ガムに含まれるキシリトールって一体??

キシリトールってよく聞くけれど、一体何?どんな効果があるの?聞いたことはあるけれどよく知らない。そんなキシリトールについてまとめました!

view573

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • キシリトールとは

  • キシリトールは天然素材の甘味料で、白樺や樫など広葉樹、トウモロコシの穂軸、イチゴなどの果物やほうれん草などの野菜に含まれています。
    樹木から取れる成分を原料として主にフィンランドで生産され、カロリーは砂糖の約75%、そして、虫歯予防の効果が認められています。
    出典 :キシリトールの使い方
     

    キシリトールは果物や野菜にも含まれているのですね!

  • 体内でも肝臓で1日に5~15g 生産されています。
    出典 :キシリトールとは
     

    キシリトールって、体内で作られていたんだ!

  • キシリトールの安全性

  • キシリトールは、1997年に厚生省(現厚生労働省)で食品添加物として許可される10年以上も前から、点滴剤に含まれる炭水化物として使用されていて、アメリカの食品衛生安全局でも、1日の摂取量に制限を与えない食品として扱われているなど、とても体にやさしい甘味料です。
    出典 :キシリトールとは|歯科情報あかりんご|りんご歯科クリニック
     

    安心して摂取して良さそうですね。

  • キシリトールの効果

  • 「むし歯の原因にならない」ということ。キシリトールは口の中で「酸」をまったく作りません。さらに酸の中和を促進する働きも持っています。唾液も出やすくなるなど、口中をむし歯になりにくい状態に保ってくれます。
    出典 :キシリトール|おもしろ雑学|JFSCP
  • 「むし歯の発生、進行を防ぐ」という効果。むし歯の原因となるプラークをつきにくくし、歯の再石灰化を促します。
    出典 :キシリトール|おもしろ雑学|JFSCP
  • むし歯の大きな原因とされる原因菌(ミュータンス菌)の活動を弱める働きを持っています。このむし歯原因菌への働きは、他の甘味料にはみられないキシリトールだけの効果です。
    出典 :キシリトール|おもしろ雑学|JFSCP
  • キシリトールのカロリーは、スクロースの60%程度である。
    また、キシリトールはスクロースよりも体内への吸収速度がゆるやかであるため、摂取しても血糖値が急激に上昇するようなことはない。
    よって、スクロースを主成分とする食品を、キシリトールを主成分とする食品に置き換える等することで、カロリーコントロール(ダイエット)に役立てることができる。
    出典 :【キシリトール】ダイエットや虫歯予防に効果的だが副作用に注意 | ダイエットSlism
     

    ダイエットにも効果があるのですね。

  • キシリトールガムの効果的な使い方

  • ガムを咬んで口の中に唾液が一杯になったらすぐには飲み込まず、出来るだけ溜まった唾液でクチュクチュと口腔内に行き渡らせると効果的です。加えて、味がなくなっても5~10分間咬んで下さい。キシリトールを毎日、摂り続けることで虫歯菌の除菌的な効果が現れ、その後も継続されやすくなります。
    出典 :キシリトールとは。
     

    ただ噛んでいればいいわけではないのですね!

  • むし歯リスクの高い方では、100%キシリトール配合のガムを毎食後と間食後、寝る前の計5回摂るようにする(1回に粒ガム2個摂るとよい)。

    夜寝る前のガム噛みは、「寝る前には歯を磨き、その後は何も食べないこと!」指導されてきた私たちにとってはちょっと抵抗がありますが、むし歯予防の先進国といわれるフィンランドではキシリトールを積極的に利用しているそうです。
    出典 :キシリトール
     

    ガムをいつ噛むかなんて考えたこともなかった!

  • キシリトールガムを噛んでいれば歯磨きをしなくていい!?

  • キシリトールがあれば、それだけでむし歯を防げるわけではありません。歯をむし歯から守るためには正しく歯を磨いたり、フッ素が配合されたはみがき粉を使ったりする事が大切です。
    キシリトールは、プラークを剥がれやすくし、ブラッシングの効果を上げたり、フッ素と一緒になって、より歯を硬くするなど、普段のむし歯予防に加える事で大きな効果を発揮します。
    毎日の習慣にプラスして、むし歯予防をしっかりサポートしてくれる。それがキシリトールなのです。
    出典 :キシリトール|おもしろ雑学|JFSCP
     

    あくまでも補助的に使用すべきなのですね。

  •  

    歯磨きは大事!

  • キシリトール製品を選ぶ基準は?

  • キシリトール製品を選ぶ基準は、その製品に使用されている甘味料あたりの50%以上がキシリトールであること、加えてキシリトール以外の甘味料(マルチトール・ソルビトール・マンニトール)も虫歯の原因にならないものであること、総重量のほとんどがキシリトールで占められることが推薦されます。
    出典 :キシリトールとは。
     

    やはりたくさん含まれている方が、効果的なのですね。

  • 摂取しすぎにも注意!

  • まれに、過剰摂取(1日にキシリトール量20~30g以上)で下痢が起こりやすくなることがあります(便秘がちな女性では喜ぶ方もいるようですが)。この場合は量を減らすか、摂取を一時中止したほうがよいでしょう。
    出典 :キシリトール
     

    ガムのパッケージにも注意喚起がなされていますよね。

  • 犬に与えてはダメ!

  • ガムに入ってるキシリトールは犬猫に有毒らしい。
     

    猫もだめなのですね~。

  • 犬がキシリトールを摂取すると、インスリンの過剰分泌によって肝障害や低血糖発作になってしまい、場合によっては死んでしまうこともあるそうです。最近は低カロリー商品が増えてきていますので、犬を飼っている方は注意が必要です。
    出典 :キシリトールとは|歯科情報あかりんご|りんご歯科クリニック