「ふけ」の原因とその解決法

意外と悩みの深いふけの原因を探してみました。ふけには2つのタイプがあります。それぞれ対処法が異なります。効果的な解決法は?

view620

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜ「ふけ」はでるのか

  • フケが出始めた場合、まずは本当にフケかどうか確認することが大切です。フケは頭皮の疾患であるだけでなく、重大な病気の前兆や他の病気の結果として出ることがよくあります。他の病気の可能性がないことを確かめておくとフケ治療に専念でき余計な心配や治療をせずに済みます。
    出典 :フケの原因と治療
  • 「ふけ」の原因

     

    「ふけ」は原因によって、「乾性ふけ」と「脂性ふけ」があります。
    「乾性ふけ」、「脂性ふけ」はふけそのものではなく、厳密には頭皮の状態を示します。そもそもふけとは乾燥や脂性によって頭皮が剥がれる症状、または、その剥がれた頭皮を示します。

  • 乾性ふけ

  • 乾性フケはパラパラと肩に剥がれおちる、乾燥したフケです。この乾性フケの最大の原因は、頭皮の乾燥。
    頭皮が乾燥するのは食生活の偏りやストレスなどの内的な原因から、シャンプーによる皮脂のとりすぎなどの外的な原因まで様々。
    出典 :乾性フケの原因 | 頭皮ケア情報局
  • 乾性ふけの治療法

  • まずは頭皮を清潔に保つことなのですが、乾性フケ対策はとてもデリケートです。シャンプーなど洗髪をやさしく丁寧に行うことと、さらに大切なポイントが保湿と低刺激です。
    まずは、乾燥した頭皮になじみやすいシャンプーやヘアケアグッズで保湿し、潤いをあたえることです。
    これにより、乾性フケが悪化し抜け毛や頭皮の荒れるのを抑制する効果が期待されます。
    出典 :頭皮の乾燥によるフケの原因と対策方法 | 美肌マニアの美容情報
  • 乾性ふけ対策は

     

    乾燥した頭皮になじみやすいシャンプーやヘアケアグッズで保湿し、潤いをあたえることです。これにより、乾性フケが悪化し抜け毛や頭皮の荒れるのを抑制する効果が期待されます。お勧め低刺激シャンプーは、アミノ酸系界面活性剤を使っている弱酸性シャンプーや人工着色料や人工香料を使っていない、無香料・無着色の無添加シャンプーです。
    低刺激のシャンプーを使えば、シャンプー剤が頭皮に残ってもかぶれにくいです。

  • 脂性ふけ

  • 脂性フケの原因は、マラセチアという菌が大量に活動しているのが原因です。別の言い方をすれば、マラセチア菌がいなくなれば、脂性フケになることはありません。マラセチア菌そのものはすべての人の頭皮にいる常在菌なのですが、脂分を栄養とする為、汗や皮脂が増えるとそれだけマラセチアが増え、脂性フケになってしまいます。
    出典 :脂性フケの原因
     

    ちょっと悪質なふけです。

  • 脂性ふけ対策は

     

    脂性フケは頭皮の皮脂が過剰に分泌された結果、皮膚の常在菌が活発化した結果です。対策としては余分な皮脂をしっかりと除去し、細菌が増え過ぎないように清潔に保つことが必要です。

  • ふけ対策の専門医

  • 症状が激しい場合やなかなか治まらないときには、皮膚科専門医で治療を受けてください。
    出典 :フケ症 | 埼玉県皮膚科医会