、悪化するとただれて血がにじむ赤ちゃんもいます。
    また、ウエストや太もものまわりの、おむつカバーや紙おむつのギャザーがあたる部分での皮膚炎も、おむつかぶれです。
    出典 :花王 メリーズ 赤ちゃんとママのための情報 おむつかぶれ おむつかぶれの基礎知識
  • 医学的には「おむつ皮膚炎」といいます。おむつにふれる部分がアンモニアや酵素の刺激で炎症を起こしておしり全体が赤くなったり、ポツポツとあせものような湿疹として現れるなどの症状があります。炎症はかゆみや痛みをともない、悪化すると赤くただれたりします。母乳で育っている乳児は、おむつかぶれが比較的少ない傾向にあるようです
    出典 :おむつかぶれ原因・症状・予防・治療-赤ちゃんの病気
  • おむつかぶれの原因はこれ!

  • 尿(アンモニアなど)や便(大腸菌などの腸にいる菌や消化酵素など)
    おむつ自体による皮膚への刺激(おむつの凸凹や材質)
    汗やおむつによってムレ
    カンジダというカビ(真菌)
    皮膚の弱さ(乳児の皮膚は角質層と呼ばれている部分が薄い)
    出典 :おむつかぶれ・おむつ皮膚炎の原因・治療法 [子供の病気] All About
  • おしっこ
    おしっこには、体内の老廃物など肌を刺激する成分が含まれています。その為、排泄して時間が経つにつれ分解が進み、皮膚にダメージを与えてしまいます。

    うんち
    うんちには、腸内細菌や酵素がいっぱい含まれています。特に、下痢の時のうんちは皮膚にとって刺激性が高いので注意しましょう。

    汗やムレ
    おしりも当然汗をかきます。そのうえ、おしっこやうんちをした後のおむつの中は温度や湿度が上がり、ムレてしまいます。ムレる事で赤ちゃんの皮膚がふやけてデリケートな状態になり、排泄物などの刺激を受けやすくなってしまうのです。

    カビ
    ムレて湿気たおむつの中はカビの繁殖には最適な環境です!おむつかぶれがなかなか治らないような事があるようでしたら、カビによる皮膚炎との合併症をおしている可能性があります。
    出典 :おむつかぶれ原因・症状・予防・治療-赤ちゃんの病気
  • おむつかぶれの原因はひとつではなく、さまざまな要素がからみ合って起こります。いちばんの原因はおしっこやうんちの刺激ですが、おむつ内の環境も影響します。
    出典 :花王 メリーズ 赤ちゃんとママのための情報 おむつかぶれ おむつかぶれの基礎知識
  • オムツかぶれになったら見られる症状はコレ!

  • オムツかぶれの初期段階で見られる症状を紹介します。
    かぶれないにこしたことはありませんが、かぶれてしまった場合は1日でも早く症状を治めてあげたいですよね。
    そのためには早めにオムツかぶれを発見して対処することが必要です。
    典型的なオムツかぶれの症状をご紹介します

  • 痛みで泣く

     

    おしりを拭いたときや、入浴時にお尻に湯をかけたときなどに泣くことがあったらオムツかぶれを疑ってみて!

  • おむつをはずすとお尻がかゆそうな素振りをする

     

    おむつをしているときは、かゆくても手が出せないけどおむつをはずすと手が届くからかな・・・
    お尻をかく素振りを見せたときも要注意

  • もしもオムツかぶれになってしまったら?

  • 症状が軽い場合は薬局で手に入るワセリンなどを使用し、おむつをこまめに交換し、お尻を清潔に保って様子をみます。おむつかぶれが治らない場合やひどくなる場合は小児科または皮膚科を受診しましょう。
    出典 :おむつかぶれ原因・症状・予防・治療-赤ちゃんの病気
  • 主な対処法は「被れてるところは強くこすったりしない」「おむつ交換のたびにお湯や水で洗ってきれいにしておく」「石けんの使用は入浴時だけでいい」の三つです。
    出典 :おむつかぶれになった場合の対処法 - おむつかぶれ【赤ちゃん】原因/予防 おむつかぶれになったらの対処法
  • とにかくオムツかぶれがひどい時は、お尻ふきをやめてぬるま湯でお尻を洗うようにします。洗い方は、うんちの度に水道の湯で洗う方法があります。これは、退院してオムツかぶれが出来る前から実行すると防止にもなります
    出典 :実体験!赤ちゃんのオムツかぶれの治し方 - 出産 育児
  • オムツ替え(特にうんちのとき)に「座浴」させてあげることはオムツかぶれの症状改善だけではなく、予防にもなるということは知っておくととっても役に立ちます。

    ゆるめのうんちが続いているな~と感じたら、おしりふきをやめて座浴をさせてあげるといいですよ。
    座浴が大変だったら、ぬるま湯にひたしたガーゼでそっと拭いてあげたり、ペットボトルにぬるま湯を入れておむつの上でかけて洗い流してあげるだけでもかなり違います。

    市販されているおしりふきはとっても便利なんですが、水以外の成分も含まれていることが多いので、オムツ替えの機会が多い赤ちゃんにとっては刺激になってしまうこともあるんです。
    外出先は仕方ないですが、自宅に居るときは上記の方法でお尻ケアしてあげるといいかもしれません。