夏バテ対策!夏バテに利く食材を知っておこう

夏バテはとってもつらいですよね。そんな時に体調を回復してくれる食材を知っておくと、つらーい体に元気を取り戻すことが出来るんです。

view296

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏バテに効果アリな食材を紹介します

  • どの食材も美味しく調理すれば夏バテを吹き飛ばしてくれる力を持っています。効果のある食材を上手く組み合わせて、つらい夏バテを乗り切りましょう。

  • ナス

  • 代表的な夏野菜の1つに数えられるナスは、栄養面で大変優れています。ビタミンB・Cをはじめとしたビタミン群のバランスが良く、カリウムをはじめとしたミネラルも豊富と、夏場に不足しがちな栄養を補給できます。ナスの皮に含まれる色素には抗酸化作用があり、代謝を改善してくれる効果もあります。さらに食物繊維も多く、夏に弱りがちな胃腸の調子を整えてくれる働きもアリ、とまるごと夏向けの野菜なんです。
    出典 :旬を食べて撃退する! 夏バテに効く食材5選:Men's HOLOS
     

    さっぱりと頂けるのも嬉しいところ。食欲がわかなくても、あっさり味のナスなら食べることが出来るのでは。

  • うなぎ

  • “土用の丑の日”に限らず、夏場に食べる魚として理想的な栄養を備えています。ビタミンA・B1・B2・D・Eやミネラルが豊富で、夏の暑さで弱った体に活力を取り戻してくれます。また川魚であるにも関わらず、EPA・DHAなど、海の魚に多い脂肪酸も非常に多く、生活習慣病予防やアンチエイジングなどにも大きな効果を発揮します。絶滅危惧種を分類するレッドリストへの登録がささやかれるなど、希少価値が高まっているウナギですが、夏場で体が弱っている時には、ぜひとも食べたいところです。
    出典 :旬を食べて撃退する! 夏バテに効く食材5選:Men's HOLOS
     

    夏バテを乗り切るためにも、栄養の豊富なうなぎを食べるのも一つの手です。美味しいのが嬉しいですよね。

  • トマト

  • とても気になる紫外線対策ですが、“内面からの日焼け対策にトマトが有効かもしれない”との説が。トマトに多く含まれる真っ赤な色素“リコピン”には、紫外線によって肌細胞で生成される日焼けの素となる色素、“メラニン”の生成を抑える働きがあり、日焼け防止効果が期待されています。英国で行われた調査では、トマトを毎日食べ続けたグループは、まったく食べなかったグループと比較して約33%もの日焼け防止効果が見られました。
    出典 :旬を食べて撃退する! 夏バテに効く食材5選:Men's HOLOS
     

    水分多めで食べやすく、その上旬なら栄養も豊富。夏バテにはトマトを食べましょう。

  • 豚肉

  • ビタミンB1が豊富で、疲労回復の効果が高い
    出典 :旬の食材・健康レシピ - 夏バテに効果のある栄養素と食材
     

    豚肉には意外と色んな栄養が詰まっています。疲れが取れないなと思った時は豚を食べてみては。