寝ても寝てもスッキリしない……そんなあなたによく眠れる裏技教えます!

どんなに寝てもスッキリしないあなた。よく眠れる裏技でもないものかと思いますよね☆そんなあなたに安眠できるといわれている方法や裏技、まとめて教えちゃいます♡
色々試してぐっすり眠ってスッキリした朝を迎えてくださいね!

view224

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠時間はどれくらいがいいの?

  • よく理想の睡眠時間は8時間と言われますが、
    それは全くの誤解であり、医学的根拠もありません。
    睡眠時間は個人差が大きく、3~4時間で十分な人もいれば、
    9時間以上眠らなければならない人もいます。
    出典 :適度な睡眠時間知ってる?
     

    睡眠時間は、体を休めるのと同時に脳の修復時間です。

    ストレスで脳を酷使している人は睡眠時間が長めに必要で
    楽観的な人は脳の修復が短く済み、
    睡眠時間も少なくて済むということです。

  • 現代人の平均睡眠時間は「6時間」がトップ

     

    世代別では、若い20代、60代以上のシニア層では「7時間以上」という声が目立ったものの、30~50代では「6時間以内」が多く、仕事や家事、育児に忙しい働き盛りの世代でやや睡眠時間が短くなる傾向が見られました。

    出典元:アサヒグループホールディングス
    http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/bn/201302/00451/

  • 起床した時間の4時間後に眠気がこなければ、
    睡眠時間が足りているというのが臨床的なサイン
    出典 :あなたの人生を変える睡眠の法則
     

    何時間睡眠であろうが、
    起床した4時間後にあくびが出たり、
    体がだるくなっていたりしなければ睡眠時間は足りているとのことです

  • よく眠るためにやっていることランキング

  • 快眠術アンケート

     

    「こころ」と「からだ」をときほぐす快眠術を実践している人が多いことがわかりました。
    「入浴」や「読書」を上げた人が約40%。
    特に入浴方法では、健康・美容への意識の高まりからか、ゆっくり時間をかける半身浴を実践されている方が多いようです。
    1日のたまった疲れもその日のうちに“おさらば”して、ぐっすりと眠りたいものですね。実はこれはとても、理にかなった快眠術なんです。

    そのほかには、照明の視覚、アロマやお香といった嗅覚などへのやすらぎを上げる方も。こころもからだもゆったりしながら、好きなことや自分のペースを保つ時間を過ごす方が多いようです。

    出典元:すむすむ
    https://www.sumu2.com/campaign/enq/0804/index.html

  • ぐっすり眠るための方法☆よく眠れる裏技

  • 寝る前の30分間に眠りの質をあげるには?

     

    日常生活の中でストレスや疲労を感じているときには、パズルや積木、塗り絵などがオススメ。
    寝る前の30分間、何かに集中すると気分転換になり、ストレスで緊張状態が続いた体と心をゆるめて眠りの質が上がります。

    興奮し過ぎたり、イライラを感じたりするようなことは避けたほうが良いでしょう。

    出典元:ねむログ
    http://www.nemulog.jp/osusume/gussuri/

  • 不眠に効くアミノ酸『GABA(ギャバ)』

     

    GABA(ギャバ)とは、脳や脊髄に多く含まれるアミノ酸の1種。

    精神を高ぶらせる興奮系の「グルタミン酸」を、抑制系の「ギャバ」が抑える事で精神を安定させます。

    人は体温が低下すると、自然と眠気を感じるのだそうですが、ギャバには体内の深部体温が低下させる効果もあるのだとか。

    ギャバはトマトやじゃがいもなどの野菜類や柑橘類に多く含まれるそうですが、サプリメントで摂取する方法もあります。

    参考:
    http://fuminsho-academy.com/fuminsho/gaba-sleep-effect.html
    http://www.datumousyou.com/hairnutrient/aminoacid/gaba/gaba-food.html

  • 就寝1~2時間前は、強い光を避けてほの暗い白熱灯の光で過ごす
    出典 :ぐっすり眠るためには?|睡眠時間を記録するサイト ねむログ
     

    蛍光灯などの強い光は、脳を刺激して活動的になるのだそう、
    また、パソコンやスマートフォンの光も
    睡眠物質のメラトニンの分泌を妨げるので
    入眠前はやめたほうがいいみたいです。

    強い光を避けて、徐々に照明を落とし、眠る準備をしましょう。

  • 不眠に効果的なツボ

  • 不眠に効果的なツボ

     

    (1)百会(ひゃくえ)
    :頭の頂上で、左右の耳の上の先端(耳尖:じせん)を結んだ線の中央

    (2)安眠(あんみん)
    :耳の後ろにある骨の出っ張り(乳様突起)の下のくぼみから1~1.5cmほど顔側のところで、耳の後ろから鎖骨にかけての筋肉(胸鎖乳突筋:きょうさにゅうとつきん)の停止部

    (3)失眠(しつみん)
    :足の裏のかかとの中央線と、内くるぶしと外くるぶしを結んだ線の交点

    出典元:
    http://health.yahoo.co.jp/column/tsubo/tsubo03.html

  • 不眠のツボの指圧のコツ

     

    (1)百会
    ・・・ 頭の頂上で、指で押すとブヨブヨしてへこむところを探します。そこが「百会」です。そこに左右の中指を重ねるように当て、頭を手のひらで包むようにしながら、中指に圧力を加えます。ズーンと頭の中に心地よい響きがありますので、その感覚を楽しみながら、1分間ほど押し続けてください。

    (2)安眠
    ・・・ 頭の後ろから反対側の手をまわし、中指で「安眠」を押さえます。首を手のひらで包むように圧力を加えます。中指で「安眠」をしっかり固定して、頭を左右にゆっくり動かしてツボの感覚を楽しみましょう。左右の「安眠」を交互に刺激します。

    (3)失眠
    ・・・ かかとの裏にあるため、指で押しても感覚が鈍いものですから、ワインのコルクなどを上から踏み込むようにして刺激します。さらに、「失眠」にお灸(きゅう)をすえると効果が倍増します。薬局で販売されている「切りもぐさ(小)」(※)を用いるとよいでしょう。ツーンと熱さを感じればOKです。熱くなければ、熱さを感じるようになるまで繰り返しすえてください。

    (※)皮膚の上に直接すえる有痕灸(ゆうこんきゅう)に使われる、小さくカットされているもの。

    出典元:
    http://health.yahoo.co.jp/column/tsubo/tsubo03.html

  • ハーブやアロマでリラックス

  • アロマバスで安眠効果

     

    安眠に効果的な入浴方法は、就寝時間の1時間ほど前に、38度位のぬるま湯にゆっくりと浸かることです。
    ぬるま湯であれば、体をリラックスさせる働きがある副交感神経が活発になるので、心が落ち着きます。

    出典元:http://www.fuminnsyou.com/technique/aroma/

    さらに安眠効果を高めるには、アロマバスが効果的!

    ハーブの精油を2~3滴たらし、お湯の表面をたたいて油膜を広げてから入浴。

    自分のお気に入りの香りを見つけてリラックスして♪

  • 就寝間に眠りをさそうハーブティーを。
    肌にさましたカモマイル・ミルクティーがベスト。
    出典 :アロマテラピー。安眠のために~夏の夜の理想的な過ごし方~
     

    牛乳には眠りを誘う成分が入っているのだとか☆

    カモマイルは就寝前や風邪の時に飲むハーブティーとして知られているそうです。

  • 最も手軽にアロマセラピーを楽しむ方法として「吸入」があります。
    一番お手軽なのはティッシュペーパーに数滴たらすだけ。

    目が冴えてしまって寝付けないときにも、オイルをティッシュに垂らして枕もとに置きます。
    出典 :吸入しよう! - アロマオイル入門 - お役立ちコラム :: セラピア
     

    この出典元サイトを見る前から
    ティッシュにラベンダーのアロマオイルを数滴たらし
    枕元に置くと安眠効果があるというのは聞いたことがあって、
    実際やったこともあります☆

    なかなかいい感じでしたよ◎^^◎

    不眠に効果があることで有名なのはラベンダーだそうですが、
    この出典元サイトの方はフランキンセンスをオススメされてます。

  • 花王 めぐりズム 蒸気でGoodNight

     

    注目のお手軽快眠グッズです。
    ラベンダーの香りが良さげ♡