むくみはコワイ! 気を付けないとこんな症状は病気かも?

なんだか身体がダルイ、病気かなと思ったら、こんなところにむくみが。いつのまにか腫れていて、鈍いダルさを感じさせています。こんな症状には気を付けましょう。今回は「手」のむくみです。

view982

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • むくみって何だろう?

  • 身体が疲労して、リンパ液が滞り、水分や老廃物が皮膚の下に溜まってしまうことを、むくみというそうです。手指のむくみも手袋が外せないなど、大変なことになってしまいますよね。このむくみのことについて、あれこれ考えてみましょう。

  • 手だけでなく何らかのむくみがおこり、それがなかなか解消されないときは自己判断に頼ることなく一度、病院でシッカリと検査を受けるようにしましょう。
    出典 :手のむくみの原因と解消法について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    続くむくみは放っておいてはいけません。

  • 手におこるむくみなどは、マッサージや指圧などで外部から刺激を与えるのもいいとされています。筋肉の中を走っている血管の血行をよくしていくと、老廃物や水分の排泄がよくなっていきます。
    出典 :手のむくみの原因と解消法について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    マッサージで水分・老廃物の除去!

  • 特に内臓関係に問題のないむくみには、ウォーキングやいろいろなスポーツを行うなどして十分に筋肉を動かしていくと、むくみの原因である、水分を血液が腎臓のほうへ持ち帰ってくれます。
    出典 :手のむくみの原因と解消法について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    内臓に問題がなければ適度なスポーツを!

  • また、むくみはホルモンと自律神経にもかかわっています。病院での検査で特に病気がなく内臓の働きに問題がなければ、血流やリンパ液の流れをよくするような治療かマッサージもむくみの解消に有効とされています。
    出典 :手のむくみの原因と解消法について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    ホルモン・自律神経・リンパとくれば、ゆったりした運動(散歩のような)と食事療法でしょうね。

  • 腎臓の機能や肝臓の機能の低下、甲状腺などの働きの低下、心臓病などといった病気からもむくみの症状はおこります。むくみは筋肉や腱にも起きますが、手におこるむくみは腱などが集まっているのでむくみを感じやすいようです。
    出典 :手のむくみの原因と解消法について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    さまざまな病気の原因である可能性が高いですね。こわいです。

  • 一時的に起きる手のむくみでも隠された病気があるかもしれないので、まずは内科等で検査されるとよいかもしれません。内臓関係に異常がないのであれば手のマッサージや手技などで改善していく可能性もあります。
    出典 :手のむくみの原因と解消法について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    とりあえず、お医者さんに診てもらっておけば安心ですね。

  • むくむだけでなく、手荒れも心配

     

    食器洗いをするときは、手袋を短時間使うか(ゴムにかぶれる場合あり)、
    水で素手でちゃっちゃと洗うこと。
    お湯&素手が一番手の脂を取ってしまって荒れさせる。
    その上手がむくんでたら、鈍痛になってしまう。
    洗いものはサッサと。

  • 手のむくみの原因は?

    手のむくみの原因についても、他の部位のむくみ同様、水分や塩分の取り過ぎや、そのほかにも血流障害や内臓疾患など病的な原因などが挙げられます。
    また、長時間同じ姿勢で仕事をしていると血流障害が起こり、冷え性や腰痛、肩こり、これらが最終的に手などのむくみの原因になりますが、大抵立ち仕事や、ディスクワークなどでは、足がむくみやすいですが、手のむくみの原因としては、顔のむくみもそうですが、寝ている時など横になっている時の方が手がむくみやすくなります。
    また女性の場合の手のむくみの原因を考えると、ホルモンの影響で生理前や妊娠中期から後期にかけても、むくみが出やすくなります。
    むくみは、筋肉や腱にも起きますが、手には腱などが集まっているので、特にむくみを感じやすいようです。
    一時的に起きる手のむくみでも、隠された病気があるかもしれませんので、内科等で検査されるとよいかもしれません。内臓関係に異常がないのであれば、これら手のマッサージなどで改善できます。
    また、むくみはホルモンと自律神経にもかかわっています。病院での検査で特に病気がなく内臓の働きに問題がなければ、血流やリンパ液の流れをよくするような治療かマッサージもむくみの解消に有効とされています
    出典 :手のむくみの原因
     

    血流障害も原因なんですね。

  • この手のむくみ、何とかしたい……

     

    滞ったリンパ液、マッサージだけじゃだめ。
    生活全般から見直さないと。
    規則正しい生活は守れてますか?
    栄養はきちんと摂ってる?
    忙しすぎてストレスが溜まってませんか?
    無理のない生活を心掛けないと、
    本当の病気になりますよ。
    もしかしたら内臓疾患の症状かもしれないから、
    長く続くようなら病院へ。

  • 飲みすぎた次の日、鏡をみると間違いなく、顔が腫れあがっています。ひどいです。
    夜に家に帰るとすると、足が象さんになっているのです。ブーツを脱ぐのが大変です。ちかごろ、年のせいか「むくみ」を感じることがわりと多くなってしまったです。「このままではヤバい、なんとかしなくては」と、つくづく感じてしまいますよね。

    リアルに「むくみ」とはどういう様子を指すのでしょうか。「むくみ」には症状が要因のものと短期的のものがあるのですどちらも「むくみ」は皮膚の下に水分が溜まった様子をいいます。

    本来、体を巡る水分は血管やリンパ管を通って処理されます。とりわけ「むくみ」とかかわりが深いのがリンパ管を流れるリンパ液です。リンパ管は細胞間にある水分と老廃物を回収します。この水分と老廃物をリンパ液といいます。リンパ管の流れが滞ると回収されるべき水分と老廃物が回収されなくなってしまうのです。回収されない水分と老廃物が細胞の中に滞り「むくみ」になるのです。

    例え短期的の「むくみ」といっても馬鹿にはできません。むくみを取るをガチで考えなくてはいけないと思います。
    出典 :むくみを取る方法(足や顔や手のむくみとり)
     

    これで、むくみのしくみは解ってきましたね。ではどうしたら治るのか、その他の内臓の病気の症状であったときの対処の仕方を考えましょう。

  • 病気が手のむくみの原因に?

    手のむくみの原因になる病気(内臓疾患)としては、これも他の部位のむくみ同様、尿が関係するネフローゼ症候群、ホルモンバランスが崩れる甲状腺機能低下症、またビタミン欠乏症は脚気になり脳や心臓にまで痛みが走る場合もあります。
    そもそも、ビタミンやミネラル不足、運動不足の状態では、体内の血液や水分の循環が鈍ってしまい、細胞の隅々にまでこれらの体液が届かなく溜まってしまいます。これが手などのむくみの発生する原因と考えられています。
    手のむくみなど、むくみ改善のためには、ウォーキングなどの運動やバランスの良い食事をして、それでも手や足のむくみが解消されない時は、内臓疾患など、他の病気のサインになっていることがあるので、早めに病院で検査をうけることが大切です。
    出典 :手のむくみの原因
     

    むくみは病気の症状の一つとして表れていることもあるので、マッサージや生活療法で改善しないなら、是非病院へ行きましょう。

  • まずは手のマッサージ、でも治らないようなら病院へ

     

    毎朝などの定期的マッサージで、むくみが取れるのなら心配は
    要りませんが、いつまでもむくみ続ける場合は、
    内臓疾患の恐れがあるので、病院に行きましょう。
    内臓の病気の可能性があるのですから、内科受診でいいと思います。
    みなさん、ただのむくみだと甘く見てたらいけませんよ。