イタタタ!産後の腰痛トラブル

産後に多いトラブルの一つが腰痛です。
原因は?対処法は?
産後の腰痛についてまとめました。

view370

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後の腰痛の原因は?

  • ポイントは骨盤

     

    出産で大きく開いた骨盤。
    これが腰痛の大きな原因となります。

  • 赤ちゃんを産んだあと、骨盤の関節はゆるんだ状態のままなのです。
    徐々に戻りますが、体を動かすことでゆるんだ骨盤が歪みやすくなっています。この歪みが腰痛の原因。
    また赤ちゃんの抱っこや授乳など、かたよった姿勢を続けていることも腰を痛める原因になります。産後の腰痛対策には、クッションを使って腰への負担を減らす方法と体操で腰の筋肉をほぐす方法があります。
    出典 :産後の腰痛…その対策は? | ラルーン
  • 産後歪んだ関節、疲れが蓄積した体、それでもお母さんは24時間赤ちゃんをお世話しなくてはいけませんものね。赤ちゃんのお世話は腰にも負担が来る体勢も多いです。

  • 恥骨結合の問題

  • 産後の腰痛で注意しなくてはいけないこと

     

    それは恥骨結合の分離というものです。
    どういうことでしょうか?

  • 骨盤は、妊娠中にホルモンの影響で緩みますが、そこに出産の強い負荷(狭い骨盤の間を赤ちゃんが通ることは大きな負荷になります)が加わります。
    そのことにより、骨盤の中でも特に、恥骨結合の部分に障害が出る可能性が高くなります。この「恥骨結合の分離」は、専門病院の超音波検査で診断が可能です。
    出典 :女性の腰痛~ 産後の腰痛:腰痛ナビ
  • 仙腸関節の問題

  • ホルモンの影響等で・・・

     

    体の様々な関節が歪みやすくなっているのが産後です。

  • 骨盤の後方にある左右2ヶ所の関節、「仙腸関節」にも大きな負担が加わります。この部分も非常に強い靭帯で支えられていますが、妊娠・出産によって関節がゆるくなりバランスを失い、腰痛の原因となることがあります。
    出典 :女性の腰痛~ 産後の腰痛:腰痛ナビ
  • 恥骨結合、仙腸関節の問題は、それらの関節を安定させる専用のベルトで症状をやわらげることができるそうです。

  • 筋肉の問題

  • 腰を支える筋肉も弱っています

     

    妊娠中、産後の生活パターンで筋肉も弱っています。
    ダイエットだけでなく、鍛える意味でも無理の無いトレーニングが大切です。

  • 出産によって骨盤の底にある筋肉が緩んでしまいます。そのため適切なエクササイズや治療を行わないと、以下の症状が出ることがあります。
    ●咳やくしゃみで失禁する。
    ●産後、慢性的な腰痛が残る
    出典 :女性の腰痛~ 産後の腰痛:腰痛ナビ
  • 咳やくしゃみで尿が漏れてしまうというお話はよく聞きますね。会陰切開をしているので痛みを避ける為に体に力を入れずにいることも原因と言われています。

  • 授乳クッションで腰痛対策

  • 腕の力だけで赤ちゃんを支えると、徐々に腕がだるくなり赤ちゃんが適切な授乳位置より下がってしまいます。すると前かがみの姿勢になり、腰に負担がかかることに。
    授乳クッションをひざに置けば、楽な姿勢で授乳でき腕も疲れにくくなりますよ。
    出典 :産後の腰痛…その対策は? | ラルーン
  • 腰痛クッションで腰痛対策

  • イスに直接座ると、座面にお尻の骨(骨盤)があたります。すると骨にかかる圧力が苦になって、姿勢をくずし腰の負担が増えることに。
    腰痛クッションは、お尻の骨にかかる圧力が分散するような作りになっているので、姿勢がくずれず腰への負担も少なくなります。
    出典 :産後の腰痛…その対策は? | ラルーン
  • クッションは産後のお母さんにとって色々な場面で頼れる相棒ですね♩少しでも腰に負担が少なくなるように工夫するようにする事が一番ですね。