秋が旬!秋の魚を美味しく食べる方法とは

今が旬!秋にこそ美味しい魚を更に美味しく食べる方法をご紹介いたします。

view345

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 今が旬!秋に美味しい魚をご紹介

  • サンマ

  • ビタミンA、ビタミンB12が豊富。
    血合肉に多く含まれる。
    ビタミンB12は他の魚の3倍と多く、貧血に効果がある。
    ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にする。

    日本の秋の味覚の代表ともいえるさんま。冬の産卵期を間近にひかえた秋のさんまは脂肪が魚体の20パーセントにも上昇します。さんまは栄養価の面でも充実していて、たとえば牛肉に比べ、タンパク質は同量、カルシウムは4倍、ビタミン類は12倍です。脂肪にもEPA(エイコサペンタエン酸)という不飽和脂肪酸がたっぷり含まれています。
    出典 :旬の魚
     

    脂の乗って美味しいサンマは、勿論秋の味覚の代名詞!

  • サケにはタンパク質や脂質が多く含まれ、ビタミンB1やナイアシンも多い。
    焼き物からフライ、鍋物、かす汁など広範囲に利用できる。
    マスと鮭は混用されることが多いが、日本では陸封型の鮭をマスと呼ぶ。
    ニジマスをはじめ、マス類は塩焼きやフライ、ムニエルなどに向く。
    出典 :旬の魚
     

    鮭が美味しいのもこの季節。比較的お安く手に入るのも嬉しいですね。

  • サバ

  • 旬は秋、秋サバはコサバのことである。
    コサバは年中味は大して変わらないので、この時期はマサバを味わいたい。
    血合肉には鉄やビタミンBがたっぷり含まれ、栄養価が高く。
    成人病を予防するEPA(エイコサペンタエン酸)を多く含む。
    出典 :旬の魚
     

    脂の乗ったサバは非常に美味。肉厚なので刺し身からフライ、焼き魚と色んな料理で活躍してくれます。

  • 美味しく食べよう!秋レシピ

  • かんたん鮭のホイル焼き2人分

    生サーモン   2切れ
    玉ねぎ      1/4個
    しめじ      1/3袋
    えのき      1/3袋
    バター       適宜
    塩、胡椒      適宜

    1.玉ねぎは3mm幅くらいの薄切りにしておく。しめじは、ほぐして、えのきも長さを1/2にカットし、ほぐしておく。サーモンは、塩、胡椒しておく。
    2.アルミホイルを長めに切り、中央のサーモンをのせるべきところにバターを塗る。そこに玉ねぎを敷き、サーモンをのせ、サーモンの上にキノコをのせる。
    3.2の上にバターをひとかけら(約10g)を落とし、アルミホイルでくるんでトースターで12~15分サーモンに火が通るまでしっかり焼く。
    出典 :鮭のホイル焼き : 作ってあげたい彼ごはん
     

    簡単に出来るホイル焼きは、魚の旨みを余さず食べるオススメの方法。たくさん野菜を入れることで、栄養バランスも整います。

  • サバの味噌煮
    材料
    サバ:一尾
    日本酒:200cc
    赤味噌:大さじ3
    キビ砂糖大さじ2
    ショウガ:ひとかけ
    長ネギ(薬味):適宜

    テフロン加工のフライパンに日本酒200ccを入れて火にかけ、沸騰させてアルコール分を飛ばします。
    アルコール分が飛んだら火を弱火にし、赤味噌大さじ3ときび砂糖大さじ2を入れてよく溶かします。
    火を中火にし、薄切りにしたショウガとサバを入れます。
    煮立ったら火を弱めてふたをし、そのまま6~7分ほど煮ます。
    分ほど経ったら、フタを取り、スプーンで煮汁をサバの上からかけながら、さらに3~4分煮ます。
    出典 :3/3 簡単!フライパンで作る鯖の味噌煮レシピ [男の料理] All About
     

    フライパンでいつでも出来るサバの味噌煮。味が染みこむので美味しく頂けます。

  • サンマの塩焼き
    秋刀魚(サンマ)を焼くときは、強火で焼きます。ただ遠火が難しいグリルが多いので、その場合表面だけが焦げてしまいます。なので必ず秋刀魚に十字の切れ目を入れて、火が通りやすい良いにしておきましょう。

    また何度も繰り返さずに、裏表を5分ずつ焼きましょう。後はグリルによって火力も違うので様子を見ながらチェックです。
    出典 :ちょっとした工夫でおいしくなる秋刀魚(サンマ)の塩焼き方法 7つの手順 - NAVER まとめ
     

    サンマの塩焼きにもたくさんのコツやレシピがあります。シンプルな料理だけに奥深く、色んな楽しみ方を見つけてみましょう。