食事のタイプでダイエットに効くお茶は違うんです!

最近はダイエット専用のお茶なんかも出てますが、
せっかくダイエットの為に飲んでるお茶なのに、いま一つ効果が・・・
って思ったことはありませんか?

実は、食事のタイプで、効果があるお茶も変わってくるそうなんです!

view1652

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  


    ダイエットのために、お茶を飲んでいる方も多いですよね。ダイエットに効果のあるお茶は沢山ありますが、それぞれに違った特徴があります。


    引用)http://woman.excite.co.jp/News/love/20130920/Howcollect_4943.html?_p=1

  • ただ、食後にお茶を飲めば良いってもんじゃないんですね~。

  • ■脂っこい食べ物が好きなアナタには・・・

     




         「ウーロン茶」

  • 揚げ物やお肉など、脂っこいものが好きな方におススメなのが、「ウーロン茶」です。食べ物から摂取された脂肪は、体内でリパーゼという消化酵素によって分解・吸収されます。ウーロン茶ポリフェノールにはリパーゼの働きを抑える作用があり、それによって脂肪は吸収されることなく、そのまま腸を通過して排泄されます。
    出典 :食事タイプ別!ダイエットに効くお茶・4選 (ハウコレ)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    消化酵素の働きを抑えるんですね。

  • それ以外のお茶もスゴイ!

  • ■緑茶
    TVCMでも、お茶に含まれる“カテキン”がダイエットによいと紹介されていますよね。カテキンはポリフェノールの一種。抗酸化作用、血糖上昇抑制作用や、コレステロール上昇抑制作用、整腸作用などがあるといわれています。また、脂質を燃やす働きをする酵素を活性化させる効果もあり、食べるものの脂肪も、たまってしまった脂肪も分解・燃焼する力があることがわかっています。このカテキンは緑茶に一番多く、中でも煎茶や番茶に多く含まれます。緑茶にカテキンが多い理由は、緑茶が発酵されていないお茶だから。
    出典 :「緑茶vs.ウーロン茶」ダイエット効果があるのはどっち? | 美レンジャー
     

    ウーロン茶だけじゃない!脂肪を分解、燃焼させる能力のある緑茶もいいですね。

  • ■ウコン茶
    ウコンの色素成分である「クルクミン」が胆汁の分泌を活性化させることで、血中脂肪の濃度を減らし、コレステロールの減少に期待がもてます。また、胆汁には脂肪分解作用もあることで、ダイエットを促進するといわれています。

    ウコンの色素成分である「クルクミン」が肝機能回復に働くことは有名な話。よって、アルコール摂取量の多い人は、肝臓保護のためにも飲用すると◎。
    出典 :ダイエット茶で痩せるには?正しい飲み方・選び方 [食事ダイエット] All About
     

    ウコンの力って本当にスゴイんですね~~♪

  • ■ゴーヤ茶
    ゴーヤの種には「共役リノレン酸」という成分が豊富に含まれているのですが、体内に取り入れると「共役リノール酸」という成分に変わるのが特徴。この「共役リノール酸」は体脂肪の燃焼を促進する効果があることから、ダイエットに効果が期待できるというわけです。また、ゴーヤにはビタミンCや食物繊維も豊富なので、皮膚を紫外線から守ったり、整腸作用が期待できたりと、美肌づくりにもオススメです。

    ゴーヤの苦味が気になる場合は、オリゴ糖を加えて飲むと◎。オリゴ糖には便秘防止の効果があるので、食物繊維の豊富なゴーヤ茶との相性もよいでしょう。
    出典 :ダイエット茶で痩せるには?正しい飲み方・選び方 [食事ダイエット] All About
     

    ちょっと苦そう(苦笑)

  • ■甘いものが好きなアナタには・・・

     




        「ギムネマ茶」

  • 成分の「ギムネマ酸」が、糖分の吸収を抑制する働きがあり、糖分過多による肥満防止に有効です。また、「ギムネマ酸」は、腸における糖の吸収率を下げる作用があるので、血糖値の急上昇を避け、インシュリンの過度の分泌を抑えます。インシュリンの分泌が抑えられることで、結果、脂肪を吸収する作用も弱まり、体内に脂肪が蓄積されることも防ぐことができます。
    出典 :2/2 ダイエット茶で痩せるには?正しい飲み方・選び方 [食事ダイエット] All About
     

    糖分の吸収を抑えるなんて、エライ!

  • ギムネマ酸というギムネマ・シルベスタの一成分が、小腸におけるブドウ糖の吸収を抑制する効果のあることははっきりした。先ほどのラットを用いた実験の結果から推し測れば、ヒトにおいても、ギムネマ酸は食後の急激な血糖値の上昇を抑制する可能性は十分にある。このことは臨床的にも重要な意義をもつものと考えられる。

    インスリン分泌の不全によって高血糖をきたしている糖尿病患者の場合、食後の急激な血糖値の上昇は、膵臓を刺激してさらにインスリン分泌を強いることになる。ギムネマ酸のように、腸管からの糖の吸収を抑えることによって、血糖値の上昇を抑えることは、疲弊した膵臓のインシュリン分泌細胞の保護と、食後の血糖値管理上、きわめて有用であると考えられるのである。
    出典 :ギムネマの血糖値上昇抑制作用で糖尿病を撃退~代替療法食品研究会
     

    実験でも効果が認められているようです。

  • それ以外のお茶にも効果が!

  • ケーキやチョコレートなど、甘いものが好きな方におススメなのは、「プーアール茶」です。お茶は、不発酵茶・半発酵茶・発酵茶・後発酵茶と4種類に分けられます。発酵が進んだお茶ほど身体を温める効果が高く、プーアール茶は最も効果の高い後発酵茶の一つです。ケーキやチョコレートなどの甘いものには白砂糖が多く使われています。白砂糖は身体を冷やし代謝を悪くするだけでなく、悪玉菌のエサとなって腸内環境を悪化させます。プーアール茶にはビタミン・ミネラルが多く含まれている為、身体を温めるだけでなく、腸内環境の改善にも役立ちます。
    出典 :食事タイプ別!ダイエットに効くお茶・4選2/3 (ハウコレ)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    白砂糖が体を冷やすから・・・なんですね。

  • ■野菜が少ないアナタには・・・

     




        「ごぼう茶」

  • 外食が多く、野菜の摂取量が少ない方におススメなのが「ゴボウ茶」です。ゴボウ茶は、ゴボウそのものを乾燥させ、炒って作られたお茶ですので、煮出す際にゴボウに含まれる水溶性食物繊維「イヌリン」が溶け出します。イヌリンには、腸のぜん動運度を活発にする効果に加え、腸内で善玉菌を増やす働きがあります。また、意識しないと摂りづらいミネラルも含まれています。野菜不足の方は、どうしてもビタミン・ミネラル・食物繊維が不足してしまいますので、ゴボウ茶を飲んで補給しましょう。
    出典 :食事タイプ別!ダイエットに効くお茶・4選2/3 (ハウコレ)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    お茶なのに、食物繊維が摂れるなんて、すばらしい!

  • その他のお茶も効果大!

  • とても簡単なお抹茶の点てかた Ver.2(matcha no tatekata) - YouTube

     

    たまには、ちゃんと抹茶を点てて飲んでみましょう!

  • その他、炭水化物が好きな人は「サラシア茶」(糖の分解を抑える効果)など、
    それぞれ効果の違うお茶が沢山あるようです。
    自分の食生活にあったお茶を飲むようにすれば、
    より効果的なダイエットができると思います♪