今日も疲れた・・・あなたのその疲れ・だるさについて

いつも疲れていてしんどい。何をしていても疲れている。全身がだるい。力が出ない。朝から疲れている。
そんなあなたを悩ませる疲れとケア方法についてまとめました。

view173

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    あーーー・・・
    つかれたーーー・・・

  • 「疲れ」には2種類ある

  • ・体の疲れ・・・夜がピーク。乳酸がたまる。疲労感・倦怠感を感じる。
            運動すると疲れがひどくなる。
            休むと回復する。
            通常、数日間で回復。




  • ・心の疲れ・・・朝がピーク。ストレスや体の疲れからくる。心の疲れは原因が分かりにくいので注意が必要!
            軽い運動で疲労感が軽くなる。
            休んでもあまり回復しない。
            慢性化しやすい。〈うつ病になることも〉

  • 体の疲れも心の疲れも、不規則な生活や体を酷使する生活を続けていては解消される機会がなく、日常的なだるさや倦怠感となって現れる。
    体に必要な栄養がとれていないことも、だるさを招き疲れが回復しない大きな原因になる。ダイエットで食事制限をしたり偏った食生活でエネルギーを作り出す栄養が不足していることが多い。
    しかも、最近の野菜は30~40年前に比べて栄養価が3分の1ほどしかないとも言われていて、普通に食事をしていても思っているほど栄養がとれていないことがある。

  • たいして体を動かしていないのにだるいと感じるのは、仕事や人間関係などのストレスからくる精神的な疲労が体の疲れとなって表れていると考えられる。
    だるさや倦怠感は「休んでほしい」という体からのサイン。
    だるさを伴う病気は、風邪をはじめ貧血、ホルモンバランスの乱れ、肝炎、心身病など様々。
    がんばりすぎてしまう人は要注意!あまりにもだるさが続くときは甘くみずに病院へ行きましょう。

  • 心の疲れ。ストレスのサインをチェック

  • □イライラする・気分が落ちる
    □怒りっぽくなった
    □仕事に集中できない
    □口数が減った
    □記憶力の低下
    □首や肩がこる・頭痛がする
    □食欲減退・又は過食
    □眠りすぎる・または不眠
    □お酒の量が増えた
    □体がだるい・疲れやすい
    □便秘・又は下痢

     ひとつでも当てはまればストレスのサイン

  • ストレスの種類

  • ①物理的・化学的ストレス
     騒音・温度・湿度・けが・大気汚染など

  • ②生理的ストレス
     過労・睡眠不足・栄養不足・ウイルス・細菌感染など

  • ③心理的・社会的ストレス
     人間関係・欲求不満・不安・心配・緊張・怒り・失望など

  • 疲れを感じた時のケア方法

  • ・生活リズムを整えて、睡眠をしっかりとる。
    ・食事は3食きっちりとる。
    ・好きなことをしたり、ほっと落ち着ける趣味の時間を持ち、精神的な疲れを回復させる。
    ・体を冷やさない。(血行が悪く代謝が落ちていると疲れが回復しない。)
    ・ストレッチやウォーキングなどで適度に体を動かし、血行を良くすると、筋肉の緊張がほぐれて心もリフレッシュできる。質の良い睡眠にもつながる。

  • ・魚や卵、大豆製品などでタンパク質を、緑黄色野菜でビタミンやミネラルをとる。
     〈ビタミンB1〉糖質をエネルギーに変える。乳酸を減少させる。
     〈ビタミンC〉免疫力を高める。ストレスを感じるとビタミンCを消費してしまうので、ストレスの多い人は特に必要。
     〈ビタミンE〉抗酸化作用があり、血液の流れを改善する。ビタミンCと一緒にとるとよい。
    ・ゆっくりと入浴する。
    ・アロマテラピー
    ・よく笑う。

  • 漢方を試す。
     〈補中益気湯〉虚弱体質・疲労倦怠・食欲不振に。
     〈八味地黄丸料〉精力減退・尿が多い、または少なく体が冷える人。
     〈当帰芍薬散〉めまい・頭痛・肩こり・むくみ・しみ