脳科学者に聞く、いつまでも「恋」していられる脳を作る

最近、ときめかないの・・そんなあなた。脳科学的にときめく心取り戻してみませんか?

view662

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳科学者の中野信子先生に「ときめき」について聞いてみた

  • “ときめき”の正体は、快楽や快感をもたらす脳内物質である“ドーパミン”。
    出典 :脳科学が明かす「ときめき」の正体 | web R25
  • RT @bot_miwa_38: いくつになっても 秘密にドキドキするでしょ?
    胸のときめきは 止められない
    いくつになっても 恋はツライlie ものでしょ?
    わかっているのに やめられないの
    恋する気持ちに 終わりはないよ
    間違いないでしょ?
    [いくつになっても]
     

    これがピカピカの「ときめき」ってやつですね。

  • 人間が種を存続をしていくための大切なシステムのひとつだとか。人間が個体の生存を優先して考えたとき、「子孫を残す」という行為は本来であれば負担になる。子育てにかかる経済的負担はもちろん、女性の場合は妊娠による肉体的負担も大きい。そのため、「恋=ときめき」によって脳の働きを一時的に麻痺させてやらなければ、人間の脳が「子孫をつくろう」と判断をするのは難しいのだとか。「ときめき」は、脳の発達によって理性が強くなった人類にとって、子孫を残すために必要な進化上の工夫というわけだ。
    出典 :脳科学が明かす「ときめき」の正体 | web R25
     

    脳科学的にときめきとは結局こういうことだそうで、割り切れます。

  • 脳科学的にはスイッチという言葉で割り切れちゃうのですね。

  • しかし、このドーパミンは加齢とともにへってしまうのですって・・

  • 最も「ときめき」を感じやすいのは思春期~20歳代前半ぐらいだそう。脳科学的には、20代後半からだんだんと「ときめき」を感じなくなってくるのは自然な現象というわけだ。
    出典 :脳科学が明かす「ときめき」の正体 | web R25
     

    20代すぎたらお先真っ暗?!

  • いつまでも恋していたい。ドーパミンがへればときめきも無くなるなんてイヤだ。

  • 年齢を重ねても「ときめき」を感じるためには「新しい刺激を与えて脳を喜ばせるようにすることが重要。常に脳を使うよう心がけていくことで、ドーパミンの減少スピードを遅らせることができる可能性があります」と中野先生。昔のような情熱的な恋がしたいという人は、嘆いていても始まらない。積極的に新しい異性との出会いを求めてみるのが近道かも?
    出典 :考える人へ。 「ときめき」の正体とは一体?脳科学者に聞いてみた
     

    中野先生。簡単にそんな積極的に新しい異性との出会いがある人ばかりではありません。

  • ドーパミンを増やすには、恋愛をするのが手っ取り早い方法です
    出典 :男と女で「ストレス解消法が大きく違う」脳科学的な理由 - Ameba News [アメーバニュース]
     

    簡単にいいますが。

  • 男性では女性より多くのドーパミンを必要とするため、よりスリリングでハイリスクな刺激を求める傾向が強い上にハマりやすいのです。
    出典 :男と女で「ストレス解消法が大きく違う」脳科学的な理由 - Ameba News [アメーバニュース]
     

    性差があるのですか・・

  • ドーパミンを増やす

     

    瞬間で増える。単純な方が増えやすい気がする。

  • 【やる気を蘇らせる方法】椅子に座り、目を閉じて両手を膝の上に置きます。右手を軽く握り、深く呼吸しながら大好物の香り、味、見た目などを思い出す。30秒間。ドーパミンが分泌。ドリンク剤よりよっぽど効きます。本番前に僕もよくやります。 sou_motto Yakudachi_BOT
     

    試してみましょう。

  • 【疲れない睡眠方法】
    ・寝起きに2回伸びをする(伸びをすると眠気が消える)
    ・「よく寝たな」と思う(思うだけで満足感が違う)
    ・朝鏡の前で笑顔を作る(ドーパミン分泌)
    ・夜感謝してから眠る(脳の満足中枢を刺激)
    ・寝る前にリラックスタイムを作る #有益なことをつぶやこう hass
     

    これも自分出気軽にためせますね。

  • 好きなことをやる

     

    カラオケをガンガン歌いまくる、それだけでもドーパミンがでる!
    好きなことに熱中して、どんどんやるのもいいそうです。