炭水化物ダイエットと体臭の意外なカンケイ

炭水化物ダイエットと体臭が関係してるって・・・
アナタは知ってますか?

あれ?クンクン・・・もしかしてアナタも臭ってる?
それも、もしかしたら炭水化物ダイエットのせいじゃ?

view1185

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは「低炭水化物ダイエット」について

  • 体にも負担が少ないと言われているダイエット法

     

    この低炭水化物ダイエットは、アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット法です。普段の食事の中で炭水化物の摂取量を制限していくことによって、体内の血糖値数をコントロールすることで、体質改善を行いながら無理なくダイエットを行うことなのです。食事から炭水化物の摂取量を抑えることで、血糖値などのコントロールを行っていき、食ながら痩せることができるダイエットで比較的即効性があります。

    引用)http://www.gentlemanjim5944.net/

  • 血糖値をコントロールするんですね。でも、ご飯が主食の日本人にはちょっと難しそう(苦笑)

  • それは「ダイエット臭」といいます。

  • ケトン臭

  •  

    ダイエット中、低炭水化物や低糖質ダイエットをすると、足りない糖分を筋肉や肝臓に蓄えたエネルギーから糖分を作ります。その次に脂肪を分解して補おうとするのですが、その時にケトン体が発生し、それが元でケトン臭が発せられます。ケトン体が血液の中で増加するとは、口、汗、尿とケトン臭が発せられ、最後はカラダ全体がツーンと臭うようになってしまうのです。

    引用)http://bihada-mania.jp/blog/12638

  • うわ~最後は体全体から「ツーン」とした臭いって・・・いやすぎる!

  • 「ダイエット臭」=「ダイエット方法が間違っていることの証明」

     

    「ダイエット臭」がするということは、実践しているダイエット方法が間違っているということの証明でもあります。 代謝機能が正常に保たれていれば「ダイエット臭」は生じないわけですから、ダイエットの過程で気付く臭いは「あなたの代謝が機能していません!」「ダイエットは間違っています!」という危険信号でもあるのです。しかし、臭いの原因がまさかダイエットにあるとは思わずに、痩せたいあまりに今までのダイエット法を続けてしまうと、最終的には自律神経系やホルモン系が乱れ、疲労感、生理不順、めまい、しびれ等の体の異常をもたらしてしまいます。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/381341/2/

  • 「ケトン体」は、「飢餓臭」よも呼ばれ、強烈な臭いを発する元になるそうです。臭いがするまでに“体に合っている”ダイエットなのかどうか・・・ちゃんと判断できないとダメってことですね。

  • もう一つの臭いの元・・・「乳酸」

  •  

    ダイエットによる基礎代謝の低下が続くと、熱を生み出しにくくなるだけでなく、体の血行が悪くなります。代謝効率の悪い状態で糖新生が行われると、疲労物質である「乳酸」というものが発生します。「乳酸」はアンモニアと一緒に汗の中に出る性質があり、汗をかいた時にアンモニア臭さが強くなります。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/381341/2/

  • 乳酸って体に溜まってるだけじゃないんですね~ちょっと・・・臭そうです・・・。

  • ダイエットの過程でのニオイは、「あなたの代謝がうまくいっていませんよ」という危険信号であるのです。その警告を無視してダイエットを続けると、最終的には自律神経系やホルモン系が乱れて、疲労感、生理不順、めまい、しびれ、冷え、等の体の異常をもたらすのです。通常ダイエット臭は正しいダイエットに戻せば、比較的早期になくなるものですが、この状態になると、ダイエットを止め、体重が元に戻っても、ダイエット臭だけがずっと残ることもありますので注意が必要です。
    出典 :ダイエット臭のメカニズム
     

    自分でも、間違ったダイエットで出てる臭いだと気づきにくいそうです。そして、そのまま続けると、臭いだけが出続ける?・・・こ・・・こわいです。

  • 体に合わない、無理なダイエットはしない!
    もし、ダイエット臭かな?と思ったら、
    食事制限を止めて違うダイエット方法を選ぶなどしましょうね♪
    代謝は大事です!