二重手術を検討している人必見!! 二重手術の種類について

二重手術には主な手術方法はいくつかあると言われています。
費用面、患者の状態によって使い分けているようですね。
では、どのようなものがあるのでしょうか。

view365

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 埋没法 【二重手術の一番人気!】

  • まるでアイプチ感覚!

     

    埋没法はいわゆるプチ整形と言われています。
    とてもお手軽でリーズナブルです

  • 現在一番人気がこの埋没法という手術。まぶたの皮下を数箇所医療用のごくごく細い糸でとめて二重まぶたにする方法です。比較的短時間で済み、糸で縫うだけなので、腫れが少く、周囲にも施術がわかりにくいという特徴があります。
    出典 :二重まぶたの手術法は4種類
  • 「埋没法」はプチ整形の代表的な手術法で、手術専用の細い糸を使って二重ラインを形成する方法です。もとに戻すのがとても簡単なのがお手軽な理由です。
    出典 :主な二重手術方法
  • 切開法 【自分にあった切開法で好みの目元を作る!】

  • 戻りにくい二重にしたい … 埋没切開法
    “たるみ”をとり、パッチリさせたい … 全切開法
    目頭から目尻まで平行な二重にしたい … 目頭切開法
    切れ長な二重にしたい … 目尻切開法
    出典 :二重まぶた整形にも種類がある? - Yahoo!知恵袋
     

    これらは術後、抜糸が必要になります。切開しているので傷跡も多少残ってしまいます。
    とはいえ、二重のひだに隠れる程度なのでそれほど目立つものではありません。

  • 術後の腫れは避けられない

     

    切開法のデメリットの一つ。
    皮膚を切開するので、どうしても術後の腫れを避けることができません。
    腫れが治まるまで1週間程度はみておく必要があります。

  • 部分切開法(脱脂法)

  • 二重のラインを作りやすくするために、7mmほど切開をして脂肪(瞼板前脂肪)を取り除く方法です。かつては、数多くの施術が部分切開法で行われていましたが、埋没法の針穴からもまぶたの脂肪を除去する方法が普及した現在、あまり行われなくなりました
    出典 :二重まぶたの手術法は4種類
  • 埋没法で何回も糸が取れてしまった方や、全切開法だと腫れがおさまるまでのダウンタイムが長過ぎるという方におススメなのが『ミニ切開法』。
    手術は、二重にしようとするヒダの予定線を1~2cm程度切開し、内部処理を行った後、縫い合わせる方法です。手術時間は約20分。
    出典 :二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) : 二重まぶた・目もと : 美容整形の高須クリニック(東京赤坂・横浜・名古屋・大阪)
     

    術後、元に戻る心配がないといわれています。

  • マイクロ切開法(部分切開法)とは、脱脂法と埋没法を組み合わせた二重まぶた術です。埋没法では糸が取れてしまう方にもおすすめで、半永久的に二重を維持することができます。
    切開するポイントは3~5ミリ程度と短く、切開した箇所も二重のライン上なので、術後も傷はラインの中にあり目立ちません。
    出典 :部分切開(マイクロ切開法)による二重整形|大塚美容形成外科・歯科
  • 眼瞼下垂手術

  • 眼瞼下垂はまぶたが垂れ下がっている状態のこと

     

    先天性の場合が非常に多いと言われていますが、コンタクトの装用や加齢などの後天性の場合もあります。

  • 眼瞼下垂は、生まれつき発症する先天性と、徐々に症状が現れる後天性があります。後天性眼瞼下垂の主な原因は、加齢や生活習慣による筋肉の衰えなどが挙げられます。
    また、パソコンの長期使用やハードコンタクトを着用することで、若いうちから眼瞼下垂になる人も増えていると言われています。
    出典 :眼瞼下垂に悩んでいる人のための総合情報サイト
  • 眼瞼下垂手術とは?目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)が弱く、二重まぶたが出来にくいときに行われれる手術法です。
    出典 :二重まぶたの手術法は4種類
  • 最も多い先天性眼瞼下垂では手術が主体です。重症の下垂では視力の発達が阻害されることもあり、早期の手術が必要な場合もあります。
     そのほかのものは、症状の程度により手術するかどうか決定します。眼科手術後や脳梗塞後に起きたものは、自然に回復することも多いので数カ月様子をみます。重症筋無力症では薬物療法が主体です。
    出典 :眼瞼下垂 - goo ヘルスケア
  • 眼瞼下垂の治療法は、切開をする手術が一般的です。ですが、最近では切らなくても治せる治療法があります。
    『埋没式挙筋短縮法』と呼ばれるこの治療は、糸を使ってまぶたの筋肉を収縮させるというもの。両目で約20分で完了し、治療後の傷跡や腫れはほとんどありません。
    出典 :眼瞼下垂に悩んでいる人のための総合情報サイト
     

    術後のダウンタイムが不要というのは大変ありがたいのですが、この術式ができるクリニックはまだまだ少ないというのが現状のようですね。