30代からの綺麗な大人メイクのコツ。脱オバ顔、脱マンネリ!

このままじゃいけない…綺麗な大人メイクの条件って何でしょうか?
30代以降の女性のために、3つのポイントで綺麗な大人メイクをまとめました。
1つめはTPOをわきまえること、
2つめはベースメイクで老けポイントを自然に隠すこと、
3つめはある程度トレンドも取り入れ、ワンパターンメイクを脱却すること。

view119

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どんな場面でも、お決まりのワンパターンのメイクでは素敵な大人の女性を演出することは出来ません。
    出典 :30歳からのメイクアップ Vol.6-ファイブマガジン
     

    大人の女性ならメイクでまずわきまえておきたいのがTPOです。
    若い頃なら濃すぎるメイクでない限り、若さで多少のミスマッチならごまかすことができます。
    しかし、大人世代になるとメイクした顔が自分の顔になってしまいます。
    大人になると自分の顔に合うメイクや、得意なメイクになりがちですが、これがオバサン化の元!
    シチュエーションに合わせてメイクも着替えましょう。

  • メイクした女性 user:wilkernet

     

    よく、パーティーシーンやドレスを着る場面などで普段のオフィスメイクのままの女性がいますよね。
    これが10代や20代前半なら「可愛い」で済んでしまいますが、
    大人世代の女性が普段着メイクで来ると「貧相」「痛い」「ドレスや和服に顔が負けてる」状態になってしまいます。
    ドレスアップするときはメイクもドレスアップするのが大人のマナーです。

  • 金髪の女性 user:wilkernet

     

    逆にハイキングやバーベキュー、リゾート、この季節なら運動会などで
    バッチリメイクの女性もよくいますよね。
    これも、10代や20代前半のコなら、
    「ギャル系なのかな?可愛いね」で済んでしまいますが、大人の女性がそれをするといかにもオバサンくさくてなんだか気の毒な気分になってしまいます。
    アウトドアのシーンでは太陽光に似合うメイクがお洒落です。
    写真の女性のようにサングラスを取り入れるのも良い演出と紫外線防止になりますね。

  • 印象を左右するものとして、カラ―の他に質感があります。ファンデーション、アイシャドー、リップなどの質感です。マットなもの、艶のあるもの、キラキラしているものなど、それぞれの質感の違いは、微妙に人の気持ちに作用します。
    出典 :専門家コラム第2回 本来持っている内側の輝きを外側へ引き出すメークの心得|免疫美人ラボ【免疫美人Labo】
     

    メイクというとカラーのニュアンスが気になりますが、実は大きいのが質感です。
    たとえば全く同じ色のリップでも、
    マットなものとラメ入りのもの、細かいパールの入っているものやぷるぷるの艶感を演出するものでは全く印象が異なります。
    ベージュのリップでもプルプルジェリー状に見えるグロスならカジュアルなシーンにぴったりです。
    マットな口紅ならブラックフォーマルの場でも使えます。
    オフィスなどでは中間のある程度光を感じさせる質感がエレガントでしょうね。

  • 肌作りの正解は、コントロールカラーやコンシーラーでシミやくすみをカバーしてからファンデーションを極力薄く塗ること。
    出典 :アラフォー女性に本当に似合うメイクとは?/大人の極上ナチュラルメイク [キレイスタイル]
     

    大人になったらベースメイクにひとてまかけて。
    TPOによっても違いますが、
    今時、普段着メイクやオフィスメイクでがっつりマット肌というのはドン引きかも!?
    軽い艶肌メイクが普段メイクのマストです。
    気になる年齢サインはファンデを塗る前にカバーしておきましょう。
    めんどう…と思われるかもしれませんが、慣れると余分にかかる時間は数分もありませんよ。
    私の場合は法令線と頬のシミを下地の後スティックのコンシーラーで消してから
    ファンデーションを塗っています!

  • 悩める40代 クマ、シミ、たるみをお絵描きテクニックで無かった事に!!

     

    おぐねーが40代のモデルさんをベースメイクで若返らせています。
    シミや皺、法令線など、30代も後半になってくると
    老け顔の悩みは尽きません。
    かといってファンデーション厚塗りでカバーするとそれはそれで老けて見えるものです。
    大人の女性は悩みのポイントをコンシーラーやスティックファンデでフォローして
    ファンデ自体は薄付きに塗るときれいで自然です。
    おぐねーはファンデーションもファンデブラシで軽く付けていますね。

  • 顔の印象を左右する眉。イマドキ感を出すポイントは、太く、短く、薄めに描くこと。
    出典 :イマドキ感は「眉」に宿る! 老け顔メイクを卒業する方法 - Love your life.|MYLOHAS
     

    大人メイクでは、若い女性のメイクをそのまま取り入れるのはNG!
    でも、情報のアンテナはしっかり張って、トレンドのアウトラインは抑えておきましょう。
    古臭い顔というのはいくら似合っていて綺麗な大人メイクであっても
    オバサン臭く見えてしまう元です。
    たとえば、時代のサイクルで流行が移り変わる眉毛は、今の形を顔に合う程度に取り入れておくのが無難です。
    まだアムラー細眉を引きずっていたりしませんよね!?

  • アラフォー向けアイメイク シャドーを入れすぎない 星泰衣さん

     

    アイメイクを若い頃のままのテクニックでしていませんか?
    若い頃は、目元の陰影をつけるためにアイシャドウは暗さを足していくのが基本です。
    今流行中のハーフ顔メイクなどは特に陰影を足していきますよね。
    でも、アラフォーになったら若い人のメイクをそのままやっては駄目!
    年齢を重ねると、まぶたが痩せたりしていやでも陰影ってついてしまいますよね。
    そこに若い頃のメイクをそのまましたり、雑誌で見たままのメイクをほどこすと、ますます老けてしまうのです。