【98.5%が男性患者?!】本当に怖い痛風

『風にあたるだけで痛い』なんて言われている痛風。実は男性患者が圧倒的に多いそうです。
どうして男性に多いの?一体何が原因なの??
わかりやすくまとめてみました。

view273

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 痛風とはどんな病気??

  • 痛風は尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。
    出典 :痛風とはどんな病気?/痛風を知りたい方へ/痛風ってどんな病気/公益財団法人痛風財団
     

    キーワードは『尿酸』です!

  • 尿酸は痛風の原因になっている物質で、ビール、カキ、レバーなどに含まれる「プリン体」という老廃物です。
    出典 :尿酸(痛風) | 健康診断結果の見方
     

    『尿酸』=『プリン体の老廃物』なのですね。

    『プリン体』というキーワードもよく聞くのではないでしょうか。
    最近ではプリン体オフ!なんてTVCMもよく耳にします。

  • 尿酸はどのように身体に溜まっていくの??

  • 通常、老廃物として尿と一緒に排泄されますが、魚介類や肉類などのプリン体を多く含む食品を摂り過ぎたりすると、尿酸が尿酸塩という細かいガラスの破片のような結晶となります。液体の尿酸が結晶化の後に分離されて、関節内に溜まり、指先から膨らんでいきます。その後、足の親指や膝の関節を突き刺すように炎症を起こし、次第に激しく痛みます。
    出典 :尿酸(痛風) | 健康診断結果の見方
  •  

    『細かいガラスの破片』のような結晶…
    身体のなかにそのようなものが溜まるなんて、想像するだけで痛くなってきますね。

  • 【あなたの尿酸値は大丈夫?!】健康診断結果を見てみよう

  • では今現在、あなたの身体のなかには尿酸がどれくらい溜まっているのでしょうか?
    お手元に健康診断結果表があれば、下記表と見比べてみてください。

  • <尿酸値の数値>      <対処方法>
    7.0mg /dL 以下     正常値。今後も正しい生活習慣を
    7.0~8.0mg / dL    イエローカード。生活習慣の改善を
    8.0~9.0mg / dL    専門医に受診し、生活習慣の改善を
    9.0mg / dL以上     レッドカード。ただちに専門医の受診を
    出典 :湧永製薬株式会社-わくわく健康情報館 サクセスフルエイジング
     

    実は気づかないうちに痛風の危険が忍び寄っているかもしれません。
    健康診断を受けたら、しっかりと数値をみて自分の健康状態を再認識しましょう!

  • 【どうして男性患者が多いの??】男女の身体の違い

  • 1992年の東京女子医大の調査では男性が98.5%で女性はわずか1.5%でした。これほど男女差のはっきりした病気も少ないのですが、理由もはっきりしています。痛風の原因である尿酸の血液中の濃度(血清尿酸値)が女性では男性より低いからです。
    出典 :痛風はなぜ男性に多いのか?/痛風ってどんな病気/公益財団法人痛風財団
  • 痛風発作は血清尿酸値が7.0mg/dLを越える状態が数年間以上は続かないと起こりません。この7.0mg/dLになるのに平均的な男性では尿酸値が1.5mg/dL上昇すると到達してしまいますが、女性では3.0mg/dL上昇しないと到達しませんので女性はなかなか高尿酸血症にならず痛風にもなりにくいのです。
    出典 :痛風はなぜ男性に多いのか?/痛風ってどんな病気/公益財団法人痛風財団
  •  

    男性患者が多いのは、男女の身体の違いが理由だったのですね。

    とはいえ、女性も油断してはいけませんよ!!
    『絶対に大丈夫』などということはありません。
    健康に気をつけ、規則正しい生活を送ることが何よりなのです。

  • 痛風はある日突然やってくる?!痛い思いをしないために…

  • 痛風はある日突然襲ってきます。そのときまでなんともなかったのに突然激痛に襲われるのです。
    そのような思いをしないためにも、やはり日頃の予防が何よりも大切です。

    では、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

  •  

    ずらりと並べられると、これを全部守り続けるのはちょっと大変な気がしますね。
    でも、痛風を予防するにはどれも大切なことなのです。

  • 『プリン体』を多く含む食品の摂取は控えよう

  • 適度な運動・睡眠を…と言われてもなかなか全部を実践することは難しいですよね。

    日々の食事のなかで、『これを食べすぎると危険!?』という
    食べ物を知っておくだけでも大分違います。下記表を参考にし、食事の際は意識してプリン体の低いものを選びましょう。

  • ■極めて多い (300mg~)
     鶏レバー、マイワシ干物、イサキ白子、あんこう肝酒蒸し

    ■多い (200~300mg)
      豚レバー、牛レバー、カツオ、マイワシ、大正エビ、マアジ干物、さんま干物
    出典 :高尿酸血症・痛風の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
  • いかがでしたか?
    自分の身体とうまく付き合い、痛みとは無縁の生活をおくれるようにしたいですね!