見えないけど恥ずかしい! デリケートゾーンの黒ずみ対処法

普段人に見られることはないけど、いざ!という時に気になるデリケートゾーン。
彼氏や旦那さんも気にしているかも・・・?

view930

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • デリケートゾーンに関するトラブルは、なかなか人に相談できないものですが、実際に悩んでいる方が沢山いらっしゃいます。中でも多いお悩みが、デリケートゾーンの黒ずみです。他人とは比較しづらい場所ですし、自分の黒ずみを目にすると、イヤな気分になってしまいますよね。
    出典 :デリケートゾーンの黒ずみを改善するには | スキンケア大学
  • 黒ずみの原因

  • デリケートゾーンの黒ずみで、お悩みの女性が多いかと思いますが、乳首の黒ずみ同様、色が黒ずんでたりすると



    「 遊んでいるから、経験豊富だから黒い 」



    などという噂は、単なる俗説だという事は、みなさんは、わかりきっていると思います
    出典 :デリケートゾーン 色素沈着
     

    そう思っている人も意外と多いのかも・・・?

  • そもそも、デリケートゾーンはお肌が薄くてトラブルを起こしやすいため、色素沈着を起こしやすい部位です。人種や肌質によって黒ずみやすい方もいらっしゃいます。日々のケアである程度は解消できても、透き通るように白い肌とまではいきません。あまり神経質になりすぎず、のんびりとケアしていきましょう。
    出典 :デリケートゾーンの黒ずみを改善するには | スキンケア大学
     

    即効性があるケアはない!

  • デリケートゾーンの黒ずみ、色素沈着は、下着などの摩擦や刺激によるナイロン性色素沈着、ムダ毛処理による炎症性色素沈着の場合と陰部そのものの黒ずみになるかと思います。



    陰部、そのものの場合、本来、自分がもっている自然な色(色素)以上に色を薄くするとか、ピンクにする事は、非常に難しいことです。極端に言えば皮膚の色を変える事と同じです。また、意外に多いのが下着の締め付け、摩擦などが原因でビキニラインが黒ずみになってしまう場合です。
    出典 :デリケートゾーン 色素沈着
  •  

    これは、ナイロン性 色素沈着と言って、皮膚より硬いナイロン生地(合成繊維)が、摩擦で皮膚を刺激され、その刺激から皮膚を守ろうとして角質が厚くなったり、メラニン生成が過剰になってしまい、その結果、皮膚が黒ずんでくると言われています。

    引用)
    http://melanin-care.com/entry19.html

  • デリケートゾーンの脱毛(剃る、抜く)は、腕、足などに比べ皮膚がとてもデリケートなので、炎症を起こしやすいです。炎症すると修復する為、皮膚が徐々に厚くなってき、その結果、黒ずんできたりします。短期間で脱毛を繰り返すと皮膚が修復する間もなく慢性化してしまい、いつまでたっても黒ずんだままになってしまうのです。
    出典 :デリケートゾーン 色素沈着
  • 下着による黒ずみの対策

  • まず、簡単にできるのが、日々の刺激をできる限り軽減することです。デリケートゾーンは入浴時を除けば、24時間ずっと下着や衣類による刺激を受けています。そのため、自分に合った下着のサイズや形状、そして素材を見直してみることは大切です。サイズがきつく、締め付けの強い形のものでは、強く当たるところが黒ずんできてしまいます。
    出典 :デリケートゾーンの黒ずみを改善するには | スキンケア大学
  • ナイロン生地(合成繊維)の下着から綿生地の下着に替えるのが好ましいですが、好みもあるので、簡単にはいかないと思います。綿混の生地の下着を選んだりナイロン生地の下着を履く日を減らす、寝るときは綿生地の下着を履くなどして摩擦による刺激を軽減する事が大事です。
    出典 :デリケートゾーン 色素沈着
  •  

    また、下着の淵の部分は股に食い込むように当たり、最も摩擦する場所なので、ボクサータイプのショーツを履くのが大変に効果的です。ボクサータイプならハイレグタイプのショーツを違い、下着の淵が股に当たる事はありませんので、摩擦による刺激を防ぐことができます。

    引用)
    http://melanin-care.com/entry19.html

  • ムダ毛処理による黒ずみ対策

  • 脱毛をしなければ、皮膚の色も元に戻ってきますが、なかなかそうはいかないと思います。脱毛する間隔をあけてみるのもいいですが、デリケートゾーンの皮膚に対して剃る、抜く行為は強い刺激になるので、デリケートゾーン専用のカッターで処理するのが皮膚に刺激を与えずに済むので好ましいです。
    出典 :デリケートゾーン 色素沈着
  • 摩擦、蒸れ、掻くなどの刺激は要注意

  • 下着の締め付け、蒸れなどで身体が痒くなり、知らず知らずに「掻いて」しまうのもNGです。特にナイロン生地などの合成繊維の下着は、通気性が悪いので蒸れやすくなります。



    なんせ爪で、同じ場所を何回も「掻く」のですから皮膚が傷つきやすく炎症の元になります。痒くなった時の為に、炎症を抑えるクリーム(ラナケインS、フェミニーナ軟膏など)を用意しておきましょう。
    出典 :デリケートゾーン 色素沈着
  • 美白クリームやクリニック

  • デリケートゾーンは解剖学的に、メラニン活性が高く、黒ずみが生じやすい部位です。市販の美白クリームなどを使用しても、お顔と違って、すぐに効果が出ません。根気よく続けると良いでしょう。

    確実な効果を出すには、美容皮膚科に相談するのもおすすめです。クリニックには、メラニンの合成を強力にブロックする、ハイドロキノンクリームやレチノイン酸クリームを処方してもらえます。また、ビキニラインや外性器周りのレーザー脱毛は、メラニンも減らしてくれるので、ムダ毛だけでなく、気になる黒ずみも解消できて一石二鳥です。
    出典 :デリケートゾーンの黒ずみを改善するには | スキンケア大学