会陰切開の痛みとは???

痛みの度合い、痛かったとき(切開時か、縫うときか、その後か)、痛みが続いた期間は千差万別。縫う先生の腕によるのか? 溶ける糸を使うことが主流

view568

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 先輩ママの体験談①

  • 本で読んだり、話を聞いたりしてると、なんだかすごく怖くなりましたが、いざ出産になった時には切開の痛みより産みの痛みの方が強かったですよ。痛む人はちゃんと痛み止めをくれますし、切開後の痛みは個人差ですね。抜糸がすめば違和感はなくなります。抜糸の方が麻酔なしなので痛いと思います

  • 先輩ママの体験談②

  • 1人目の時は会陰切開をして、2人目の時は会陰切開はせず、少し裂けてしまいました。会陰切開をした時の方が、出産後、会陰部がそれほど腫れなかったと思います。切開をしなくても、結局裂けてしまったし、どうせ縫合しなければいけないのなら、切開してもらったほうが良かったです。

  • 先輩ママの体験談③

  • 出産は痛い、とにかく痛いものとは思っていたが、何が痛いって、会陰切開の痛みは半端じゃない。座るのも立つのも歩くのもすべて地獄・・・。産後5日目くらいから、その痛みを笑って話せるようになった。

  • 先輩ママの体験談④

  • 切開するのと、しないのと両方経験しました。切開後の痛みは抜糸するまで続きました。立つのも座るのも痛くて大変でした。それに比べ切開しないと痛みはおしっこの時だけ2、3日ピリッとしたぐらいです。

  • 会陰切開とは

  • 出産時、赤ちゃんが出てくるときに、会陰(膣の出口と肛門の間のところ)が十分に伸びていないと肛門や直腸まで裂傷をおこすことがあります。そうした危険性のあるときには必要に応じて、ハサミで会陰を切ることをいいます。切開する方向によって、正中切開、正中側切開、側切開の3種があります。