ダイエットでの運動効果

有酸素運動と無酸素運動。両者の区別(違い)。ジョギングでのダイエット。

  • S 更新日:2014/03/31

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ダイエット目的の運動をするなら、脂肪の燃焼効果が期待できる『有酸素運動』が効率的!

  • まずは「有酸素運動とは?」「無酸素運動とは?」といったところから説明していきます。ダイエット目的の運動をするなら、脂肪の燃焼効果が期待できる『有酸素運動』が効率的です。運動は、以下の2種類。
    ・長時間に渡る運動の有酸素運動
    ・瞬発的な運動の無酸素運動
    出典 :有酸素運動(ランニング)の効果的な方法!時間帯は早朝!? | ダイエット&健康の最新情報
     

    運動の種類について。

  • 有酸素運動はダイエットにとても良いと言われています。どうしてかというと有酸素運動が体脂肪などの脂質を多く燃やすのでダイエットに効果的なんです。http://t.co/62nC0ogP4H
     

    やはり、評判は高いようです。有酸素運動なら間違いありませんね!

  • 【bot】簡単に言うと、筋トレ(無酸素運動)=筋肉をつけて代謝をあげる運動、有酸素運動=エネルギーを消費して脂肪を落とす運動です。 #ダイエット #女子 #筋トレ #運動
     

    無酸素運動は必ずしもダイエットとは無関係という事は無いようですが、ダイエット目的にするならエネルギー消費で脂肪燃焼できる有酸素運動の方がベストですね。

  • 有酸素運動とは?

  • 有酸素運動の例

     

    但し、水泳は、有酸素運動の場合と無酸素運動の場合とがハッキリ分けられます。

  • 有酸素運動は、ジョギング、水泳、サイクリングなど、長時間に渡って行わう運動です。体内に酸素を取り込んで脂肪を燃焼させ、その結果できた物質をエネルギー源とします。
    出典 :有酸素運動(ランニング)の効果的な方法!時間帯は早朝!? | ダイエット&健康の最新情報
  • 無酸素運動とは?

  •  

    有酸素運動と無酸素運動の違いのイメージ図。
    筋肉を鍛える=無酸素運動と考えて良さそうです。

  • 無酸素運度は、短距離走、ウエイトトレーニングなど。酸素を使わないので、脂肪の燃焼効果はあまり期待できません。無酸素運動とは、酸素を使う必要がないというわけではなく、「激しい運動のあまり、酸素が“使えない”。」といった意味での“無酸素”です。息がきれるほどの運動は“無酸素運動”に分類されます。
    出典 :有酸素運動(ランニング)の効果的な方法!時間帯は早朝!? | ダイエット&健康の最新情報
     

    どの運動でも、明確に有酸素・無酸素を区別できるわけではなく、どちらの性質も多少は含まれます。やり方次第というわけです。

  • 有酸素運動で脂肪を燃焼させることができる!

  • 脂肪を燃焼させることができるのが有酸素運動です。ジョギングやウォーキングは一般的で、取り組まれている方も多いでしょう。有酸素運動を始めるときに考えておきたいことにも色々とありますが、「効果的な時間帯」があるというのをご存知でしょうか?朝食をきちんと食べた後が、効率が良い時間帯です。
    出典 :有酸素運動の効果とは?: 初めてのエアロバイク
     

    ※食後30分以内は危険なので、運動しないようにしてください。

  • ジョギングで無理なく効果的に痩せる!

  • ジョギングダイエットを持続し、基礎が作り上がると
    ・消費カロリーが増える
    ・筋肉が鍛えられ基礎代謝が向上
    という効果が出てきます。こうなればトントン拍子に効果が表れ、脂肪もみるみる落ち、痩せていきます。
    出典 :無理なく痩せる!ジョギングダイエットで効果的に脂肪を燃やす9の方法 | Dreamer
  • ジョギングの効果が現れるのは?

  • 最低でもジョギングで効果が出るのは2ヶ月~3ヶ月後と言えます。その理由のひとつに筋肉は1ヶ月程度では成長しないということが挙げられます。筋肉が鍛えられて新陳代謝が向上するまでには個人差がありますが、最低でも2ヶ月は必要です。新陳代謝が高まってくれば消費カロリーも多くなり体脂肪も落ちやすくなります。
    出典 :無理なく痩せる!ジョギングダイエットで効果的に脂肪を燃やす9の方法 | Dreamer