不眠症の原因は沢山あります!

幼年期からの影響。精神状態。カフェイン摂取やストレスからの影響。

  • S 更新日:2014/03/31

view154

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症になる多くの原因!

  • 適応性不眠:ストレスからくる睡眠障害で、ストレスが解消されたり、ストレスに適応すると治ります。ストレスはネガティブなものに限らず、楽しいことなどで興奮した状態で眠れなくなることもあります。
    薬物による不眠:薬物治療の副作用やカフェイン摂取、アルコール系溶剤の使用で起こる睡眠障害。使用を止めた時も発生する可能性あり。
    出典 :不眠症になる10の原因 - GIGAZINE
     

    どちらも興奮状態になる悪要素です。

  •  

    コーヒー等のカフェインで眠れなくなるのは当然ですよね。朝・昼なら良いですけど、夜は寝る3時間以上前迄にとどめておきましょう。

  • 幼年期の行動からくる不眠:親や保護者が子供をキッチリと寝かせない事で起こる睡眠障害。決まった時間に子供を寝かせると正常な睡眠をとれますが、就寝時刻があやふやだと夜に何度も目が覚めます。
    精神障害による不眠:精神衛生の悪化の兆候として現れる睡眠障害。不眠のレベルがそのまま精神状態に直結しています。
    出典 :不眠症になる10の原因 - GIGAZINE
     

    幼年期での睡眠状況と、精神状態。細かい所まで気を配ります。

  • 幼年期の子供

     

    お子さんが幼年期のうちは、保護者の方も気をつけてあげるべきという事ですね。しっかりと眠れる環境にしてあげましょう!

  • 特発性疾患による不眠:幼年期に始まり成年期まで続く睡眠障害。体内バランスが崩れて、覚醒機構が強く働きすぎたり、逆に睡眠機構がうまく働いていない事が理由と思われてますが、原因不明。
    健康障害による不眠:他の病気による痛みなどが理由で、眠るのが困難になったり、夜に何度も目を覚ましてしまう症状。
    出典 :不眠症になる10の原因 - GIGAZINE
     

    ここでも幼年期が出てきてます。

  • 身体的原因に関係しない不眠:根本的なメンタル・ヘルス障害や、心理的要因、分割睡眠による不眠。不眠症を持った人が別のタイプの不眠症の基準を満たさないときに分類されるそうです。
    精神的原因に関係しない不眠:内科疾患や健康状態によって起こるが特定原因がわからない不眠。原因を発見するには更なるテストが必要。
    出典 :不眠症になる10の原因 - GIGAZINE
  • 逆説的不眠:客観的な睡眠障害の形跡なしで現れる不眠。眠っている状態なのに本人は目覚めていたと感じるもので、たっぷり寝ていても自分の睡眠時間を過小評価したりしています。
    出典 :不眠症になる10の原因 - GIGAZINE
  • 精神心理学的な不眠:睡眠が取れていないという過度の不安からなる不眠。突然発症した後、不安で眠れない日々が積み重なることで、年月を経てゆっくりと症状が悪化。家以外だと普通に眠れる場合もあるそうです。
    出典 :不眠症になる10の原因 - GIGAZINE
  • リラックス状態が必須!興奮状態はNG!

  • 不眠症の主な原因は、就寝前にリラックス状態を作ることができず、夜布団やベッドの中に入っても何らかの原因で脳が興奮状態のままになってしまい、質の良い深い睡眠をとれないことにあります。睡眠は、浅い眠りと深い眠りが90分サイクルで繰り替えされています。
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
  • 質の良い深い睡眠をとるには、副交感神経優位のリラックス状態に近づいて就寝する事や、その状態を睡眠時も維持する事、体内リズムを整えることが大切になります。しかし、何らかの原因で脳が興奮状態にあるということで、寝つきや熟睡を阻害してしまうのです。その原因を作り出している要素を改善する事で、不眠症を改善できます。
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
  • 就寝時間中になっても脳を興奮させてしまっている状態の原因

  • • 日中の過度のストレスを落ち着かせることなく寝床に入った時
    • 生活リズムが不規則で体内リズムが混乱してしまっている時
    • 就寝前に強い光や音の刺激を受けている時
    •カフェインの入っている飲料を就寝前に飲んでいた時
    • 就寝4時間前以降に食べ物を食べた時
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
  • うつ病など病気から来る不眠症

  • うつ病などから来る不眠症の場合は、今夜もまた眠れなかったらどうしようといった予期不安やストレスを感じることは少なく、また、布団に入っても、なかなか眠れないという入眠困難ではなく、早朝覚醒という形で現れることが多いものです。そして、この場合は、睡眠薬などの薬を飲むことで治療や対策をしていった方が良いと言えます。
    出典 :不眠症(原因、治療、対策)