花粉飛散の季節です!赤ちゃんの花粉症に気をつけて

最近では小さな赤ちゃんでも花粉症を発症するのだそうです。
その影響や治療法、予防法、対策法などをまとめました。

view264

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんも花粉症を発症します

     

    何歳くらいから発症するのでしょうか?

  • ちょっと前までは「赤ちゃんには花粉症はない」「5〜6才にならないと花粉症は発症しない」と言われていましたが、最近では1才代でも花粉症になる赤ちゃんが出てきました。0才代ではさすがに少ないのですが、花粉をあびるのが二回目になる1才代になると症状が出始める子がいます。
    出典 :花粉症(3) - gooベビー
     

    最近では1才代の赤ちゃんに花粉症の症状がでる場合もあるようで、早い段階から注意が必要になっています。

  • 花粉症は遺伝するの?

     

    親が花粉症の場合、子供にも遺伝するのでしょうか?

  • 「アレルギー症状を起こしやすい体質」は遺伝しやすいのですが、原因物質や症状まで同じであるとは限りません。花粉症に限らず、家族にアレルギー体質のかたがいらっしゃる場合は積極的に予防策を実践していくといいでしょう。また、お子さま本人に既に食べ物のアレルギーやぜんそくがある場合も、花粉症発症のリスクは高くなりますので、予防を心がけるとよいでしょう。
    出典 :トピックス 花粉症【子どもの病気トラブル】ベネッセ子育てインフォ|赤ちゃんや子供の成長
     

    やはり「アレルギー体質」は遺伝しやすいのですね。
    ご自身にアレルギー症状の出る方は、そのことを頭に入れて、赤ちゃんに対処されたほうが良いようです。

  • もし発症したら、どのような治療をするの?

  • もし発症したら、どのような治療を行うの?

     

    「赤ちゃんが花粉症になった場合、基本的に大人と同じように症状を抑える抗アレルギーの点鼻薬、点眼薬などを使って治療します。赤ちゃんにいきなりステロイドのような強い薬を使うことはありませんし、抗アレルギー薬も赤ちゃんにも使える弱いものを選ぶので、副作用などを心配する必要はありません。」


    引用:gooべビーより
    http://baby.goo.ne.jp/member/topics_back/topics10/sho24/3.html

  • どのような対策法があるのでしょう?

  •  

    「赤ちゃんや小さな子の場合、通学・通勤など絶対外に出なければならない用事があるわけではないので、花粉の飛散量が多い日は外に出かけない、など生活に注意することでかなりラクに過ごすことができると思います。」

    引用:gooべビー より
    http://baby.goo.ne.jp/member/topics_back/topics10/sho24/3.html

  • 花粉がつきやすい、服の生地があるんです。

    なんだと思います?

    ウールやフリースなんです。

    他にも、レザーやファーもそうなんですが、
    はたいても取れにくいうえに、
    ウールやフリースは、生地の中まで潜りこんでしまって、
    なかなか取れなくなることも!!Σ(´□`ノ)ノ

    はたくと、すぐに花粉が落ちる生地は、
    庶民派の味方、デニム、ナイロン、ポリエステル。
    出典 :赤ちゃんの花粉症を予防するには?最も効果のある方法はこれ! | 大人の歩き方
  • ニットやフリースは要注意!

     

    花粉が生地の中に入って取れなくなる!
    これは避けたいですね。
    花粉の季節は、パンパンと軽くはたいただけで花粉が落とせる生地のものを選びましょう。

  • 外出のときは、つばのついた帽子をかぶる
    上から降ってくる花粉が顔にかからないようにガードします。可能ならマスクと帽子の着用が望ましいですが、マスクをいやがるお子さまも多いので、せめて帽子の着用は習慣にしましょう。
    出典 :トピックス 花粉症【子どもの病気トラブル】ベネッセ子育てインフォ|赤ちゃんや子供の成長
     

    つばのついた帽子をかぶって花粉をガード。
    小さい赤ちゃんにマスクは大変なので、せめて帽子だけはかぶせてあげたいですね。

  • 洗濯物は室内干しを

     

    洗濯物を屋外に干すのは控えた方が良いようです。
    乾燥機を使うか、室内干しにして花粉を寄せ付けないようにしましょう。

  • 他にも、下記のような提案をされているお医者様もいらっしゃるようです。

  • 花粉症の薬を研究している、理研横浜研究所の、
    谷口克センター長が、
    花粉症にならないための9カ条を提案しています。

    1.生後早期にBCGを接種させる
    2.幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる
    3.小児期にはなるべく抗生物質を使わない
    4.早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす
    5.適度に不衛生な環境を維持する
    6.猫、犬を家の中で飼育する
    7.狭い家で、子だくさんの状態で育てる
    8.農家で育てる
    9.手や顔を洗う回数を少なくする

    BCGは、アレルギーの予防にもなるらしいですね。
    知りませんでした!

    全体的に言えるのは、
    清潔にしすぎないことのようです。

    少し、周りに細菌がある状態にして、
    体を慣らすのが、花粉症予防にもなるようですね。
    出典 :赤ちゃんの花粉症を予防するには?最も効果のある方法はこれ! | 大人の歩き方
  • 清潔にしすぎない。
    敏感になりすぎないように生活することで、
    花粉症になるリスクを減らすという考え方です。

    赤ちゃんの体質に合った花粉対策をとって、この季節を乗り切りましょう!