ニコチン依存からの脱却は・・・放射能の除染よりも緊急課題・・・

たばこの煙には4000もの化学物質が含まれていると言います。
おまけに放射性物質が含まれている事がわかっています。
その化学物質や放射性物質はたばこの煙に被爆する人々に健康被害を与えます。
たばこの害は原発の放射能被害より現時点では深刻だと思います。
どうしてたばこの煙の排出を禁止しないのでしょう。

view199

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • たばこの煙・・・主な成分・・・

  • タバコの煙に含まれる化学物質は4,000種ほどで、 そのうち約200種は致死性有害化学物質とされ、 動物に癌を作るものはベンゾピレン(ベンツピレン)をはじめとする60種類(数値は2003年現在)。

    天然のタバコ葉由来の成分の他、紙巻タバコ工場では600種類の有害化学物質 を添加しているとされるが、その主目的はニコチンの吸収を高める目的であり、 より依存性を高めることである(但しクマリンは甘味づけのため)。
    出典 :タバコの主な成分
     

    身体に悪いものをたばこ工場で600種類も添加しているというのは何故故に・・・

    ニコチンの吸収を高める、依存性を高めるだけにするとは米国だったら訴訟が多発しているでしょう。

    化学物質の被爆は明らかに健康に害を及ぼすものなのに、どうしてたばこの煙を原発と同じように禁止しようとはいわないのだろうか・・・たばこを吸うのは本人の勝手だし、他人に迷惑をかけない(たばこの煙の害が喫煙者だけに及ぼすのはかまわない)方法を採るようにすぐにでも「たばこ煙排出制限」を行うべき。原発の稼働反対、廃止よりも先だろうに・・・

  • たばこに含まれる放射性物質

  • タバコにポロニウムが相当量(0.51~0.60pCi/本)含まれている
    出典 :タバコに含まれる放射性物質についての緊急声明 葉タバコの放射性物質(ポロニウム、放射性鉛、プルトニウム、ストロンチウム、セシウムなど)および製品タバコに含まれる放射性物質ポロニウム測定の要望 日本禁煙学会
     

    禁煙学会さんのおっしゃることはごもっとも・・・原発反対の方々のおっしゃることもごもっとも・・・

    たばこの煙の排出による化学物質の被爆を無くせば良いわけですから、たばこの煙は喫煙者だけが吸う。たばこを吸った後の吸い殻は喫煙者自らが危険物質として処分する(当然、燃えるゴミには出せません)。分別収集などよりもたばこは一般ゴミとは別に出すことを徹底しなくてはなりません。

    原発反対の方々は、どうして放射性物質を常にばらまいている喫煙者に対して、何も言わないのでしょうか?

    たばこ会社は放射性物質の排出がないたばこを生産できるのにしていない・・・すぐにでも生産方法を変えるべきだ!

  • 喫煙のデメリット・・・

  • 喫煙によって多くのリスクを背負うことになります。

  • 禁煙のメリット・・・

  • 禁煙をすることで多くの健康を獲得することが出来ます。

  • ニコチン依存判定法・・・6点以上は重度の依存・・・

  • FTND(Fagerstrome Test for Nicotine Dependence・Heatherton, 1991)というスコア(質問紙)があります。  

    このスコアを見るとアル中さんとよく似ていると思えます・・・ニコチン依存症という事がよくわかります・・・酷

  • 喫煙者の一日も早いニコチン依存からの脱却を願います・・・