「眠れない・・・!!」朝の目ざめが早すぎるのは不眠症~早朝覚醒の対策をしよう~

朝、まだ陽も昇らないうちに目が覚めてしまうことがありませんか?実はこれ不眠症の症状なんです。意外に思われる方も多いとおもますが、これを早期覚醒といいます。では早期覚醒の対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

view445

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症のタイプ

  • ◆症状による分類

     

    (1)入眠障害…床についてもなかなか眠れない
    (2)中途覚醒…夜中に何度も目が覚める
    (3)早朝覚醒…朝早く目が覚め、そのあと眠れない
    (4)熟眠障害…ぐっすり眠った感じがしない


    引用:http://www.astellas.com/jp/health/sys/articles/search/11/%91%81%92%A9%8Ao%90%C1

  • 不眠症というとなかなか眠りにつくことができないタイプのものを意識しやすいものですが、なかなか眠りにつくことができないタイプの不眠症は入眠困難といいます。不眠症は入眠困難以外にも様々なものがあり、その一種として中途覚醒があります。中途覚醒は、不眠症のうち、睡眠中に目が覚めてしまうタイプの症状です。何度も目が覚めてしまうので、じっくり眠ることができません。
    出典 :不眠症のさまざまなタイプ-中途覚醒の原因と対策方法について | iGotit
  • 早朝覚醒とは、起きたい時間よりも早い時間に目が覚めてしまい、もう一度寝ようと思ってもなかなか寝付けない症状です。

    目覚ましは7時にセットしてあるのに、4時に目が覚めてしまい、なかなか寝付けないようなケースですね。
    出典 :早朝覚醒~朝早く目が覚める原因と対策~ | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 「早朝覚醒」というのは、夜間に目が覚めたり、また早朝といっても3時や4時といった真夜中に目が覚めたりしてしまうために十分な睡眠が得られません。もう一度眠ろうとしても、なかなか寝つけず、体もだるくなり、不安な気持ちで仕事のことや日ごろ気になっている事などをあれこれ考え始めます。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック うつ病の症状 2/4
  • なんで早く目が覚めるの?

  • 早朝覚醒が続く場合、もっとも考えられる理由としては、うつ病にかかっていることです。
    実はうつ病の不眠症の関係は深く、うつ病の人の殆どは不眠を訴えます。特に、うつ病の人が悩まされる症状が、早朝覚醒になります。
    出典 :早朝覚醒~朝早く目が覚める原因と対策~ | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 若い人での早朝覚醒は精神的ストレスやうつ病である可能性があります。

    無理にもう一度寝ようとするよりも、起きてしまった方がその後よく眠れるようになることもあります。
    出典 :睡眠障害(不眠症)の種類
  • サンデー・ドクター #171 あなたはどのタイプ?「睡眠の病気」 - YouTube

     

    先生が不眠症につて解説しています。

  • 早朝覚醒の対策をしよう

  • 不眠症の原因は、ストレスだけでなく、水毒(水分の滞留)やお血(血流不良)、腎陰不足(高齢者などの代謝異常)など様々で、それによって対応する漢方薬がたくさんあります。
    出典 :漢方で1日1善【by 漢方の健伸堂薬局】: 不眠アーカイブ
     

    このリンク先では漢方で改善した人の記事が載っています。漢方で治したい方は、お医者さんに相談して下さいね。

  • 眠くなる漢方薬

    柴胡加竜骨牡蠣湯
    この漢方薬は直接的に睡眠効果は無いのですが、気分を安定しリラックスさせるために眠くなる

    温胆湯
    睡眠を改善する

    甘麦大棗湯
    気分をリラックスできる
    出典 :漢方で1日1善【by 漢方の健伸堂薬局】: 不眠アーカイブ
     

    自分にあった漢方を選びましょう

  • サプリを選びましょう

    トリプトファン
    トリプトファン(アミノ酸)摂取→脳内物質セロトニン分泌→眠りのホルモンメラトニン分泌。
    トリプトファンとビタミンB6を摂ることでメラトニンが分泌されて眠りへと導いてくれます。

    ビタミンB6
    上記のようにメラトニンの材料となるのはもちろん、
    精神を落ち着かせて安定させる働きがあるそうなのでリラックスした眠りのために摂りたいです。

    ビタミンB1
    疲労回復の働きがあるというビタミンB1。
    不足すると疲れやすくなり倦怠感が出てきてしまうので、しっかり休息するために摂りたい成分です。

    グリシン
    睡眠の質を高めて深い眠りにつける働きがあるというグリシン。
    翌朝もスッキリ目覚められるとも言われ、夜も朝も気持ち良く過ごせそうです。

    ギャバ(GABA)
    ギャバには穏やかな気持ちになる働きがあると言われています。
    イライラやストレスのある状態だと安眠を妨げるので、穏やかに眠るために大事な成分です。
    出典 :睡眠サプリメントを成分別に比較!【大事な成分は?】
     

    睡眠を改善するサプリメントもたくさんあります。

  • 食事の時間帯も気を付けよう!

     

    不眠の食べ物を摂ることも大切ですが、食べる時間帯、食べる量、不眠を招く食べ物を摂取しないことも大事な要素です。たとえば夜寝る直前に食べると、消化活動が活発になってしまい、体温が上昇して眠るどころではなくなります。夕食は腹八分目にし、寝る3時間前までには済ませることが肝要です。

    引用:http://www.ii-suimin.com/kaimin/tabemono.html

  • 睡眠環境を考えよう。
    充分な睡眠を得る為には、睡眠環境も重要です。ベットや枕といった寝具だけではなく、室温、音、光りパジャマも重要な要素です。
    出典 :早朝覚醒(睡眠障害)で眠れないあなたのための【睡眠障害】解消法

  • 早期覚醒の対処法は、なんといっても生活習慣を改善することにあります。運動不足を解消するために、ストレッチや散歩など、軽い運動を毎日行なうようにしましょう。

    睡眠環境を見直すことも重要です。寝床は、1人でリラックスできる場所を選びましょう。カーテンは、生地が厚めのものを選び、日の出の明るさで起きてしまうことのないようにしましょう。
    出典 :すぐに目が覚める不眠症の「早期覚醒」とは?症状や対処法を解説