困った痛み、腱鞘炎・・・その治療方法。

どうやら腱鞘炎になっちゃったかもしれない?・・・となれば、どうしよう?と悩むもの。もしもの際の治療方法を中心にまとめてみました。

view835

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腱鞘炎とは?

  • 先ずは腱鞘炎の基本を知っておきましょう。関節を動かすのは筋肉ですが、筋肉の力を四肢の先端に伝える紐状のものを「腱」といいます。腱は浮き上がりを抑える「腱鞘」という、いわば「トンネル」の中を通っています。この腱と腱鞘の間に起きた炎症のことを腱鞘炎といいます。

  • 一般的なものは「狭窄性腱鞘炎」といい、中でも・・・

    ●ばね指(弾発指
    手指の屈筋腱に起こる(すべての指に起こり得る)
    ●デケルバン(ドケルバンともいう)氏病
    手首の親指側に起こる

    というように、発症する部位によって名前と症状が異なるものもあります。

  • 原因は?

  • 腱鞘炎の原因、その殆どは「酷使による腱と腱鞘の間の機械的な摩擦、その炎症」です。ペンを使う人、日常的家事、楽器演奏家、その他に最近ではゲームをやり過ぎる人もいるみたいです。また出産後や更年期など、女性ホルモンのバランスの変化する時にもなりやすいそうです。

  • エストロゲンというホルモンが減る時期に起こることが多いようです。本人の持ってる筋力に対して、大きな負担が長い時間加わって炎症が起こります。

  • カンタン!「親指の腱鞘炎」の解消法 - YouTube

  • 比較的に女性が多いのも、女性の方に筋肉の弱い人が多いからと言われています。

  • 腱鞘炎改善治療法!ドケルバン病 ばね指 テニス肘の症状と原因を解消! - YouTube

  • 体質にもよりますが、慢性的に筋を酷使していると無理は利かなくなる時がやって来ます。血行の悪い方、コリ症の方は特に気をつけましょう。

  • 主な治療方法

  • 一番効果があるのは「手や手首を使わないこと」です。しかし現代人にとっては手を使わないなんて無理な話、仕事をしている人ならば腱鞘炎の症状の為に長期休暇を取ることなどは、考えられません。

  • ■患部を温める

    人体は温めると血行がよくなります。スポーツ選手が競技を始める前に準備運動やストレッチするのも、体温を上げる事で血行を良くして滑らかな動きができる工夫です。いつもより長めにお風呂に入ったり、体操、ストレッチで体全体を温めて血行を良くしたりします。

  • 整骨院らくらく堂からのアイシング.mpg - YouTube

  • ■アイシング

    痛む腱鞘炎患部を冷やして治療する方法で、俗に「アイシング」も一つの方法です。アイシングの効果は同じ動作を繰り返して熱を持っている場所を冷やしてあげる役割があります。ただし原則、体を冷やす行為は必ずしも良いことではありません。あくまでも過剰に熱を持っている状態の時に、効果あるという程度に留めて下さい。

  • 腱鞘炎大革命 手首腱鞘炎 即効2分 治療法 - YouTube

  • ■準備運動

    治療というより、普段からの予防策として取り入れるといいでしょう。もし「キーボード打つのに準備運動なんて必要ない」「ピアノ弾くのに体全体の準備体操は必要?」「子供を抱っこするのに準備運動は必要?」とお考えの方は、騙されたと思って取り組んでみて下さい。有名歌手は良い声を出すため、声帯の障害を予防するために発声練習します。重たい物を持ち上げようとして、ギックリ腰をやってしまう人の多くは準備運動をしていない場合が殆どです。同様なことは腱鞘炎にも言えるのです。