ニキビがニキビ跡を作らずに消える方法

すべてのニキビがニキビ跡を作るワケではありません。どのようなニキビが要注意なのか調べてみました。

view403

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ニキビ跡とは、ニキビが治った後にできる赤色や茶色の色素沈着、肌の凹凸などを言います。しかし、いきなりニキビ跡が発生するわけではありませんよね。

  •  

    どのタイプのニキビがニキビ跡になってしまうのでしょうか。

  • ニキビの4ステップ

  • にきびは段階を踏んで進行します。まず、「白にきび」から「黒にきび」、「赤にきび」、「黄にきび」と進行します
    出典 :にきび跡が出来る原因
  • ①白ニキビ

  • 初期の白にきびは皮膚からの皮脂が毛穴に詰まった状態ですので、この段階で洗顔や保湿をしっかり行うことで改善されるケースが多いのですが、うっかりしていると、すぐに黒くなってしまいます。
    出典 :にきび跡が出来る原因
  • 白ニキビ

     

    膿がたまって白くなっている状態です。

  • ②黒ニキビ

  • 黒ニキビはニキビのでき始めの白にきび(皮脂の詰まった状態)から皮脂が毛穴を押し広げて出てきた状態になります。先端の皮脂が酸化により黒ずむことで黒いにきびとなります
    出典 :黒にきび:にきび痕の治し方
  • 黒ニキビ

     

    白ニキビが酸化して黒くなってしまった状態です。

  • 黒ニキビまででニキビを完治させることが大事です。ニキビ跡は赤ニキビから出来やすいので十分注意しましょう。

  • ③赤ニキビ

  • 赤ニキビ

     

    炎症を起こしている状態です。

  • ④黄ニキビ

  • 黄ニキビは赤ニキビなどが進行した最終段階です。化膿してしまうことで黄色くプクッとなっているもののことを言います。膿が溜まっていることでさらに炎症をおこし広げていってしまいます。
    出典 :黄ニキビ
  • 黄ニキビ

     

    炎症がさらに悪化して膿んでしまった状態です。

  • ニキビ跡を作らないために

  • ①指でつぶさない

  • 指でつぶすと、せっかく先に入り込んだ細菌と体が戦ったのに、さらに汚れと細菌を押し込むことになってしまいます。
    出典 :ニキビ跡を作らないために
  • ②洗いすぎない

  • 普段の洗顔などで汚れを取りすぎてしまうことです。ニキビがあるときに皮膚を清潔に保つのは重要ですが、スクラブや洗顔を過度に行うと皮膚を守る角質を取りすぎてしまうために、皮膚のバリア機能が落ちてしまいます。
    出典 :ニキビ跡を作らないために
  • モコモコ泡でやさしく

     

    毛穴の汚れはしっかり取り除きたいですが、ゴシゴシ洗って角質を傷つけてしまってはNGです。しっかりと泡立ててやさしく洗いましょう。

  • ③適度な油分も大切

  • 洗顔後は必ず化粧水でしっかり保湿を行い蒸発しないようにクリーム等で蓋をしてください。
    出典 :ニキビ跡を作らないために -【赤み・色素沈着・凹凸ニキビ跡を治す!】
  • 乾燥肌の場合は、潤いがなくなり、水分の蒸発を防ごうとして皮脂分泌が増えたり、角質が厚くなることによって毛穴を防いでニキビの原因となります。
    出典 :ニキビが治らない!|効果的な改善方法
  • クリームは適量に

     

    油分の与えすぎはニキビを悪化させてしまいますが、逆に不足してもオイリー肌になってしまいます。自分の肌に合った分量のクリームを塗りましょう。