大腸ポリープの大きさで変わる癌の可能性について

大腸ポリープの大きさ癌の可能性については、関係があることを知っていましたか?その大腸ポリープの大きさと癌の関係について、まとめてみました。

view285

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腸ポリープの大きさと癌の関係

  • 企業や地域の集団検診、人間ドックなどで「大腸ポリープがあります」といわれて、驚いた人も多いのではないでしょうか。大腸ポリープはある程度以上の大きさになると、がんを含む可能性が高くなります。
    出典 :大腸ポリープとは-JPS-
  •  

    6~10mmのポリープで、12%の癌化の可能性があると言われています。

  • 大腸腺腫が癌になる可能性は、どれくらいあるのでしょうか?
    以前は、「腺腫はすべて前癌状態である」、つまり、癌になる一歩手前の状態であると考えられていました。
    出典 :大腸ポリープ・大腸癌(がん).com - 3.大腸ポリープの癌化【大腸癌(がん)】
  • しかし現在では、癌になるのは腺腫のほんの一部であることがわかってきました。
    どのような腺腫が癌になるのでしょうか?
    出典 :大腸ポリープ・大腸癌(がん).com - 3.大腸ポリープの癌化【大腸癌(がん)】
  • ここでポイントになるのが、腺腫の大きさです。腺腫の直径が5mm を超えると一部癌化したものが出てきます。さらに10mmを超えると急激に癌を含む可能性が高くなってくるのです。
    出典 :大腸ポリープ・大腸癌(がん).com - 3.大腸ポリープの癌化【大腸癌(がん)】
  • 大腸ポリープとは

  • 大腸にできる隆起性の病変(いぼのようなもの)を一般に大腸ポリープといいます。
    いろいろな形があり、大きさも1mm程度から5cm以上までいろいろです。
    出典 :大腸の病気│よくあるご病気について│かねこ大腸肛門クリニック
  • ポリープでは通常症状はあらわれません。しかしポリープが大きくなると血便や便秘などの便通異常があらわれます。さらに大腸がんになると、腹痛、便が細くなる、貧血などの症状があらわれます。
    出典 :大腸ポリープと大腸がん
  •  

    腫瘍とそれ以外のポリープが存在し、腫瘍の場合には癌化の可能性があります。

  • 炎症性のもの、過誤種腫性(大腸粘膜に迷入した細胞から発生する)、腫瘍性のものなどがあります。それぞれ形だけでは判別は難しいのですが、大腸ポリープのうち8割以上は腫瘍性のものと考えられています。
    出典 :大腸の病気│よくあるご病気について│かねこ大腸肛門クリニック
  • 腫瘍性のポリープはそのまま放置しておくと少しずつ大きくなり5年ぐらいでがん化するものもあるといわれています。
    出典 :大腸の病気│よくあるご病気について│かねこ大腸肛門クリニック
  • 癌になるポリープとならないポリープ

  • ポリープは大きく「腫瘍」と「それ以外のポリープ」に分けられます。
    腫瘍以外のポリープには炎症性のポリープや過形成によるポリープなどがあります。
    出典 :大腸ポリープとは-JPS-
  • 炎症性のポリープは潰瘍性大腸炎、クーロン病などの腸の炎症性の病気や感染症など、腸に強い炎症を引き起こす病気にかかった後にできます。過形成性ポリープは歳をとるとほとんどの人にみられるもので、一種の老化現象とも言えます。
    出典 :大腸ポリープとは-JPS-
  • この2つのタイプのポリープは、基本的に正常細胞が集まってイボ状になったもので、がんとは無関係です。放置しても大腸がんになることはほとんどありません。
    出典 :大腸ポリープとは-JPS-
  • 【大腸ポリープの種類】
     ・癌にならないポリープ:炎症性のポリープ、過形成性ポリープ
     ・癌になるポリープ:大きな腺腫

  • 良性の腫瘍は、「腺腫(せんしゅ)」と呼ばれています。大腸ポリープの80%は腺腫で、特にS状結腸や直腸によくできます。そのため、一般にポリープという場合は、この腺腫を指す場合が多いようです。
    出典 :大腸ポリープとは-JPS-
  • そして、大腸がんとの関係で一番問題になるのが、この腺腫なのです。
    がんと同じように、腺腫は粘膜上皮を形成する腺細胞が異常をきたして増殖したものです。そのため、大きな腺腫はがんになる一歩手前の状態(前がん状態)と言われています。
    出典 :大腸ポリープとは-JPS-
  •  

    多くの大腸がんは、腺腫から発生すると言われています。

  • 【ポリープの大きさによる癌の可能性】
     ・5mm以下のポリープ:1%程度
     ・6~10mmのポリープ:12%程度
     ※日本では、6mm以上の大きさがあるポリープについては手術を行う傾向にある。

  • 最後に

  • 良性のものも多いポリープですがその中には確実に悪性の腫瘍もあります。
    つまり、ポリープができる、あるいはできたということはそれだけで、できない人よりも大腸がんになりやすいといえるのです。
    出典 :大腸ポリープとの関係
  • 一度でも腸にポリープが見つかった人は、過度に意識して神経質になり、ストレスを溜め込む必要はありませんが、自分がポリープができやすい体質かもしれないという可能性を疑い、定期的な検診を受け、日常生活のなかで、大腸がんの発生を防ぐ行動を心がけることを強くお勧めします。
    出典 :大腸ポリープとの関係
  •  

    年1~2回、便潜血検査(べんせんけつけんさ)をおこなうことで、大腸ポリープの早期発見が可能です。
    気になる方は検査してみてはいかがでしょうか?