【妊婦の安静体勢】自宅安静時の体勢の取り方

早期流産の心配などで自宅安静を言われたとき、妊婦の安静体勢はどうすれば良いのでしょうか?
「トイレ以外は立たないでください」と言われても、なかなかじっとしているのも辛いですよね。

view5764

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「安静に」はどの程度?

  • 私も妊娠中お腹の張りがひどくて自宅安静になりましたが、外で働いて疲れて帰ってくる主人に掃除や食事の支度などを頼みづらく、また主人自身も「妊婦は病人じゃないんだから働け」←今考えると鬼(笑)
    と考えている人だったので、まったくもって休めませんでした。張り止めを飲んでも効きませんでした。
    その後、入院になってしまうのですが、今、まだ「自宅安静」で大丈夫なら、赤ちゃんのママも休める体勢を知っておきましょう。

  • 「自宅安静」とは、「薬を服用したり、日常生活の一部を制限しながら自宅で静かに過ごし、しばらく様子をみていきましょう」という意味です。医師から「なるべく自宅で安静に過ごしてくださいね」と言われたら、家事や外出は基本的にはNGと考えましょう。
    出典 :「自宅安静」と言われたとき これはしてもOK? - gooベビー
  • 家事・入浴・セックス・階段・外出は基本的にNGです。その他の項目に関しても自分の生活パターンを考えて先生に聞いてみましょう。

  •  

    立ち仕事は長時間にならないように。

  • 本当にしんどかったら、マンガを読んだり、メールをしたり、DSなんてできないはず。
    ごろごろしている妻を見てイライラしてきます。妊婦さんは、安定期に入ると、太りすぎ防止のために運動したりしているのですが、寝てばかりの妻は、おなかが異常に大きく、太ってきています。
    出典 :自宅安静中の妻、見ていてイライラします。 - Yahoo!知恵袋
     

    妊娠中の奥さんが家で安静にしなければいけないはずなのに、旦那からしたら、ゴロゴロしてるようにしか見えない・・・ほんとに辛いのかよ??ってことですが、はっきり言って、体の辛さは普通の妊婦さんと変わりません。張りどめの薬の副作用が辛いくらいです。インフルエンザなどとは違うのですから。
    ただ、何もできない、旦那さんにしてあげられない辛さはあります。「怠け者と思ってるんだろうか?」自分はなんて情けないのかと精神的に追い込まれます。是非理解してあげてください。

  • 日常生活で何が制限されるのかは、ママの生活環境によっても異なってきます。「家事を手伝ってくれる人がだれもいないんです」「寝室が2階にあるけど、階段を上ってもだいじょうぶですか?」「上の子をおふろに入れる人がいません」など、家族構成や生活パターン、住環境などを医師に伝え、OKかNGかを判断してもらいましょう。
    出典 :「自宅安静」と言われたとき これはしてもOK? - gooベビー
  • 安静でもずっと同じ姿勢はダメ?

  • 早期流産の心配がある場合、自宅安静になりますが、家でのパソコン仕事なら大丈夫か?と思いますが、大間違いです。いくら歩かないといっても、ずっと同じ姿勢のまま座っているとお腹が張りやすくなります。

  • 「安静に」と言われると、いすにすわったパソコン作業はOKと思っているママも多いようですが、これは大きなまちがいです。長時間、同じ姿勢でパソコンのモニターを見つめていると目の疲れや、肩こり、腰痛などの原因にもなりますし、血液循環も悪くなるので体が冷えやすくなり、おなかの張りなども起こりやすくなります。「安静に」と言われたときは、まず赤ちゃんの体を守ることをいちばんに考えるようにしましょう。
    出典 :「自宅安静」Q&A - gooベビー
  • 入院安静の場合は、ある程度の歩行が許可されるものから、重症の場合は1日中ベッドの上で過ごす絶対安静などがあります。症状が入院するほどでない場合でも、自宅では上の子がいて安静にできない時は入院になることもあります。
    出典 :妊娠中に自宅で安静と診断されたとき、生活で注意する点-妊娠・出産・育児のママベビ
  • どんな体勢がいいのか

  • 妊娠中は左半身を下にして寝るのがよい、言われることがあります。理由は、左半身を上にすると、からだの右側に流れている大静脈が圧迫されつぶされた状態になってしまうことにより、血行が悪くなって苦しく感じたり、リンパ管が押さえつけられむくみが出る、ということですが必ずしも、左半身を下にすれば妊婦さんが苦しく感じないかといえば、一概にそうとはいえません。
    出典 :妊娠中睡眠の体勢【☆ハッピー妊娠ライフ☆】
     

    妊婦さんの寝る体勢
    どちら向きがいいと一概には言えません。自分で苦しくないのが一番いい体勢です。

  • 胎児が成長するにつれ、妊婦の体にも負担がかかってきます。横になったとき仰向けになるのが苦しく感じるようになってきたら、横向きのシムスの体位で楽になりましょう。妊娠中期からは胎児の体重増加により、腰痛になりがちです。特に妊娠後期になると、疲れたり下腹部が張ってくるようになります。そのような時はすぐ横なって休むようにします。
    出典 :妊娠中睡眠の体勢【☆ハッピー妊娠ライフ☆】
     

    よく言われるのがシムスの体勢です。抱き枕などを足に挟み、横向きで寝ます。

  • シムスの体勢

  • 家ではなるべく横になって、家事をする時はイスに座って極力立たないようにして、 外出や買い物は1ヶ月近く行きませんでした。1度目の妊娠では外回りの営業したりして歩き回ってたら出血が続き流産したので、 2度目はそれを教訓にしてあまり歩き回らないよう心がけました。
    出典 :切迫流産の安静法
  • 体を冷やさないことも大事な安静時の条件です。
    トコちゃんベルトのようなもので、お腹を安定させると張りも少なくなりました。(私の場合)
    動くたびに揺れで張るので、きつく締めるのではなく、安定させるように付けるのがコツです。

  •  

    多くの場合は、楽な方に、横向きに寝て、カラダをくの字にして足の間にタオルケットか、クッションなどをはさむと少し楽になることもありますよ。