季節の変わり目、春先スキンケア特集

乾燥の激しい冬が終わり、花粉の舞う春先。どんなスキンケアに気を付ければよいのでしょうか。春先スキンケアについてまとめました。

view103

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ゆらぎ肌

     

    春先 の不安定な肌状態「ゆらぎ肌」はこんなことが原因で起こります。

    空気の乾燥と気温差
    紫外線量の増加
    環境の変化によるストレス
    花粉による肌刺激

  • 朝の洗顔は寝ている間に分泌された油分や顔に付着したほこりを落とすことが目的です。冬場は乾燥気味だった肌も、この頃になると代謝が活発になり皮脂汚れもたまりやすくなります。肌のうるおい成分が流出しないよう手早く洗い、泡残しがないようにすすぎましょう。顔を拭くときはゴシゴシとせずに、タオルで肌を軽く押さえるようにして、水分をとっていきます。
    出典 :http://allabout.co.jp/gm/gc/64126/2/
     

    こすらず優しくケアしましょう。

  • 化粧水の3回付け。やり方はとっても簡単です。洗顔→化粧水→(浸透タイム)→化粧水→(浸透タイム)→化粧水を行うだけ。浸透タイムは歯磨きをしたり、ボディケアなどをしていれば、時間のないときでも無駄なく過ごすことができます。1回付けるごとに、手のひらでプレスすると浸透力がUPします。
    出典 :3/5 春先の不安定な肌状態「ゆらぎ肌」 [敏感肌] All About
     

    3回付け。ぜひ実践してみて。

  • 肌の内部にきちんと水分がないと肌機能が低下し、乾燥やたるみなどの肌トラブルにつながります。化粧水で水分を補給したら蒸発しないよう乳液(クリーム)で潤いを閉じ込めてあげましょう。顔が濡れているようだと乳液(クリーム)が上手く付きません。化粧水が馴染んでから乳液(クリーム)を付けていきます。化粧水の上に乳液(クリーム)をのせていくような感じででつけていき、顔全体に広がったら、最後に手の平で顔を抑え、手の温度で肌によく馴染ませます。
    出典 :4/5 春先の不安定な肌状態「ゆらぎ肌」 [敏感肌] All About
     

    乳液は手のひらで温めるように浸透させましょう。

  • スキンケアにおいて紫外線対策が必要なのは、夏だけではありません。たしかに紫外線の量がピークを迎えるのは7月ですが、3月から急増しているのです。ですから、3月に入って春めいてきたら、紫外線を意識した生活をする必要があるのです。
    出典 :春のスキンケア - スキンケアの森
     

    春だって、紫外線対策を。

  • 春は暖かくなったり寒くなったりを繰り返し、気温が安定しない季節。また、花粉症をはじめとするアレルギーで肌がかゆくなったり、赤くなったりというトラブルも起こりがち。春は肌の水分と油分のバランスが乱れやすく、肌トラブルがおこりやすい季節でもあるのです。

    春の肌トラブルにみまわれないためには、毎日のスキンケアの積み重ねが重要。ヒアルロン酸やセラミドが配合された化粧水や美容液などを活用して、保湿第一のスキンケアを心がけましょう。
    出典 :春のスキンケア - スキンケアの森
     

    春先こそ入念な保湿とケアが必要です。

  • 春先は空気の乾燥に加えて、紫外線もだんだんと増加するので肌にとって負担がかかります。
    花粉症などのアレルギーによって、肌が過敏になることもしばしば。
    そんな不安定な肌こそ心がけたいのが、徹底した保湿です。普段より潤いを肌にしっかり蓄えること。化粧水をたっぷり使う、保湿に特化した美容液を使う、乳液やクリームなどできちんとフタをすることが大切です。
    また、クレンジングにも気をつけるべき。洗い過ぎによって乾燥を加速させることもあります。ゴシゴシこすらずに、泡をころがすようにやさしく洗いましょう。
    出典 :目からうろこの「おっ!」なお悩み相談 - 「おっ!」を見つけて新生活も女子力をみがこう! - Yahoo! BEAUTY
     

    ヘアメイクプロのアドバイスです。

  • 春先向け化粧品

     

    気温の変化や、生活の変化がお肌に現れやすいこの時期、お肌の敏感さが増す時期でもあります。不安定なお肌には、保湿と保護が最も大切です。外部からの刺激や乾燥からしっかりとお肌を守り、お肌に安らぎを与える保護クリームを使いましょう。 
    アルゴテルムの「フリュイド カレス プロテクタール」が敏感さを感じるお肌にはおすすめです。海藻と植物から作られたイノセンシ スージングコンプレクス配合で、お肌に安らぎを与えます。

  • 粉やホルモンバランスの乱れでアレルギーや肌荒れも起こりやすくなります。Tゾーンなどの皮脂分泌が盛んな部分はしっかりと洗浄し、カサつく部分は潤いを与えるといったようなパーツケアと体調管理が春の美肌の鍵となります。
    出典 :季節の変わり目とスキンケア | スキンケア大学
     

    体の内側から、体調を整えることも必要です。

  • お肌がカサカサと乾燥しているので、皮脂が足りない状態ですよね?
    そんな時には、お肌の水分をピッタリと閉じ込めてくれる、オイル系のクリームはオススメです!
    出典 :春のスキンケア~乾燥肌予防について | ピュアラバリ
     

    春先は、冬と同じくらいの保湿ケアが必要だそうです。

  • 春先に一番気をつけないといけないのが、日光です。特に紫外線には注意しましょう。紫外線量は冬場は少なく、春先から夏にかけてどんどん増えていきます。冬に日光に対する抵抗力が弱っているところで、春になって薄着で外に出ることが多くなってくると、カブレや湿疹を起こしてしまうことがあります。
    出典 :季節のスキンケア クチコミ広場
     

    デリケートな肌の方は、特に注意が必要です。

  • 肌に花粉・ホコリ・黄砂などが付いたまま洗顔やクレンジングを行うと、刺激物質を顔全体に混ぜることになります。汚れが強いだけでなく、花粉・ほこり・黄砂などが研磨剤のようになり肌を傷つけます。

    ◦クレンジングの前にかけ流すようにすすぎ肌の上に付いている汚れを落としてから、
    軽く水気をおさえてクレンジングをはじめましょう。
    ◦洗顔前のすすぎをやさしくかけ流すようにすると、
    肌の上に付いている汚れが落ちて刺激の少ない洗顔ができます。
    ◦スプレー型の化粧水を顔全体に吹きかけてから、ティッシュで軽く水気をおさえると汚れが付着し、
    その後のクレンジングや洗顔の刺激が少なくなります。
    出典 :ログイン|カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
     

    春は、顔についてほこりや花粉を落としてからクレンジングしましょう。

  • 肌が乾燥すると角質層の細胞と細胞の間にすき間ができ、花粉・ほこり・黄砂の刺激を敏感に感じるようになり、肌荒れやかゆみ、赤みを起こしやすくなります。
    また、花粉・ほこり・黄砂が肌に付着すると肌は「いつもと違うものが肌に付いた!」と攻撃態勢に入り、アレルギーを引き起こしやすくなります。やさしく正しいスキンケアをおこなうことで、肌のバリア機能は高まり、花粉・ほこり・黄砂に負けない肌を作ることができます。

    ◦スクラブ、泥パック、顔そりなど、角質ケアを頻繁にしない。
    ◦低刺激なスキンケア化粧品を使う。
    ◦化粧水と乳液で肌をやわらかく保ち、角質層にすき間をつくらない。
    ◦バランスの良い食事をとる。
    ◦睡眠不足にならないようにする。
    出典 :http://www.fuwapo.com/plan000/plan004/010.html引用の出典元を入力
     

    正しい生活習慣を送ることで、肌トラブルを回避しましょう。

  • ◦外出先から戻ったらお部屋に入る前に、服に付いた花粉・ほこり・黄砂を掃いましょう。
    ◦大きめのマスクで顔半分くらいを覆う。
    ◦つばのある帽子で髪や頭皮を守る。
    ◦鼻をかむ時は、ティッシュに化粧水を少し含ませて「潤いティッシュ」にすると乾燥や肌荒れを防ぐことができます。
    出典 :花粉・ほこり・黄砂から肌を守るスキンケア|敏感肌 乾燥肌 スキンケア化粧品の口コミ情報 |Fuwapo
     

    ちょっとしたひと手間があなたの肌を守ります。

  • 春の日焼止め剤の使い方
    日常生活では、その日の行動に対応した日焼け止め剤を使うと効果的です。自分に合ったものを選びましょう。
    ★日常の短時間の外出(散歩・買物など)
    SPFl0~20、PA+
    ★長時間の外出(スポーツやレジヤーなど)
    SPF20~30、PA++
    出典 :スキンケア・美肌作りの基本
     

    春には春の使い方をしましょうね。