海外旅行は楽しいけれど時差ぼけはイヤ!

海外旅行は楽しいものですが、どうしてもつきまとって来るのが時差ぼけ・・・
時差ぼけの原因と症状、解消についてまとめてみました。

view169

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 時差ぼけ・・・時差障害・・・

  • 国際的な診断基準に従うと、次の3項目に当てはまる場合が、時差障害です。

    ・ジェット旅客機に乗って、少なくとも3時間以上の時差がある場所へ旅行したときに、不眠や過眠を自覚する。

    ・旅行後1~2日以内に、昼間の心身の機能が落ちたり、全身がだるくなったり、胃腸障害などの体の症状が出る。

    ・その睡眠障害の状態が、他の睡眠障害や内科・精神科的な病気、薬物の使用などでは上手く説明できない場合。
    出典 :~時差ボケと睡眠~ | ぐっすり眠れる快眠法のすべて
     

    時差ぼけにも国際的な診断基準があるとは知りませんでした。

    時差ぼけは障害とか疾病とかいうものでは無いと思っていました。

    睡眠障害のひとつと考えられるとは・・・

  • 時差ぼけの症状・・・

  • 時差ボケによる症状で最も多いのは、もちろん睡眠障害です。パイロットを対象に行った調査では、67%の人が睡眠障害を訴えていました。

    日中の眠気や知的な作業能率の低下、疲労感、食欲低下も、10人に1人以上の割合で見られました。

    他にも、ぼんやりする、頭が重い、胃腸障害、目の疲れ、吐き気、イライラ感などの症状が起こります。
    出典 :これでOK! かんたん時差ボケ解消法 [睡眠] All About
     

    ●睡眠障害

    ●日中の眠気

    ●作業能率の低下

    ●疲労感

    ●食欲低下

    ●集中力低下、気分散漫

    ●頭が重い

    ●胃腸障害

    ●眼精疲労

    ●嘔吐感

    ●焦燥感

    なんだかこころの病気の症状が並んでいます。

  • 時差ぼけの原因・・・

  • 体内時計のズレが、時差ぼけとなって現れます。この体内時計のズレを「外的脱同調」といいます。
    出典 :【時差ボケが眠りを妨げる】 - プラス睡眠障害
     

    外的脱同調・・・体内時計が外的な環境に影響されてずれてしまう

  • 時差ぼけの程度・・・

  • 移動した先の時間帯が今までとあまりずれていない南北への移動の場合には、体内時計と現地時間のずれがあまり無いため時差ぼけは起こりにくくなります。

    反対に東西への移動では、時間差が大きくなるため時差ぼけの症状も強くなりがちです。

    特に地球の自転と同じく西から東方向へ移動する場合には、東から西への移動に比べ時間のズレが大きくなり、時差ぼけも酷くなりやすいのです。
    出典 :【時差ボケが眠りを妨げる】 - プラス睡眠障害
     

    西 ⇒ 東 >> 東 ⇒ 西 > 南 ⇒ 北、北 ⇒ 南

  • 時差ぼけの解消法・・・

  • 時差ぼけを治すには、朝、太陽の光を浴びる、決まった時間に食事をとる、といったリズム調節効果のある行動を規則正しく続けるとともに、寝る数時間前に40℃前後のぬるめのお風呂など、体の内部からもリズム調節を促すようにするとよいでしょう。
    出典 :睡眠トリビア|かくれ不眠ラボ 睡眠改善委員会
     

    ちょっと辛いですが渡航先の時間に合わせて日常生活を行う事が手っ取り早いということのようです。