さらさらモテへアーになる方法☆(トリートメント編)

女の子にとって大切なサラサラ髪の毛☆
綺麗なサラツヤヘアーを保ちたいですよね!
ここではトリートメント編をまとめてみました!

  • yumi 更新日:2014/01/04

view210

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • トリートメントの種類

  • メーカーによって考え方が違います。大まかに分けて3種
    ・油分(オイル)を豊富に加えリンスとの兼用タイプ
    (市販の安価な物に多い、すぐ流せる)
    ・髪自体をコーテイングして艶や手触り重視タイプ
    (マニュキア効果等と表示がある)
    ・アミノ酸やタンパク質を補給するダメージケアタイプ
    (比較的値段も高い、プロ使用がこのタイプ)
    に分けられます。その他使用方法も様々になっています。すぐ洗い流せるタイプやドライヤーの熱を利用するヒート混入タイプ、時間を置き浸透されるタイプなどがあります他には、洗い流さないタイプのリキッド系のタイプ等も最近市販されていますね。知ってる限りでも100種類以上は出てると思われるトリートメント、どのタイプが良いのかは実際髪を診断しなくてはなんとも言えません。
    出典 :自宅で出来る、正しい髪のトリートメント術 [ヘアスタイル・髪型] All About
     

    種類など考えたことがなかったです。たくさんあるんですね。

  • トリートメント方法

  • 【正しいトリートメントのやり方】
    ■1.シャンプーを流し終わったら、毛先から中間までを軽くタオルドライしてください。手でしっかり水を切るくらいだと、髪に水分が多く残りトリートメントの有効成分が水で薄まってしまいます。しっかりタオルドライする必要まではないので、手で水を切るよりも水分を減らすようなイメージでタオルドライしてください。


    ■2.トリートメントの付け方は、毛先を中心に髪の中間部分まで塗布してください。このとき決して、髪全体には付ける必要はありません。なぜなら、ダメージは必ず毛先に一番あります。毛先から始まりだんだん上に進行していくのです。中間部分までというのは、髪をすきバサミ等で、すいているため、中間にも傷んだ毛先が隠れているからです。髪が根元から傷んだり、根元からすかれている(ベリーショート以外)人は、まずいませんよね。しっかり見極めて必要な部分に必要なだけ塗布します。


    ■3.トリートメントをつけたら秘密兵器の登場です。シャワーキャップをかぶります。かぶると良い。という事までは知ってる方が沢山います。しかし、なぜかぶると良い。のかを知っている人は少なく、なぜなのか?を知って置くことが非常に大切です!髪の表面にはキューティクルというものがあります。魚のウロコもようなもので髪1本1本の表面にあります。これには面白い性質があり、温められると通常閉じていたキューティクルが開きます。開く事により常温のときよりも、トリートメントの有効成分が、短時間で髪の内部に浸透していきます。さらに、シャワごーキャップの保温性、お風呂場の高い室温、頭皮の熱を利用して髪を蒸すわけです。十分内部に浸透させるためには最低10分~15分は時間を置いてください。『そんなに置くの!』と思ったそこのあなた。決して毎日しろとはいいません。2日に一回、3日に一回、週一回などご自分のライフスタイルに合わせて出来る範囲で構いません。ただ、ケアするときは必ずしっかり時間を置いて確実なケアを行なってください。
    出典 :美人髪育成ヘアケア③【正しいトリートメントのやり方】|美人髪育成プロジェクト。あなたの髪を10歳若返らせます!!
     

    シャワーキャップ、何年か前にはやった気がします(笑)

  • リンスを、シャンプーと同量ほど手に取り両手に軽く伸ばします。
    リンスを伸ばしたら、両手で髪を包み、リンスを毛先から揉み込むようにつけます。リンスは髪表面を補う目的の物なので地肌にはつけないように注意しましょう。
    毛先になじませたら真ん中から全体へと馴染ませていきます。
    頭頂部から洗い流すまずは頭頂部から髪全体にお湯を流し、髪の真ん中は手串を使いながら洗い流しましょう。リンスを残さないようにしっかり全体的に流します。
    しっかりと水気を切る流し終わったら、髪をポンポンと軽く叩くような感じで、水気をふきとり、地肌を中心にタオルドライしましょう。髪同士をこすりあわせると、キューティクルがこすれあい傷みのやすいので、なるべく避けましょう。
    出典 :ヘアケアの基本|ヘアケアの方法
     

    ケア剤をつけるのは、毛先から!

  • 1.シャンプー後、髪の水気を軽くしぼります。

    2.洗面器にいつも使う量の1.5倍程度のトリートメントを入れ、ローズマリーオイルを2~3滴たらしてよく混ぜます。


    3.頭皮につかないようにしながら、毛先までしっかり塗布します。よく馴染むように、丁寧に揉み込みます。


    4.ラップで頭全体を巻きます。髪の長い方は、ゆるめにゴムでまとめてからで結構です。


    5.さらにホットタオルで頭全体を巻き、シャワーキャップをかぶります。


    6.10分以上おいてから、ぬるま湯で軽くすすいでください。


    7.しっかり水気を絞り、丁寧にタオルオフしてからドライヤーで乾かします。


    8.仕上げにローズマリーオイルを2~3滴手に取り、掌でよく伸ばしてから毛先を中心によく揉み込んでください。
    出典 :自宅で簡単にできる! サロン仕上がりのヘアートリートメント方法 : ライフハッカー[日本版]
     

    ホットタオルを入れることで、スチーム効果がアップするそうです

  • 1.シャンプー後、髪の水気を軽くしぼります。

    2.洗面器にいつも使う量の1.5倍程度のトリートメントを入れ、ローズマリーオイルを2~3滴たらしてよく混ぜます。


    3.頭皮につかないようにしながら、毛先までしっかり塗布します。よく馴染むように、丁寧に揉み込みます。


    4.ラップで頭全体を巻きます。髪の長い方は、ゆるめにゴムでまとめてからで結構です。


    5.さらにホットタオルで頭全体を巻き、シャワーキャップをかぶります。


    6.10分以上おいてから、ぬるま湯で軽くすすいでください。


    7.しっかり水気を絞り、丁寧にタオルオフしてからドライヤーで乾かします。


    8.仕上げにローズマリーオイルを2~3滴手に取り、掌でよく伸ばしてから毛先を中心によく揉み込んでください。
    出典 :自宅で簡単にできる! サロン仕上がりのヘアートリートメント方法 : ライフハッカー[日本版]
     

    ホットタオルを入れることで、スチーム効果がアップするそうです

  • リンス・トリートメントの機能

  • ・リンス・コンディショナーの機能
    リンス・コンディショナーは、主に髪の表面に保護膜を作って、髪のすべりをよくし、髪のパサつきを防いだりするもの。髪のすべりをよくすることで、髪の流れを整えやすくなり、キューティクルの傷みも防げます。
    最近では、髪の内部に浸透し、髪の傷みを補修するトリートメント機能を併せ持つタイプもあります。

    ・トリートメントの機能
    トリートメントは、髪の内部に成分を浸透させて、髪の状態を整えるもの。髪の傷みをケア・補修したり、髪の質感をコントロールするものなどがあります。
    家庭向けのトリートメントは、リンス・コンディショナーの機能を併せ持つタイプがほとんどです。

    しかし、リンス・コンディショナー・トリートメントの定義やおすすめの使用方法は、メーカー間で統一されているわけではありません。製品に表示されている使用方法を確かめてください。
    出典 :花王株式会社 ヘアケアサイト 髪と地肌の上手なお手入れ方法 ヘアケア製品の選び方
     

    外と中のケア、全く違うものだったんですね。

  • 毎日のトリートメントで髪の傷みを修復

  • 髪の毛の傷み(ダメージ)を修復するには、なんといってもトリートメントが効果的です。シャンプーで汚れをしっかり落とした後はトリートメントで保湿してあげましょう。

    トリートメントは髪の毛への潤い補給が目的です。髪の毛だけに塗布してあげましょう。地肌にトリートメント剤がつかないよう気をつけて。トリートメント剤が地肌についてしまうと、ニキビや吹き出物の原因になることもあります。

    トリートメント剤にはインバス用のトリートメント剤とアウトバス用のトリートメント剤があります。インバス用は洗い流すトリートメント、アウトバス用は洗い流さないトリートメントです。洗い流さないトリートメントはドライヤーの熱から髪を守ります。また、静電気防止に役立つようです
    出典 :モテ髪になる!髪の毛さらさら手入れ法
     

    かゆみやニキビの原因はトリートメントだったんですね。

  • トリートメント替わりに・・


  • オリーブオイルを大さじ1杯くらい手に取り、両手によく馴染ませます。そして、手ぐしを通すように、前髪からえりあしまで頭皮にオリーブオイルをつけます。気持ちがいい程度の力で、全体的に頭皮をマッサージしましょう。

    髪が長い人はさらにオリーブオイルを足して、毛先に丁寧に塗り込みましょう。髪を少し引っ張るようにマッサージしたり、こめかみをぎゅっと押すと気持ちがいいです。

    蒸しタオルで頭を包みます。髪の毛がはみ出ないように包みましょう。レンジから出したばかりのタオルはかなり高温なので、ヤケドしないように注意してください。タオルの上からシャンプーキャップを装着し、浴槽で温まります。よく温まったら、シャンプーで洗い流しましょう。シャンプーは必ず2回洗いしてください。あとは普通にトリートメントをして洗髪完了。優しくドライヤーで乾かしましょう。
    出典 :ハウコレ
     

    オリーブオイルという発想は聞いたことがなかったです