赤ちゃん鼻づまり解消法【まとめ】

赤ちゃん鼻づまり解消法をまとめてみました。
それぞれ赤ちゃんの状態にあった方法で解消してあげましょう。

view363

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは予防から

  •  

    赤ちゃんはうまく口呼吸ができません。
    また言葉がまだしゃべれないときは
    なく、くずるなどしか自分の気持ちを伝えられません。
    それに睡眠まできちんとできなくなってしまう場合や
    風邪を引きやすくなってしまう場合などもあります。
    鼻づまりになる前にまず予防しましょう。

  • 室温は20度前後、湿度は50〜60%に保ってください。
    冷たい空気が鼻の粘膜を刺激すると鼻水が出やすくなりますし、
    空気の乾燥は鼻詰まりの原因になります。
    加湿器を使ったり、室内に洗濯物やぬれタオルを干して乾燥を防いでください。
    出典 :KID'Sサイトバックナンバー
  • 保湿クリームを塗ってあげる
    鼻の下に保湿クリームを塗ってあげたり、
    風邪や鼻づまりに効く塗り薬も薬局で手に入りますので利用してみてはどうでしょうか。
    その場合、生後何ヶ月から使用可能なのか確認して使用することをお忘れなく…。
    出典 :赤ちゃんの鼻づまり対処法|鼻づまり解消ガイド
  • 他にもお風呂に入れて鼻を暖めてあげるなどあります。
    鼻づまりは上記などをみると
    保湿が大切だということがわかります。
    特に冬は気をつけてあげるようにしましょう。

  • 解消法

  •  

    もし鼻づまりになってしまったら
    かわいそうですよね。
    早く治してあげるためにも
    解消法を知っておきましょう!

  • 鼻水はやわらかなティッシュやガーゼなどを使ってこまめに拭いてあげましょう。
    鼻づまりは鼻を温めてあげることにより鼻水が出やすくなります。
    蒸しタオルを鼻に当てるなどして温めます。
    このときタオルが熱くなりすぎないようにしましょう。
    出典 :赤ちゃんの鼻づまりの原因
     

    何回も拭いていると鼻の下が赤くなったり、
    かさかさしてくるのでクリームやベビーオイルなど使って対処してあげましょう。

  • 赤ちゃんの鼻水を取る
    鼻水吸い器 を使うと鼻水がきれいに吸い取れます。
    鼻の穴の入り口に当てやさしく吸いましょう。
    思いっきり吸うと鼻を傷つけてしまいます。
    また、やりすぎるとかえって刺激になるので気をつけましょう。
    出典 :赤ちゃんの鼻水・鼻づまり
  • 鼻くそは、お風呂上がりに取り除いてください。
    お風呂の湯気で鼻くそが軟らかくなり出やすくなります。
    鼻の穴の手前に見えているものだけを綿棒でやさしく取り除き、
    あまり奥まで綿棒を入れないようにしましょう。
    かえって鼻くそを鼻の奥へ押し込んでしまうことになります。
    出典 :KID'Sサイトバックナンバー
  • また、お風呂で暖まると血行がよくなり、鼻の粘膜のむくみが取れて鼻が通りやすくなります。
    出典 :KID'Sサイトバックナンバー
  • 鼻水がでたり、鼻がつまったりすると、
    口呼吸になるので口の中が乾燥します。
    唾液の量が減り、飲み込みにくくなるので、
    水分が多いものを食べさせるといいですよ。
    出典 :KID'Sサイトバックナンバー
  • 小児科へ受診  結論:精神的に楽になった
    事前に「新生児の待合時の対応」や「一か月検診用の時間帯」を調べました。
    感染症が怖いので、一か月検診用の時間帯がある病院へ、
    一か月検診の時間帯終了の直後に受付できるよう向かいました。
    出典 :自己流!?♪赤ちゃん・新生児の鼻詰まり解消方法♪|ぐーたら育児日記(´・ω・`)
  • 診療での先生からの説明は。。。
    熱がなく、体重も増えてる(=しっかり授乳できてる)ので今のところは様子見としたほうがよい。
    可能性は二つ。①新生児にはよくある鼻詰まりか②風邪か。。あきらかに苦しそうに泣きやまなかったり、
    体重も減ってるとか熱もあるとかなら鼻づまり用のお薬を出すけど、
    そうではないし、このお薬による副作用の方がむしろ心配。
    出典 :自己流!?♪赤ちゃん・新生児の鼻詰まり解消方法♪|ぐーたら育児日記(´・ω・`)
     

    ここで熱があったり、体重が減っている、
    ぐったりしているなどがあった場合は早期発見につながり
    赤ちゃんも苦しい時間が短くなるのでおすすめです。
    もし上記のように異常がない場合は耳鼻科にいきましょう。

  • 耳鼻科   結論:奥の溶けてる鼻水がとれた
    結局、小児科では吸引してもらえなかったので、耳鼻科に行くことにしました・・・
    耳鼻科も小児科ほどではないけど感染症に気をつける必要があります!!
    やはり事前に連絡をして新生児である&近所在住と伝え、
    保険証を持って受付した後は待ち時間の間自宅待機させてもらいました
    出典 :自己流!?♪赤ちゃん・新生児の鼻詰まり解消方法♪|ぐーたら育児日記(´・ω・`)
  • できる病院とできない病院があると思うので調べた方がいいです
    おかげで感染のリスクも低く診察にこぎつけました!
    吸引機をあてられたかじゅー・・・ずぼっっと奥の鼻水が取れました
    出典 :自己流!?♪赤ちゃん・新生児の鼻詰まり解消方法♪|ぐーたら育児日記(´・ω・`)
     

    赤ちゃんも鼻づまりの場合耳鼻科が有効みたいです。

  • 予防することがまず大切ですが、
    気になることがあればやはり病院に行くことが
    自分にも赤ちゃんにも安心です。
    何か異常があればすぐに病院へ受診しましょう。