【かんたん】自律神経を整える方法

自律神経が乱れてしまうとホルモンバランスが崩れたり、代謝が悪くなったり、イライラしやすくなったりします。
日常でできる簡単な方法を紹介します。最近不調な人や自律神経が乱れていると思う人は、ぜひ試してみて下さい。

  • osugi 更新日:2014/02/15

view336

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日常で簡単に自律神経を鍛える方法

  • 朝起きたら、まず太陽の光を

     

    交感神経のスイッチが入りやすくなります。一方、夜は「暗い」が原則。

  • きちんと食事をとる

     

    朝、昼、晩の3回の食事をとることで、体内にリズムが生まれます。自律神経を整えるためには、一定のリズムのある習慣が大切なのです。

    朝なかなかしっかり食事をとれないという方は、とにかく固体のものを食べるように心がけましょう。

  • 食事をするときによく噛む

     

    栄養の効果的な摂取や消化の手助けだけでなく、自律神経を整えるのにも効果があります。チーズなどの乳製品や豆類、肉類などをしっかり摂ることも大事です。

  • 爪もみ

     

    ①小指の爪の生え際の角を、反対側の手の親指と人差し指で両側からつまんでもむ
    ②両手の親指、人差し指、中指、小指を10秒ずつ少し痛いと感じるくらい刺激する
    ③1日に2・3回行う。やりすぎは厳禁

    ※1日に何回も爪もみをしたり、強い刺激をあたえたり、全部の指を爪もみしたりといったことは厳禁です。

  • 動植物と触れ合う

     

    ペットと遊ぶ、ベランダで花や野菜を育てる、あるいは公園などに出かけて野鳥観察をしてみる…。動植物との触れ合いは、カリカリした気持ちを鎮め、穏やかなリラックスモードへと導いてくれます。

  • 歩く

     

    理想は30分。最低5分からでもOKです。特に朝の時間帯がおすすめです。

  • 自分が落ち着く場所・気持ちの良い場所をみつける

     

    「ここに来ると気持ちが落ち着く」という場所はありますか?神社、仏閣、公園、カフェ、図書館。どんな場所でもOK。副交感神経が元気になれる場所を見つけましょう。

  • ゆっくりお風呂に入る

     

    お風呂の灯を消して、アロマや香を楽しむのも◎
    38度から40度ぐらいの少しぬるめのお風呂に20分から30分かけてゆっくりとつかります。

  • 人とのおしゃべり コミュニケーション

     

    普段の生活では、仕事絡みだったり、利害関係にある人との会話だったりして、気を遣うコミュニケーションが意外に多いもの。だからこそ、友人や家族など素の自分を出せる相手とのおしゃべりを楽しみましょう。もちろん、笑うことも大事!

  • ヨガ

     

    ヨガを行っている方はご存知のとおり、ヨガには自律神経を整える効果があります。夜しかヨガをやらないという方は、ぜひ朝にも行ってみてください。朝に自律神経を整えると、すっきりと一日をスタートでき、その良い状態が一日中続きます。

  • 自宅で簡単にできるヨガポーズ

  • 太陽礼拝の方法 やり方 コツ ヨガ yoga 動画 - YouTube

  • ネスレ 簡単1分ヨガ ネコの背伸びのポーズ - YouTube

  • ネスレ 簡単1分ヨガ やさしい魚のポーズ - YouTube