甘く見るとこじらせる!【時差ボケ解消】

年末年始、海外旅行に行く人も多いのではないでしょうか。
休暇明けの生活に支障をきたさないためにスムーズな時差ボケ解消法をしっておきましょう!

view252

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 時差ボケに特効薬は存在しない

  • 時差ぼけを甘くみてこじらせてしまった場合、疲れやすかったり、頭痛がしたり、眠りが浅かったり、眠れなかったり、食欲がなくなったり、といった症状が長い人だと1カ月あまり続く、ということもあります。
    出典 :夏休み前に知っておきたい「ザ・時差ぼけの治し方」9つ : ライフハッカー[日本版]
  • 甘く見ると 症状が長引く事も

  • 時差ボケの症状

  • 時差ボケによる症状で最も多いのは、睡眠障害です。
    他にも、ぼんやりする、頭が重い、胃腸障害、目の疲れ、吐き気、
    イライラ感などの症状が起こります。
    出典 :これで完璧!時差ボケ解消法まとめ | 眠り.com
  • 時差ボケの症状は、目的地に到着した直後が最も強いように思いますが、実際には2~3日目が一番辛い

  • こんな人は特に注意

  • 朝型人間の方が夜型人間 よりも、時差ボケの症状が強く出やすい

     

    早寝早起きが得意で、活動のピークが午前中にある 「朝型人間」は、体内時計が、生活リズムの変化に順応しにくいためと考えられています。

  • 歳をとるほどに時差ボケからの回復が遅くなってくる。

     

    若い人に比べて中高年者は、時差ボケによる睡眠障害や日中の眠気・疲労感が強くなり、睡眠の効率も悪くなります。

  • 内向的な人ほど時差ボケの症状が出やすい

     

    神経質でナーバスな人や内向的な人は、時差ボケの回復に時間がかかります。人と会話したり遊んだり、あるいは仕事をすると、生体時計の調整が早く進みます。内向的な人は、外向的な人に比べて、これらの 社会的同調因子が少なくなるため、症状が長く続くのです。

  • 時差ボケ解消法

  • 1.朝の太陽の光を浴びる

  • これは主に東方向に移動する際に有効なのですが、逆に西へ移動する場合は、夜に明るい光に当たることによって眠くなる時間帯を遅らせることもできます。一説に寄ると人の身体は光を浴びてから15時間から16時間後に眠気がやってくるのだそうです。
    出典 :夏休み前に知っておきたい「ザ・時差ぼけの治し方」9つ : ライフハッカー[日本版]
  • 2.食事の時間をできるだけ規則正しくする

  • 朝の光をうまく浴びられない場合は、せめて体が「今いったい何時くらいであるべきなのか」を認識しやすくするためにも、できるだけ規則正しい時間に食事を取るのが効果的です。

    朝ご飯は9時、お昼ご飯は12時、夕ご飯は7時など、ある一定の時間を決めておき、お腹の空き具合がいまいちだった場合は少しだけでも食べる、またはテーブルについて食べる振りだけでもしておく、とりあえずご飯を食べている人と一緒にいるだけでも効果的です。夜中に食べたり、早朝に食べたりと食べる時間を狂わせてしまうと、時差ぼけは長引きやすくなります。


    出典 :夏休み前に知っておきたい「ザ・時差ぼけの治し方」9つ : ライフハッカー[日本版]
  • 3.運動する

     

    なかなか眠れない時差ぼけの場合、眠りたいと思っている時間帯の数時間前に、全身がすっかり疲れきるまでからだを動かすという戦略も効果的です。たとえばプールなどで泳いでそのまま寝てしまうというのも手ですが、もちろん水泳などだけに限らず、ストレッチなどだけでも効果的です。

    また時差ぼけの症状は無気力状態でいるときほど長引く傾向があります。運動することにより、血液の循環を活性化し、心持ちを確かにしてから時差ぼけと向き合うことで、時差ぼけの早期解消を図ることができます。

  • 4.できるだけ人と会う

  • 同じ型の振り子時計を向かい合わせに吊るしおくと、別々に動いている振り子はいつのまにか同期している、という「ホイヘンスの振り子時計」というお話があります。同期しようとするのは人間も同じで、一人で家でのんびりと時差ぼけを治そうとすると、実はこれは逆効果な場合が多いです。

    外出して誰かと会うことにより、変な時間についつい寝てしまうなどの現象が回避でき、また誰かと会って食事をするというのは2.の食事の時間を規則正しくする、という効果もあります。また人というのは他人のエネルギーと同調するようにできています。正しい体内時計で生活している人と接することで、体内時計のずれはもどりやすくなるはずです。なので、時差ぼけの時に会う人は朝早く起きて、三食決まった時間に食べて夜はちゃんと眠る、という規則正しい生活をしている人が理想です。
    出典 :夏休み前に知っておきたい「ザ・時差ぼけの治し方」9つ : ライフハッカー[日本版]
  • ここまでは、とても基本的な当たり前ともいえることでしたが...この方の方法もどうぞ

  • ブライアン・トレーシー流 時差ボケ対策

     


    ビジネスコンサルタントとして高名なブライアン・トレーシーさんは多いときには月に何度もアジアやヨーロッパに出かけることがあるそうですが、彼には我流の時差ぼけ対策があり、この何年も時差ぼけに悩まされたことはないそうです。

  • 対策方法


    (1)たくさん水を飲む

    とにかく飛行機にいる間から大量に水を飲むように心がけてください。フライト一時間につき250mlくらいが目安です。なので10時間のフライトであれば2.5リットルくらい飲む計算になります。若干水ぶくれしますが、水なので通常一日で排出されます。


    (2)温かいお風呂に入る

    目的地に着いたらホテルのバスタブやジャグジーにお湯をため、温かいお風呂に浸かって身体を温めてください。時差一時間に付き、5分が目安です。例えば、時差が5時間ある場合は25分を目安にしてください。

    (3)昼寝をする

    お風呂から上がったら15分から20分ほど寝てください。20分後に目を覚ませば、時差ぼけはなおっているはずです。


    出典 :夏休み前に知っておきたい「ザ・時差ぼけの治し方」9つ : ライフハッカー[日本版]
  •  

    地味にツライ時差ボケ、基本的には規則正しい生活を心がけて上手に解消しましょう!