月経の時血が多いような・・・【月経過多】正常と異常のラインとは

月経でなんだか量が多いような感じはしませんか?
もしかしたら月経過多かもしれません
正常と異常のラインってどこなのでしょうか

view603

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 月経の血の量って

  • 花王の調査によると、1度の月経期間の経血量は平均82.5g。多い日で1日30g(大さじ約2杯)、期間中全部合わせて50~100g程度と言われています。一方で、基礎体温計測推進研究会によると、正常な月経血量は20~140gと発表されています。
    出典 :どこからが過多月経? 月経血の正常・異常の見分け方 [婦人病・女性の病気] All About
     

    一応正常値は設定されているのですね

  •  

    この2つからもかなり月経血の量にばらつきがあるとわかるでしょう。月経血の量の「正常」を考えるのは、個人差もあって非常に難しいのです。まして、自分でナプキンが吸収した血液量を推測するのも現実的にはとても難しいと思います。では、どうすればいいのでしょう?

  • 月経過多の症状は、当然ながら出血が多い状況です。
    そのため、月経過多が続くと貧血を起こしやすくなります。

    又、貧血に伴って、めまいや立ちくらみ、
    動悸や息切れなどの症状を同時に引き起こすこともあるので、体調管理には注意が必要です
    出典 :出血量が多い - 生理不順でのお悩みQ&A
     

    ただ、貧血だけは気をつけなければならないようです

  • ちょっとチェックしてみる

  • 画像はクリックで拡大

     

    月経の量は個人差が大きいのですが、ふつうは1回の月経期間で50~100g程度。異常に量が多いケースは「過多月経」と呼ばれます。以下の項目にあてはまる人はその可能性が高いでしょう。

  • 大体の目安として、下記の項目に当てはまる場合は月経血が多すぎると考えてよいと思います。
    ナプキンを1時間ごとに替えなければならない
    量が気になって外出できない
    月経血に大きい血の塊が混じっている
    出典 :どこからが過多月経? 月経血の正常・異常の見分け方 [婦人病・女性の病気] All About
     

    目安としてお使いくださいね

  • 月経血は血のように見えますが、実は色々なものを含んでいます。本質的には、妊娠が成立しなかった子宮内膜が、酵素の働きで出血を伴って剥がれ落ちたもの。ですから指先くらいの大きさのレバーのような塊は、ちょっとなら別に心配する必要はありません。でも、あまりに大きい塊は注意が必要です。
    出典 :どこからが過多月経? 月経血の正常・異常の見分け方 [婦人病・女性の病気] All About
     

    大きすぎるのは問題ですね

  • 原因はなに?

  • 過多月経のなかには、特に原因がなく、体質的なものというケースもあります。また、10代の場合は、ほとんどが思春期のホルモン分泌の異常が原因で、20代になれば安定するのがふつうです。
    出典 :【わたしって過多月経?】 花王 ロリエ
  • 一つめに黄体ホルモンの分泌が不十分なケースが上げられます。

    黄体ホルモンの乱れが生じている場合には、無排卵の可能性があります。
    基礎体温を測り、高温期がきちんと現れるかを確認する必要があります。
    出典 :出血量が多い - 生理不順でのお悩みQ&A
  • 二つめの原因として、子宮筋腫や子宮内膜症などの子宮の病気が考えられます。

    子宮筋腫とは、子宮内にこぶ(腫瘍)ができる症状をいいます。
    腫瘍ができるといっても、良性のものなので癌ではありません。
    30~40代の女性に生じやすい症状です。
    出典 :出血量が多い - 生理不順でのお悩みQ&A
  • 画像はクリックで拡大

     


    こんな症状があったら要注意


     過多月経で以下のような症状をともなう場合は、子宮の病気が原因になっている可能性が強くなります。子宮内膜症や子宮筋腫は、放置しておくと不妊の原因になることもある病気です。早めに婦人科を受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。

  • 治療と予防

  • 月経過多の予防・改善

    過多月経と呼ばれる生理不順の治療には、原因を引き起こしている
    病気の症状によって治療法は異なります。

    疾患により過多月経を生じている場合は、もちろんその治療を行い、
    卵巣に異常がある場合には、ホルモン療法を行います。
    出典 :出血量が多い - 生理不順でのお悩みQ&A
  • 卵巣に異常を生じる場合は、ホルモンバランスの乱れ、
    つまり冷えが原因になっていることが多いです。
    この場合は、常に身体を冷やさないようにすることが予防になります。

    また、貧血を起こしている時には、造血薬や止血剤が用いられます。
    出典 :出血量が多い - 生理不順でのお悩みQ&A