一般的なものと何が違う!?「網膜色素変性症のサングラス」フィルターレンズはすごい

網膜色素変性症のサングラスはとっても効果がすごいらしいのですがどんなものなのでしょうか

view268

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 網膜色素変性症は

  • まず、必ず眼科を受診し、本当に網膜色素変性症かを診断してもらうことが大切です。 自覚症状は似ているが、網膜色素変性症ではなく、他の病気かもしれません。 眼底検査、視野検査、網膜電位図などの検査を受ける事が重要です。
    出典 :網膜色素変性症の方にお勧めします
  • 網膜色素変性症は、網膜に異常が発症する病気です。4000人~8000人に一人の割合で起こるといわれており、遺伝が関係する場合が多いのですが、遺伝に関係なく起こる場合もあります。
    出典 :網膜色素変性症の方にお勧めします
  • メガネ作りのポイント

  • 網膜色素変性症の方は、まぶしさを強く感じるケースが多くあります。それとともに、暗いところでは見づらいという症状も併せ持つケースが多いのも特徴です。そのため、網膜色素変性症の方は「有効にまぶしさを除去」してかつ「メガネを掛けても暗く感じない」サングラスが理想的です。
    出典 :目の悩みとメガネ 網膜色素変性症
  • 以前は黄色やオレンジ系が主でしたが、最近では茶系やグリーン系も発売され、東海光学株式会社からは31バリエーションもの種類の遮光眼鏡が発売されています。遮光眼鏡はまぶしさのカットとともに、「コントラスト向上効果」もあり、「道の段差や建物の形が見やすくなった」と喜びの声を聞くレンズでもあります。
    出典 :目の悩みとメガネ 網膜色素変性症
     

    このように色々な色も出てきているのですごいですよね。

  • 原理的には

     

    短波長を有効に抑えることにより、散乱光の原因になる青色の光がカットされ、まぶしさを防ぎ、コントラストを高めます。 画像はそのサングラスをかけた時の見え方の違いですね。

  • 遮光レンズがカットする

  • まぶしさやコントラストがはっきりしないといった症状を引き起こす500nm以下の波長光は、とくに散乱率が高く、エネルギー量の大きい光線です。TOKAIが開発した遮光レンズ『CCP400』は、この網膜や角膜に大きな影響を与える光を抑え、まぶしさを感じる眼疾患の違和感を緩和させることに成功しました。
    出典 :西眼|網膜色素変性症用遮光眼鏡
  • ・網膜色素変性症 ・白子症 ・先天無虹彩症 ・維体杆体ジストロフィー ・糖尿病網膜症 ・白内障 ・白内障手術後 ・緑内障 など
    出典 :西眼|網膜色素変性症用遮光眼鏡
     

    これらは全てまぶしさを感じてしまうので、しっかりとしたサングラスが必要ですね。

  • 日常生活において、屋外・屋内をとわず眩しく感じる事が多いようです。 目が感知できる可視光線(人間の目で見える波長の事)の波長は380nm~780nmまでです。一般的には眩しさを緩和するためにはサングラスを使用する方が多いのですが、通常のサングラスは光全体をカットしますが、眩しさの原因となる波長はカットしません。
    出典 :網膜色素変性症の方にお勧めします
  • サングラスは眩しさの原因となる500nm前後の短波長や網膜に悪い影響を与える400nm以下の紫外線はあまりカットしません。つまり網膜色素変性症の方は、一般的なサングラスでは無く500nm以下をカットする「遮光レンズ」が必要です。
    出典 :網膜色素変性症の方にお勧めします
  • 補助金が出る事も!?

  • 1.網膜色素変性症・白子症・先天無虹彩症・錐体かん体ジストロフィーであること2.身体障害者手帳を持っていること3.医師が必要と判断した場合
    出典 :網膜色素変性症の方にお勧めします
     

    この条件に合う人のみだそうですが、知っておきましょうね。

  • サングラスは

     

    まぶしい光をインドアからアウトドアまでサポートしてくれるアイテムです。しっかりと良いものを準備しておきたいですね。参考になれば幸いです。