アンチエイジングするなら【活性酸素】を知っておこう

アンチエイジングするならこの活性酸素をしらなくては
どのような事をしても無駄になってしまいますよ?

view113

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 活性酸素

  • 呼吸で体に入った酸素の一部は、物質を酸化する活性酸素に変化する。活性酸素は体に侵入した有害な異物を攻撃することで、体の健康を護っている。ただし増えすぎると健康な細胞をも攻撃して体の老化が早まってしまうので、活性酸素を増やす環境や生活習慣を避けることが大切。抗酸化力の強いものを意識的に食べるのも、老化対策に有効。
    出典 :【活性酸素】体に入った酸素が酸化作用をもつ物質へ変化したもの | ダイエットSlism
     

    老化対策しましょ

  • 活性酸素は、呼吸で取り込まれた酸素が変化したもの

     

    呼吸をして酸素が体のなかに取り込まれると、取り込まれた酸素のうちおよそ2%が、物質を酸化させる活性酸素へと変化する。活性酸素は、電子が安定しておらず他の物質と反応しやすいフリーラジカルをもつものと、もたないものとに大きく二分される。前者の代表的なものにはスーパーオキシドやヒドロキシラジカルが挙げられ、後者の代表的なものには過酸化水素や一重項酸素が挙げられる。

  • 体内公害

  • 原子核のまわりの電子が2コでペアになっているのが、いわゆる安定した状態だ。そこで、不対電子をもった不安定な活性酸素は、何とかして自分は安定しようと悪さを考え、あたりかまわず近くの分子から電子を奪い取ってきてしまう。これが「酸化させる」(サビさせる)ということだ。
    出典 :活性酸素って何だろう?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    難しい解釈ですが一応ね・・・

  • こんな具合に体内の細胞を酸化させ、細胞の正常な働きを失わせ、その結果、老化やいろいろな病気を引き起こす。シミやシワなどのほか、ガン・動脈硬化・糖尿病・老人性痴呆・白内障といった大変な病気の引き金にもなるといわれている。
    出典 :活性酸素って何だろう?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 過剰発生する理由

  • 活性酸素はどんな時に過剰発生するか

    活性酸素は、私たちが呼吸し、食べ、歩き、眠る、そんな普通の生活をしていても発生します。つまり生きている限り縁は切れません。でも、特に大量に発生しやすいのは


    ○激しい運動をした時
    ○細菌やウイルスに感染した時
    出典 :2/3 「活性酸素」を食べ物で退治!! [食と健康] All About
  •  

    ○強いストレス状態にある、その状態が続いている時
    ○紫外線や排気ガスなど大気汚染にさらされている
    ○食品添加物を摂取
    ○ダイオキシン、電磁波などの環境要因
    ○喫煙、肥満など

  • 老化を防ごう

  • 環境や生活習慣の改善で、老化が早まるのを防げる

    呼吸は、命を永らえさせるための重要な生理現象であるため、避けることはできない。
    よって呼吸によって活性酸素が生じて、加齢とともに体が老化へ向かってゆくのも、避けることはできない。
    出典 :【活性酸素】体に入った酸素が酸化作用をもつ物質へ変化したもの | ダイエットSlism
  • しかし必要以上に体のなかの活性酸素を増加させて、老化が早まるのを防ぐことはできる。
    具体的には、外出時は日傘を使い紫外線に当たらないようにする、パソコンを使用する際はブルーライトカットのメガネをかける、タバコは控えて十分な睡眠をとるようにするといった方法がある。
    出典 :【活性酸素】体に入った酸素が酸化作用をもつ物質へ変化したもの | ダイエットSlism
  • 食べ物で

  • ●ビタミンC
    血液中などの水分の多い場所で強い抗酸化力を持ちます。レモン、いちごなどの果物、緑黄色野菜に多く含まれます。
    出典 :3/3 「活性酸素」を食べ物で退治!! [食と健康] All About
  • ●ビタミンE
    脂溶性のビタミンEは、若返りのビタミンとも呼ばれています。酸化されやすい不飽和脂肪酸でできている細胞膜に存在し、その酸化を防ぎます。ごま、うなぎ、ピーナッツなどに多く含まれています。
    出典 :3/3 「活性酸素」を食べ物で退治!! [食と健康] All About