テレビで話題のゲッタマン肩甲骨ダイエット

テレビで話題のゲッタマン肩甲骨ダイエット知ってますか?
ゲッタマン肩甲骨ダイエットの方法 〔ゲッタマン体操〕を調べてみました。

view376

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • GETTAMANメソッド肩甲骨ダイエットってなに?

  • 肩甲骨とその周辺には、脂肪を燃やしやすくする褐色脂肪細胞があります。褐色脂肪細胞とは、食事で摂取したカロリーをエネルギーとして放出させる働きがある細胞のこと。肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞を活発にし、脂肪を燃やしやすい体をつくります。 また肩甲骨を動かすことで、リンパの流れがよくなり、むくみやセルライトを取り除く効果があります。
    出典 :最強の5分間!肩甲骨ダイエット - gooダイエット
  • 基本のストレッチのポイント

  • 起きてすぐ&寝る前の、1日2回行いましょう。
    出典 :最強の5分間!肩甲骨ダイエット - gooダイエット
  • 各ストレッチとも30秒を目安に。
    出典 :最強の5分間!肩甲骨ダイエット - gooダイエット
  •  呼吸は止めず、自然に。「吐く」「吸う」の指示があるところは、指示どおりに。
    出典 :最強の5分間!肩甲骨ダイエット - gooダイエット
  • どのストレッチもはじめは鏡を見ながら行いましょう。
    出典 :最強の5分間!肩甲骨ダイエット - gooダイエット
  • GETTAMANメソッド【その1】

  • 肩甲骨を上下に回すストレッチ

     

    1:両足を肩幅程度に開き、つま先は外側に軽く向ける。

    2:息を吸いながらゆっくりと両腕を上げ、頭の上で手のひらを合わせる。ひじはまっすぐ伸ばして。

    3:息をはきながら、手のひらを外側に向け、ひじを少し後ろに引いて胸の位置まで下ろす。

    4:左右の肩甲骨を中央によせるように意識しながら、ひじを胸の位置で止める。

  • GETTAMAN直伝「肩甲骨」ストレッチ(2)

  • 肩甲骨を上下左右に回すストレッチ

     

    1:両足を、肩幅より少し広めに開き、つま先を軽く外側に向ける。ひざは少しゆるめて。

    2:上半身を少し前かがみに倒し、腕をのばしたまま手を前でクロス。

    3:手をクロスさせたまま、腕を頭の上に引き上げる。

    4:手を開き、手のひらを内側に向ける。指先は上に向けたまま、腕を真横に開き、左右の肩甲骨を中央によせるように意識しながらゆっくり下ろしていく。

    5:開いた腕を、肩の高さで止める。

  • GETTAMAN直伝「肩甲骨」ストレッチ(3)

  • 肩甲骨を後ろへ引きよせるストレッチ

     

    1:両足を、肩幅より少し広めに開き、つま先を軽く外側に向ける。両腕を肩の高さまでまっすぐに上げ、両手の人差し指をくっつける。

    2:左右の肩甲骨を中央によせるイメージで、ゆっくりと腕を後ろに引く。手首、ひじ、肩が平行になるよう意識しながら、自然な呼吸で行う。

    3:肩甲骨をさらに中央によせていき、ゆっくりと両手を最初の位置に戻す。

  • GETTAMAN直伝「肩甲骨」ストレッチ(4)

  • 肩甲骨を反らすストレッチ

     

    1:足を肩幅程度に開き、つま先は軽く外側に向ける。両手のひらを額の上あたりで合わせ、指先を内側に向ける。

    2:手のひらを合わせたまま、頭と手が平行になるように、頭の上をすべらせる。

    3:息をはきながら、合わせた手をできるだけ頭の後ろのほうへ反らせる。あごを引き、腕は曲がらないように意識して。

  • ゲッタマン体操