【女子必見!】 アロマのとんでもない効能!

最近流行りのアロマ。それぞれ様々な効能があります。さあ、あなたも自分にあったアロマを見つけよう!

view3127

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ★アロマ マッサージ (アロマ トリートメント)とは?

  • アロママッサージ

     

    気持ちよさそうですね♪

  • 軽く陶酔させる、甘美でエキゾチックな花の香り♪
    ジャスミンは、インドやアラブ地域で媚薬として使われてきた香りで、クレオパトラが愛した香りとしても有名です。
    ジャスミンの精油は、大量の花から少量しか採れないため、貴重な精油として値段も高くなっています。

    主な芳香成分
    エステル類:酢酸ベンジル、安息香酸ベンジル
    ジテルペンアルコール類:フィトール
    モノテルペンアルコール類:リナロール
    ケトン類:ジャスモン
    成分として、エステル類の酢酸ベンジルは精神を高揚させ、安息香酸ベンジルは精神を鎮静させる働きがあります。精神的な面に働きかける精油です。

    自信を取り戻し、多幸感を感じる効果があります。

    子宮の痛みを緩和する作用があり、生理痛やPMS(生理前症候群)に有効です。また、痛みの緩和だけではなく子宮の収縮を促す為、出産時に用いられることがあります。産後のマタニティーブルーの改善にも効果が期待できる、女性の強い見方になる精油です。

    エリモント作用があり、乾燥肌や敏感肌を改善し、潤いのある肌へ。

    相性の良い香りのグループは柑橘系、オリエンタル系。

    相性の良い精油はローズオットー、ローズウッド、サンダルウッド、etc...

    おススメの使用方法は入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなどなど。

    注意事項としては香りが強いので、脳硬度での使用には注意が必要。また、妊娠中の使用は控え、勉強など集中力が必要なときも、使用はお控えください。
    出典 :ジャスミンの効能、効果 | アロマオイル効能ガイド
  • ★アロママッサージの種類

  • ○スウェーデン式アロママッサージ

  • ヨーロッパで行われているマッサージの原点ともいえます。
    18世紀から19世紀にかけて治療体操をスウェーデン出身のバー・ヘンリック・リングがマッサージに発展させ、スウェーデン式マッサージを基礎を築きました。
    スウェーデンは福祉の国として有名です。
    赤ちゃんからお年寄りまでの健康を広く支える意識が高く、ボディケアが広まっていきました。
    マッサージは少ないアロマオイル(精油やキャリアオイル)を使用することで、摩擦を減らし、深部の筋肉組織にまで働きかけ丁寧に刺激を与えて、ストレッチ及びリラックス効果をもたらします。
    同時にフットケアについての考え方も重要で、足は第2の心臓と言われます。
    足をケアすることで健康を守れるという考えから高い支持を受けています。
    スウェーデン式マッサージは人気を呼び、オランダやポルトガル、フランス、ドイツなどに波及していく事になります。
    出典 :アロマ マッサージ (アロマ トリートメント) | アロマの辞典
  • ○イギリス式アロママッサージ

  • スウェーデン式アロママッサージはオイル量が少なめなのに対し、このイギリス式はたっぷりとオイルを使います。
    筋肉を揉み解すというより、アロマオイル(精油)の効能を肌や粘膜から吸収させる方法です。
    アロマセラピーで使用される精油(エッセンシャルオイル)はどれも植物から抽出された純粋のものを使用し、その効能には鎮静作用、炎症を鎮める作用、解毒作用、水分排出作用、収斂作用、殺菌作用、柔軟作用、保湿作用などといった各種効果を期待でき、フランスでは医師の指示の下に処方される医療行為ともなっています。
    メンタルティックにもよく効果を表しますので、疲労による体調不良には効果的です。
    出典 :アロマ マッサージ (アロマ トリートメント) | アロマの辞典
  • ★アロマオイルとは?

  • アロマオイル

     

    たくさんの種類があるので色々と試してみるのも楽しそうですね♪

  • アロマオイル(Aroma oil)は、精油(エッセンシャルオイル)をアルコールやキャリアオイルなどで希釈し、バーナーなどの器具を使い芳香を楽しんだり、フレグランス効果を得るために化粧品として体に直接使用される油製品のこと。フレグランスオイル(Fragrance oil)とも言う。
    純度100%である精油と混同されることも多いが全くの別物であり、精油として使用すると様々な問題の原因となることもある。
    またメーカーや店によってはエッセンシャルオイルをアロマオイルと表示している所もあり、品名の表記が一定していない。本物の精油を使った製品かどうか説明文をよく読み確認する必要がある。
    アロマオイルと用途が似たものにポプリオイルがある。
    出典 :アロマオイル - Wikipedia
  • ここで少しアロマオイルを紹介します。

  • ○ラベンダー

  • ラエベンダー

     

    ラベンダーはすごくいいにおいがすることで有名ですよね。

  • さわやかでフローラルな香り♪
    安眠効果があることで知られるラベンダー。他の精油となじみやすく、アロマテラピーでよく使われる精油の一つです。
    ラベンダーには色々な種類があり、精油として利用されているのは、スパイクラベンダー、ラバンジン、フレンチラベンダーの3種類です。ラベンダーは、これらの種類と区別するために「真正ラベンダー」とも呼ばれています。
    かつて、古代ローマでは、傷の手当にラベンダーを浴槽に入れて沐浴していたといいます。

    自律神経のバランスを調整する働きがあり、ストレスや怒り、不安などを抱えた心を癒し、深くリラックスする効果があります。安眠効果があることでも有名です。

    鎮痛作用があり、頭痛や筋肉痛、胃痛、月経痛などの体の痛みを緩和する効果があります。また、免疫力強化の作用もあり、感染症などの予防に役立ちます。

    抗炎症、鎮痛、消毒作用などにより、軽い火傷の応急手当に効果があり、痛みが治まり、傷跡が残りにくく回復します。また、ニキビや傷などを早く治す効果があります。
    スキンケアやヘアケアにもよく使われており、全ての肌質に使用できます。

    相性の良い香りのグループは柑橘系、オリエンタル系。

    相性の良い精油はイランイラン、オレンジ・スイート、カモミール・ローマン、ベルガモット、レモン、etc...

    オススメの使用方法は入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなどなど。

    注意事項としては妊娠初期は使用を避けたほうがいいです。
    出典 :ラベンダーの効能、効果 | アロマオイル効能ガイド
  • ○ジャスミン

  • ジャスミン

     

    ジャスミン茶としても有名です。

  • 軽く陶酔させる、甘美でエキゾチックな花の香り♪
    ジャスミンは、インドやアラブ地域で媚薬として使われてきた香りで、クレオパトラが愛した香りとしても有名です。
    ジャスミンの精油は、大量の花から少量しか採れないため、貴重な精油として値段も高くなっています。

    主な芳香成分
    エステル類:酢酸ベンジル、安息香酸ベンジル
    ジテルペンアルコール類:フィトール
    モノテルペンアルコール類:リナロール
    ケトン類:ジャスモン
    成分として、エステル類の酢酸ベンジルは精神を高揚させ、安息香酸ベンジルは精神を鎮静させる働きがあります。精神的な面に働きかける精油です。

    自信を取り戻し、多幸感を感じる効果があります。

    子宮の痛みを緩和する作用があり、生理痛やPMS(生理前症候群)に有効です。また、痛みの緩和だけではなく子宮の収縮を促す為、出産時に用いられることがあります。産後のマタニティーブルーの改善にも効果が期待できる、女性の強い見方になる精油です。

    エリモント作用があり、乾燥肌や敏感肌を改善し、潤いのある肌へ。

    相性の良い香りのグループは柑橘系、オリエンタル系。

    相性の良い精油はローズオットー、ローズウッド、サンダルウッド、etc...

    おススメの使用方法は入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなどなど。

    注意事項としては香りが強いので、脳硬度での使用には注意が必要。また、妊娠中の使用は控え、勉強など集中力が必要なときも、使用はお控えください。
    出典 :ジャスミンの効能、効果 | アロマオイル効能ガイド
  • ★アロマオイル(精油も含む)の効能一覧

  • 下記のサイトでは様々なトラブルに対し、精油の効果効能別によくまとまっています。

    (あくまでも一般的な目安。精油は薬ではないので、症状が酷いときは病院での診察・治療をオススメします。)

  • こちらもアロマオイルの種類と悩み・症状が一覧表になっています。一目で見て、どの精油にどのような効果があるのか分かりやすい。

  • ★オイルは自分にあったものを使おう!

  • アロマテラピーの知識がついてくると、「○○の成分は何%ですか?」といった、細かな精油の成分にとらわれる人が増えてきます。そうして選んだ精油が自分に合っていれば問題はないのですが、もし好きでもない香りを、「これは成分的に優れているから」といった理由で使い続けているとしたら、それは大変残念なことです。

    精油がクスリと大きく異なるのは、精油が数十から数百の芳香成分からなる有機化合物である点です。これらが調和して一つの香りを作りあげているところに、アロマテラピーの面白さがあります。

    このトータルとしての香りを心地よく感じるかどうかというのは、アロマテラピーを行なう上で非常に大切です。人は心地よいと感じたときに、はじめて安らぎを実感することができるのです。

    アロマオイルは、同じ種類のものでもメーカーにより微妙に香りが異なります。
    同じ品種のぶどうを使ったワインでも、産地によって味や香りが異なるように、同じラベンダーオイルでも、産地が異なれば香りも異なってきます。
    まずは自分の好みに合ったアロマオイルを選ぶことからはじめましょう。
    出典 :選ぶ時のポイント | アロマオイル事典
     

    安らぐためにも自分の好みに合ったものを。

  • 市販のアロマオイルを使用するのもいいですが、自分で組み合わせて作ってみるのも楽しそうですね。