筋肉をつけて、締まったボディになるための食事方法とは?

適度に引き締まった体になるための食事方法を、伝授いたします。

view1285

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • さて、ダイエットしたい方、どうやった効率的に痩せられるのでしょうか?

  •  

    食事を減らせば減量することは可能ですが、健康的に痩せるための食事というと、なかなか難しいですよね?

  • 基本的に、バランスのよい食事を摂れば、無理しなくても痩せることは可能です。

  •  

    ←のような、カロリーや油分の高い、洋食のメニューは、避けた方が無難です。

  • 日本人というのは、基本的に、和食をずっと食べ続けてきた人種です。

  • 少し長くなりますが、ちょっと読んでみてください。日本人と和食についての、興味深い文章です。

  • 日本人は結局和食に回帰すると思います。

    その理由は和食こそが一番日本人の体質に合っているからです。
    洋食・中華と、若い時には何でも美味く感じますが、
    一定の年齢に達しますと身体が和食を要求し、
    それが結局最もしっくり来るのです。
    我々の体に対して優しいのは和食だからです。
    精神面からも雑多な混乱状態にいつかは疲れてしまい、
    シンプルなものを求めると考えられます。


    どのような料理でも「自分で作る」のが最も美味しいのですが、特に和食はその傾向が強いと思います。
    しかしだからといって「和食は面倒なもの」という先入観を持つのは間違いです。

    どこをとっても他国の料理よりも複雑で面倒という部分はありません。
    「ほんの一手間」なんですよ。

    「体が和食を求め始めたが、作り方が分からない」
    そんな方の為に基本的な和食料理の作り方をここにまとめておきます。

    初心者であっても充分に美味しい和食は作れます。
    ちょっとしたコツをつかんでしまえば時間もかかりません。

    多くの方が「日本の食卓」を再発見される事を願ってやみません。
    出典 :日本人は和食に戻る
     

    日本人はけっきょく、和食を食べざるをえない人々なんですよね。

  • 日本人は、遺伝子レベルで、和食が体にあっている人種です。

  • 白人が肉食文化なのは、彼らの体温が日本人よりも2~3度高いといった、体質的なものが関係しています。

  •  

    つまり、おいしいからと言って、肉ばかり食べていると、体によくないのですね。

  • さて、和食をどういうふうにつくれば、ダイエットできるのでしょうか?

  • 脂質を控えることが、ダイエット成功の決め手。油やバター、生クリーム、脂肪たっぷりの洋食に比べて、和食は基本的に低脂肪。

    焼き物、煮物、刺身、酢の物、和え物など、油を使わない料理が組み合わせやすいからです。

    平均的な朝食で、洋食と和食でのカロリーと脂肪量を 比較してみました。やはり調味料での脂質量の差が、カロリーにも影響を与えているようです。
    出典 :和食ダイエットの心得! - きれいラボ
     

    基本的な和食をつくることが、大事みたいですね。

  • 具体的なメニュー選びのポイントです。

  • 焼き魚や煮物、刺身などの低脂肪の調理法で、タンパク質をたくさん摂ります。タンパク質の合成は夜寝ている間ですから、夕食でタンパク質を補給すると、新しい筋肉をつくり出すことにつながり、基礎代謝を高めてくれますよ♪

    和食は基本的に低脂肪で、煮物や焼き物、酢の物、和え物など、油を使わない料理が組み合わせやすいのが特徴です。

    和食なら、少しぐらい食べ過ぎてもリカバリーしやすく、また、空腹感に耐える無理なダイエットよりも、油ものを避けながら、和食をお腹いっぱい食べる方が、ストレスもたまらず、ダイエットに成功する確率も上がるのではないでしょうか?
    出典 :和食ダイエットの心得! - きれいラボ
     

    脂肪分をとにかく摂らないのがポイントですね。

  • また、「よく噛むこと」も、ダイエットに一役買ってくれます。

  • 食べ物を良く噛むことで、食事の時間が長くなるだけではなく、以下の3つの 『痩せホルモン』 が分泌されます。

    この「やせるホルモン」をたっぷり分泌させるコツは 『ひとくちにつき30回以上噛む』 ことなのですが ...

    いきなり、初日から硬い物をバリバリ噛むなんていうのは続きません。いきなり硬い物をたくさん噛むとあごが痛くなりますし、歯茎も腫れてしまいます。なんでも極端なことはやめたほうが無難です。

    噛んで「3つの痩せホルモン」を引き出せ!
    痩せホルモン1
    レプチン
    レプチンはまず、満腹中枢を刺激し、次に、溜まった脂肪を燃焼させるための伝達を出します。このような一連の作用により、脂肪を燃えやすくする働きがあります。
    痩せホルモン2
    ヒスタミン
    唾液・消化液の分泌を促し、満腹感が得られやすくなります。
    痩せホルモン3
    セロトニン
    精神を安定させる作用があります。 精神が安定して安心感や満足感が増し、ダイエットのイライラを抑えてくれます。 そのため、食べたいという衝動を抑えてくれます。
    出典 :噛んで「痩せホルモン」を出す! - きれいラボ
     

    こんなに多くの痩せホルモンが出るのなら、たくさん噛まない手はないですよね。

  • 何度も食物を噛むと、脳の中にある、満腹中枢というところが刺激されます。

  • ここが刺激されると、そんなにたくさん食べなくても、おなかいっぱいになるんですね。

  • あとは、適度な筋トレを加えれば、痩せへの道はすぐそこです!

  • 和食をしっかり摂った上で筋トレをすれば、痩せられること間違いなしです!