脳外科手術を考えてる人必見!!!名医!!福島孝徳って一体どんな人なの???彼の偉業とは???

脳外科の名医で知られる福島孝徳!!!
一体どんな医師なの???
どんな手術が得意なの???
気になる情報についてまとめてみました!!!

view550

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 福島孝徳ってどんな人???

  • 福島 孝徳(ふくしま たかのり、1942年 - )

     

    アメリカ合衆国在住の日本人医師である!!!

  • ドラムが得意の外科医!!!

     

    若い頃からドラムを演奏している。手足を別々に動かす器用さをドラムで磨き、それが今日の超人的な脳外科手術の技術に繋がっている!!!

  • 彼の得意な手術とは???

  • 脳腫瘍に対する「鍵穴手術」の考案者として知られる。
    出典 :福島孝徳 - Wikipedia
  • 神の手と称される手術手技「鍵穴手術(キーホールオペレーション)」は、福島が開発したものである。頭部に10セント硬貨ほどの小さな穴をあけ、顕微鏡を使って患部を切除・縫合する。患者の予後を一番と考え、開発したものである。この超人的な技術により、通常の開頭手術に比して大幅に患者の負担が軽減され、世界中の患者から絶大な支持を受けている。また、世界一の医療水準を誇るアメリカの医療関係者から福島は「神の手を持つ男」「The Last Hope」と賞賛されている。
    出典 :福島孝徳プロフィール|福島式手術|森山記念病院附属 福島孝徳脳神経センター
  • 福島式鍵穴手術

     

    福島式鍵穴手術とは、脳外科手術で必要な開頭の範囲を最小限にとどめ、患者様の身体的な負担とリスクをおさえる術式です!!!

  • 「髄膜種」「聴神経腫瘍」「下垂体腫瘍」や、神経血管減圧術といわれる脳神経外科治療が必要な「三叉神経痛」「顔面けいれん」など、様々な疾患に対する手術法として、再発するリスクのない手術を行っています。この手術には高度な技術が必要ですが、福島孝徳最高顧問を中心に、福島式鍵穴手術を実践している専門医チームにより確実な手術治療を行っています。
    出典 :福島式鍵穴手術とは|福島式手術|森山記念病院附属 福島孝徳脳神経センター
  • 鍵穴手術の重要なポイント

    *徹底した繊細な止血技術
    *硬膜外処置方法
    *脳血管の温存
    *詳細な頭蓋底解剖知識
    *的確なsharp dissection
    *繊細なmicro technique
    *脳のretractionを最小限に抑える
    出典 :福島式鍵穴手術とは|福島式手術|森山記念病院附属 福島孝徳脳神経センター
  • 福島先生独自の医療機器なども手術をサポートしてくれています!!!

  • 福島監修手術顕微鏡

     

    脳外科の手術、教育に置いて最も重要な道具、顕微鏡(通称マイクロ)である。 カメラのレンズの仕組み、光源、明るさ、焦点深度、フォーカス、フットスイッチでのコントロール、様々な要素が重要であり、この顕微鏡の使いやすさで手術の運びも決まると言っても過言ではない物である

  • 福島監修手術用マイクロハサミ

     

    マイクロハサミはショート、ミドル、ロングの長さをそろえ、ハサミの刃の厚さは薄刃、中刃、厚刃。またハサミの先は直、小曲り、大曲とそれぞれをそろえ手術を行っている。

  • 福島監修手術用コットン

     

    脳神経外科の手術の際には無くてはならない小さい綿(コットン)である。以前は綿が厚く手術野を妨げることがあり、また繊細な脳に張り付いてしまい脳にダメージを与えてしまうことがあった。福島の提案から生まれた薄く、コットン表面の毛羽立ちが少ないコットンが出来上がった。

  • 鍵穴手術用動脈瘤クリップ、クリップアプライヤー

     

    新たな開発として以前より細く、薄いそしてわずかな角度の変化を付けられる新しいアプライヤーの作成を提案し、新しいアプライヤーが誕生した。

  • 脳の腫瘍などで悩んでる人は1度相談してみよう!!!

     

    最新の医療機器で命を救ってくれるかもしれません!!!